« 極上生徒会_TV07 | トップページ | ツバサ・クロニクル_TV07 »

スピードグラファー_TV07

第七話「猟奇ドリル」

最近、インターネットラジオの「斉藤圭」が好きな私です。
あのキャラは味があるよなぁ・・・。(^o^)。

さて、今回登場したユーフォリアは「歯医者」
あの音、イヤですねぇ・・・。実際にかかってみると上手な歯医者も多いのですが、待合室だけは慣れません。
ましてや、こんな歯医者にかかるなんて・・・ああ、イヤだ。(T_T)。

天王洲グループが手を回したのか、せっかく「銀座ひばり」が「雑賀辰巳」の手引きで逮捕した
犯罪者達は3日で釈放。こんな下っ端にまで気を遣って(?)くれるとは、結構面倒見の良いグループです。
ムカツク「ひばり」は「雑賀」の絡む事件を調査しますが、全て、闇へと消えていました。

その頃「雑賀」と「天王洲神楽」の逃亡劇は下田へ。
天王洲グループも警察へのコネ(というより幹部が顧客)を使い、「雑賀」を追いかけます。

伊豆に着いた「雑賀」達は目的の医者「両国玄蕃(声:小山力也!ダグラス・ロス先生!大ファンです~。)」に会い、ユーフォリアとなってしまった自分と、「女神」と呼ばれる「神楽」の体の検査を依頼します。

ある意味、視聴者にとっても謎の男「雑賀辰巳」
「ひばり」と「神楽」はそれぞれ、彼の経歴を、彼の歴史を問い尋ねます。
・10年以上前、命を賭ける戦場カメラマンとしてデビュー。
・戦場から離れた者達へ歴史を、事実を伝える写真が撮れる男。戦場でしか生きられない男。
・戦場で瀕死の重傷を負い廃人のようになっていた「雑賀」はNPOだった「両国」に助けられた。

そして検査の結果、突きつけられた残酷的な現実。「神楽」の脳に腫瘍ができており、余命は半年・・・。

「余命半年」とはずいぶんと重いテーマを持ってきます。
簡単に扱うと作品の評価を下げることにも成りかねないこのテーマ。
GONZOは、杉島邦久監督は、うまく扱うことができるのでしょうか?見物です。

|

« 極上生徒会_TV07 | トップページ | ツバサ・クロニクル_TV07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4225682

この記事へのトラックバック一覧です: スピードグラファー_TV07:

» スピードグラファー 第7話 アメイジンググレイスは誰への鎮魂歌だったのか [いぬ日記]
● スピードグラファー 第7話「猟奇ドリル」。それはそれは残忍な歯医者の恐怖映像が強烈。 ● 天王洲神楽に、これ以上ないぐらい不幸な事実が語られました。そ、そんなお話でしたか。ニューハーフさんと楽しく踊った日とか、あとで思い出したら、涙ものだバウね。 ● 雑賀のかっこいい生き様が、面白い演出で語られました。雑賀は、逆境なほど燃える人なんだバウね。 ● 関連リンク 「痛い痛い痛い痛い痛い?」 一光堂 2005年05月20日 「『い゙ぃ゙?ッ!!(>_&... [続きを読む]

受信: 2005.05.24 07:38

« 極上生徒会_TV07 | トップページ | ツバサ・クロニクル_TV07 »