« うえきの法則_TV11 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV11 »

創聖のアクエリオン_TV11

第11話「水底のしあわせ」

「麗花」・・・彼女の字(あざな)は「不幸」。今日もまた一人の男「グレン」がその能力に犠牲になろうとしていました。・・・と、思わず書きたくなるほど、「不幸」を呼ぶ女ですよね~「麗花」は。メチャメチャ感受性が強いのだろうか・・・。
あなたみたいな人は占いなんてやってはダメですよ・・・(^_^;)

外を歩けば雨が降り、目の前を黒猫が通り行く。そんな「麗花」の前に突如、司令「不動」が現れます。
「湧き出す泉のごとき、澄んだ瞳。しかし、この水では茶は点てられん。恐れと迷いの波紋が消えるまで・・・」
相も変わらず意味深な言葉を告げて去ってゆく司令「不動」。

そんな「麗花」を「シリウス」は「優秀だ」と言います。確かに初めての実戦で合体したとき、ヘッドは「麗花」でした。面白くもない「シルヴィア」は雷を利用して「シリウス」に抱きつき、「今日一緒に寝ていい?」と妹の権限を最大に利用します。
※ちょっと猫っぽいですね「シルヴィア」。

そして、またも「不幸(・・・というか、子供の幽霊?)」を呼び込む「麗花」。彼女の前には「ジュン」の科学力も形無しです。

「私は、周りを不幸にしてしまう・・・不幸を呼び込んでしまう」
ついに「麗花」はDEAVAを去る決心をします。
早朝の列車に乗りながら、「グレン」「シリウス」とのDEAVAでの訓練を思い出す「麗花」。
※「グレン」は「麗花」にLOVE!ですね。明らかに。

その頃、列車が通り過ぎようとする湖に「神話獣」が現れました。
搭乗する「シリウス」「シルヴィア」・・・そして、「麗花」の代わりに乗り込むのは彼女が去るのを見取った「アポロ」。

近くにいる「麗花」のチカラか (笑、合体シールドが破られ、アクエリオンになれないベクターマシン。
搭乗者は寒さ(?)で動きがとれず、テレポートシステムさえも停止したまま。
その状況を呼び込んだのは自分だと、自らを責める「麗花」。
しかし、そんな「麗花」の「不幸」を呼ぶチカラを「アポロ」はバカにします。
「こんなもののどこが不幸だ!お前の不幸がどれほどのものか見せてみやがれ!」
その言葉に「麗花」は生身のまま怪しげな気配を感じる湖に飛び込み、ベクターマシンから追われた「シリウス」の代わりに搭乗します。
その瞬間、「麗花」の「不幸」力によって解放される「アポロ」と「シルヴィア」。そして、「麗花」は見ます。湖の底に沈んだ、子供達を乗せたバスを。
「そうか・・・あの子達は生きている」なんと、「湖」こそが「神話獣」でした。

今までになく自信に溢れ、リーダーシップをとる「麗花」。
17.5%の合体成功率、不可能と告げるコンピュータ。しかし、だからこそ、「麗花」は合体します。
「私に集まる痛みよ・・・悲しみよ・・・アクエリオンの力に!」
繰り出すは「不幸最低拳」!司令「不動」の言葉通り、「桶の底」をぶち破るアクエリオン。
そして、子供達も、「シリウス」も救ってみせた「麗花」。これで「不幸」ともおさらばかと思いましたが・・・。
「不幸」は彼女を離さないようです。(;´д⊂)

まあ、「グレン」と今生の別れ・・・というわけではないでしょうし、合体人数は十分なので、とりあえず良いのでは (おい
これからも、「不幸」を売りに、がんばれ!「麗花」

|

« うえきの法則_TV11 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4554532

この記事へのトラックバック一覧です: 創聖のアクエリオン_TV11:

» 創聖のアクエリオン#11「水底のしあわせ」感想 [CODY スピリッツ!]
最近、お見舞いにはトカゲの串焼きがいいと思った全国のアクエリオンファンの皆様!だけどマイメロの串焼きはやめようね!マイメロは食べてもおいしくないから!それでは早速感想に入ります。... [続きを読む]

受信: 2005.06.15 01:55

» アクエリオン 麗花は運命改変装置? [−SEED・エスカフローネに愛を注ぐ−]
アクエリオン 麗花には運命改変装置が必要だっぴょーん ●「また私の不幸のせい……」 あなたにはドルンカーク様が必要ですな! ドルンカーク様のもとに行けば、幸運になれまっせ!!(たぶん) 今日の合体セリフはこれで決まり! 「ゴー! ザイバッハー!!」  ... [続きを読む]

受信: 2005.06.16 19:58

« うえきの法則_TV11 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV11 »