« スピードグラファー_TV09 | トップページ | うえきの法則_TV10 »

ツバサ・クロニクル_TV09

第9話「妖しきオンナ」

「妖しきオンナ」、それは呼び起こされた邪悪の姫「キィシム」のこと。
そして街へと近づきつつある密偵衆。いよいよ「ナユタヤ国」編も佳境に入ってきました。

やはり城に「羽」があるに違いないと予想する「ファイ」。
もう一度城へ向かうことを決意する「小狼」でしたが、どうにも秘術のかけられた門が邪魔です。
「モコナ」の提案で、「次元の魔女 侑子」の手助けを頼むことに。
※「ファイ」が渡した対価「背中の文様」は魔法を押さえる文様とか。なくても魔法は使えるはずだけれど「ファイ」は自らそれを禁じているようです。

相変わらず対価を要求する「侑子」に「ファイ」は愛用の杖を渡します。
与えられた秘術破りの玉を手にした「小狼」は「ファイ」「黒鋼」「モコナ」とともに領主「タンバル」の元へ。
※一緒に連れて行ってという「チュニャン」の懇願を受け入れない「小狼」。それは、これ以上の迷惑はかけられないという気持ちからでした。

さすがは「侑子」の魔力が込められた玉、そのチカラで門から城内へ侵入することに成功します。
しかし、「タンバル」は城の中まで秘術を凝らしていました。メビウスの輪のように同じところへ戻る回廊を進まされる「小狼」たち。
「ファイ」の機転と「黒鋼」の腕力により、強い力を放っていた壁を撃破しますが、そこにいたのは「キィシム」でした。

「チュニャン」の母ほどの術師でも御せなかった強いチカラをもつ「キィシム」。
真っ直ぐな瞳で対峙する「小狼」でしたが、やはりただでは通してくれません。
幻術ではない秘術によって、酸の海での戦いを強いられる「小狼」たち。
らちが明かない戦いに、「ファイ」と「黒鋼」は「キィシム」の足止めを買って出ます。彼らに後を託し、先へ進む「小狼」と「モコナ」。

未だ勝機の見えない「キィシム」との戦いを続ける「ファイ」と「黒鋼」。
ある場所へと出発する「サクラ」と「チュニャン」。
そして、「小狼」は「タンバル」の秘術が込められた「ブルガル」との激突へ。

来週、「ナユタヤ国」編のクライマックスです! (本当か?

|

« スピードグラファー_TV09 | トップページ | うえきの法則_TV10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4420998

この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル_TV09:

« スピードグラファー_TV09 | トップページ | うえきの法則_TV10 »