« スピードグラファー_TV07 | トップページ | うえきの法則_TV08 »

ツバサ・クロニクル_TV07

第7話「砕けたカタミ」

「モコナ」が連れてきた新しい世界「ナユタヤ国」
さっそくトラブル(領主のバカ息子:ブルガル)に巻き込まれますが、威勢の良い女の子「チュニャン」に助けられます。

その頃、怪しげな術を使う「領主:タンバル(声:大塚周夫!ファンです)」は「小狼」達の来訪に反応していました。

「チュニャン」の家に招かれた「小狼」達一行は、そこで「密偵衆」の存在を知らされます。
領主が悪い統治を行っていないか、調査をする政府の「密偵衆」。
「チュニャン」は「タンバル」に母を殺されて以来、「密偵衆」が来るのを待っていました。
その説明の最中、突如、自然の物ではない大風が襲ってきます。
「タンバル」の術がその正体、そしてそのチカラの源こそが「羽」だったのです。

市場に「小狼」達の服の調達に来た「チュニャン」と「小狼」、「サクラ」。
たまたま客寄せに行われていた福引きに「サクラ」が挑戦すると、もって生まれたチカラか、
ふしぎな旅の導き手か、1等賞を4本引き当てる「サクラ」。見事4人の服の調達に成功します。

帰り、税金を納めない領民の家を破壊している「ブルガル」に出会う「チュニャン」達。
「チュニャン」の母の形見を用いて攻撃を仕掛けてくる「ブルガル」。
彼らは1年前、突如その術のチカラを強くさせたといいます。
善戦する「小狼」でしたが、その姿を見ていた「タンバル」による大風のチカラで飛ばされてしまいます。
そして、「ブルガル」は見せしめとばかり、母の形見を打ち砕くのでした。

新しい世界は昔の中国風ですね。前の世界では「巧断(クダン)」というチカラが「小狼」達に宿っていましたが、
この世界では今のところ、その様子はないようです。
果たして、「タンバル」の術にどうやって対抗していくのでしょうか。
「タンバル」は許せませんが、「大塚周夫」は大好きですので、もう何回かは登場して欲しいところです・・・。(^_^;)。

|

« スピードグラファー_TV07 | トップページ | うえきの法則_TV08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4234264

この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル_TV07:

» ツバサクロニクル#7「砕けたカタミ」感想 [CODY スピリッツ!]
最近、今まで守っていた姫様に「だあれ?」といわれてショックを受けている全国のツバサクロニクルファンの皆様早速感想に入ります。 [続きを読む]

受信: 2005.05.23 18:45

« スピードグラファー_TV07 | トップページ | うえきの法則_TV08 »