« スピードグラファー_TV11 | トップページ | うえきの法則_TV12 »

ツバサ・クロニクル_TV11

第11話「選ばれたアシタ」

サブタイトル、初見の際に「選ばれたアンタ(あんた)」と読んでしまったのは内緒です。(;´д⊂)

卑怯にも秘術をかけた町民を差し向けてきた「タンバル」。おまけに「小狼」が攻撃したら、その何倍もの衝撃を、捕らえた「サクラ」と「チュニャン」に与えるといいます。
なすがままの「小狼」でしたが、その耳に「サクラ」の声が届いたとき、目の光が変わりました。「助けて・・・助けて、小狼」
その言葉、「サクラ」が呼ぶ「小狼」という言葉に、過去の記憶を思い起こす「小狼」。
「今の姫は・・・もう、俺を小狼とは呼ばない」
※顔をカメラに向けない「小狼」。いったいどういった表情を見せていたのでしょうか。苦悶の顔か、哀しげな眼差しか、怒りに震える顔なのか・・・。

捕らえられていた「サクラ」と「チュニャン」は「タンバル」による秘術・・・映像と声だけの偽物だったのです。
反撃を始める「小狼」。そして、そこに登場した本物の「チュニャン」と「サクラ」。「チュニャン」は母からの贈り物「秘術の鏡」を掲げあげ、町民を正気に戻します。

「黒鋼」「ファイ」も駆けつけ、追いつめられる「タンバル」
「羽を返せ・・・それは、サクラ姫の記憶だ・・・返せ」
静かな怒りが言葉の端に現れている「小狼」に「タンバル」は「チュニャン」の母親を蘇らせたくはないのかと問いかけ、その足を止めようとします。
「お前が殺したんだろう・・・この町を守ろうとした母様を。母様が言っていた。どんなチカラを使っても失った命は戻らないって」
「小狼」は「チュニャン」に問います。「敵を、母の敵を討ちたいか」と。
「こんな奴、殴る手がもったいない」
「チュニャン」の言葉を聞き、ゆっくりと「タンバル」へ近づく「小狼」。後ずさり、逃げようとする「タンバル」でしたが、その姿を、闇が覆います。
「妖しきオンナ」、邪悪の姫「キィシム」がその手を伸ばし、「タンバル」を拘束したのです。
「よくもわらわをこのような城に封じ込めたな・・・息子共々、わらわの国でゆっくりともてなしてくれる。・・・チュニャンとやら、強くなれ。亡き母と同じく、わらわと秘術で競えるほどに」
※字(あざな)が「邪悪の姫」なのに、ちょっと良い人(?)な「キィシム」。「チュニャン」の母とは好敵手として、ある種の友情で結ばれていたようです。

ついに帰ってきた「羽」。それには「サクラ」の誕生日の想い出が入っていました。「桃矢」、「雪兎」とともに囲むテーブル、かわされる心地よい会話、「サクラ」が話しかけるその相手は・・・。
「あのね、今日、来てくれてありがとう。私、誕生日に・・・と一緒にいられて、本当に、本当に嬉しい
戻らない記憶、それは「次元の魔女 侑子」との約束通り、「彼」との記憶・・・切なくなりますね~。

ここで、ラスボス(?)関係の伏線が一気に!・・・ですが、何を言っているのか「わけわかめ」なので、記載できません。まあ、おいおい出てくるでしょう。

おまけというか、ようやくというか、「密偵衆」が最後に登場。きっとCLAMP関係のゲストキャラクターに違いない!・・・が、一人もわからない・・・。(^_^;)。

今回で、「ナユタヤ国」編は終了。次回は新しい国です。楽しみ!

|

« スピードグラファー_TV11 | トップページ | うえきの法則_TV12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4619597

この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル_TV11:

» 『ツバサ・クロニクル』 #11A [オコタマイマイ週記]
<font size="+2"><b>第11話</b> 「選ばれた<font color="#6699FF">アシタ</font>」</font>前半  今回は、自分の察しの悪さをつくづく実感してしまった。(--; <font size="+2" color="#66FFCC"><b>感想&推測</b..... [続きを読む]

受信: 2005.06.19 21:56

» 「メジャー」&「ツバサ・クロニクル」 [♪せおの時間日記♪]
 「メジャー」(1日遅れの誕生日)  家族で動物園デートの回v おとさんと桃子先生のなれそめ〜って感じだったのですが、絵が今イチだったので、胸キュンじゃなかったなあ。(^^;) おとさん、妙に身体がごついし、桃子先生ももそっと可愛いでしょ〜…。ゴローの丸っこい体型は、子供っぽいなあと思って見れたけど、ね。「親の背中を見て、育ってくれたらいいな」云々、おとさんにとっては殺し文... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 01:52

» ツバサ・クロニクル 第11話 [Psycho Circus' Web master Hato Presents... Soliloquy(Diary, Poem, etc.)]
今週もやってきました☆ ツバサ・クロニクル 第11話「選ばれたアシタ」の感想ですぅ 先週に引き続きナユタヤ国でのおはなし。 小狼 対 領主の戦いの続きです。 人質となった春香とサクラ。 「助けて小狼!」 ・・・! 「あれも秘術か?あの二人は偽者だ」 「なっ何を言っている!?あれは確かに・・・」 「今は・・・姫は・・・・・・もう俺を小狼とは言わない」 うっ(T_T) 辛い�... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 00:22

» ツバサクロニクル#11「選ばれたアシタ」感想 [CODY スピリッツ!]
最近、原作とは違う技で勝利を収める小狼や黒鋼に困惑をしている全国のツバサクロニクルファンの皆様!早速感想に入ります。 [続きを読む]

受信: 2005.06.21 18:04

« スピードグラファー_TV11 | トップページ | うえきの法則_TV12 »