« いちご100%_TV12(終) | トップページ | ツバサ・クロニクル_TV12 »

スピードグラファー_TV12

第十二話「左手に抱かれて眠れ」

おお!十二話目にして、オープニング変更(正式版公開?)ですよ!
なかなか格好良いですね。デュランデュランのオープニングテーマともあっていると思います。

追憶のシーンですかね。ちょっと田舎娘っぽい女の子が登場。どうやら「天王洲神泉」の高校生くらいの頃のようです。いきなり怪しいお医者さん(「小田原和樹」?)に裸にされて、完璧な骨格だとか言われていますが・・・。(^_^;)。
※この医者が言っている「魔法をかける」こと、それが「豪徳寺」の言っていた「悪魔に魂を売る」ことなのでしょうか。

時は現代に移り、「神泉」の家で語り合う(というほど意思の疎通はとれていませんが)、「豪徳寺」と「神泉」
ダイヤの原石に気がついた「豪徳寺」が「神泉」をプロデュースし、スターへの道へと登り始めていた。
しかし、「豪徳寺」は言います。「あの娘は私を裏切った」と。
ある日、撮影のクランクインに現れなかった「神泉」。探しにでた「豪徳寺」には、「神泉」の居場所の見当がついていました。
そう、「男(おそらくは「小田原」)」の所だと・・・。
そこへ向かう途中、交通事故に遭ってしまった「豪徳寺」。翌日、連絡を受けた「神泉」は「豪徳寺」の入院した病院にかけつけました。
※このときに「全てを失った」と語る「神泉」。あの「別所温泉」を出た雪の晩のことでしょう。子供までもうけた愛する男に「裏切られた」と感じた(実は誤解だったのですが)あの日です。

場所は変わって、「天王洲神楽」が捕らえられている船上の施設。
※「神楽」の隣にも横たわる人が見られます。何人か実験対象として捕らえられているのでしょうか。
自分の身体と引き替えにひとときの自由を得る「神楽」。船の位置を把握した「神楽」は自分の命を賭けて、研究員を脅し脱走を図りました。

ついに「神泉」との婚姻手続きを進める「水天宮寵児」。そこへ「神楽」脱走との連絡が密かに入ります。「彼女は必ずここに来る。神泉には会わせるな」と、「辻堂」に命令する「水天宮」。

そして、ユーフォリア、ヨン様・・・ではなく、「百合ヶ丘蘭」も「銀座ひばり」の家に「雑賀辰巳」を始末するためにやって来ました。ユーフォリアのことをよくは知らない「ひばり」は銃だけで威圧しようと試みますが、逆に小さな「クモ」を気がつかないように仕掛けられ、逃げられてしまうのでした。
ああ、「ひばり」の運命や、如何に・・・と心配するのは俺だけかも。「ひばり」萌えですから。

予想通り、「天王洲」の家に戻ってきた「神楽」。「神泉」を探して「豪徳寺」が軟禁されている隠し扉を開けてしまいます。一方、いよいよ婚姻届にサインをした「水天宮」。「神泉」もサインをしようとしますが、「小田原」との想い出が頭をよぎります。
あの「別所温泉」での待ち続けた日々・・・そのとき、「神泉」は婚姻届を用意し、自分の名前を記述して待っていたのです。
「水天宮」って、字が下手。意外だ。(´ー`;)

婚姻届の立会人として「豪徳寺」を呼ぼうとし、席を立つ「神泉」。そこには丁度「神楽」と彼女を捕らえようとしていた「水天宮」の部下「新治」がいたのです。
「新治」を縛り、「神楽」とともに「水天宮」の元に連れてくる「神泉」。「神楽」は「水天宮」が恐ろしい人であり、利用しようとしているだけだと「神泉」へ訴えかけます。
「もう一度、お前を試したくなりました」と銃を机の上に置き、「神楽」と「水天宮」にロシアンルーレットを要求する「神泉」。二人を男と女の関係だと、前から疑っていたとのこと。
※女性の執念は恐ろしい・・・といいますか、憎むべき男の「娘」は信用できないということでしょうか。

その銃は「辻堂」の手によって取り上げられ、逆に「神泉」へと向けられます。
「神泉様・・・できればあなたを殺したくはない。段取りがややこしくなるのでね」
撃てるものなら撃てという「神泉」を「水天宮」の命により撃つ「辻堂」。しかし、その銃には弾が込められていませんでした。
「最後の慈悲を・・・元々誰も信じるべきではなかったのです」
隠していた配下に「水天宮」「神楽」以下の皆殺しを命じた「神泉」。その場を彼女が去った後、多数のマシンガンによる殺戮が行われようとしていました。
しかし、そのユーフォリア能力を解放した「水天宮」は、逆に、配下をその能力で皆殺しにします。

「どこか静かな場所で二人暮らしましょう」と「豪徳寺」とともに廊下を進む「神泉」。
次の瞬間、「豪徳寺」が車いすから転げ落ちます。「水天宮」により命を絶たれたのです。「豪徳寺」を見知っていた「水天宮」。彼は言います。
「あなたの全身はその女と「神楽」の父によって整形された・・・いや、改造されたと言うべきか」
全てを知っていた「水天宮」に「おまえは何者なのです」と問う「神泉」。
「私はあなたの大事な人から、神の能力を受け継いだ」。「水天宮」は、左手の目のような紋章、あざを見せつけます。
驚く「神泉」。それこそが「小田原」の左手にあったあざ、それと同じものでした。
※気がつかなかった。前に二人の写真が出たときに、あざがあったのか・・・( ̄□ ̄;)!!ガーン

「あなたは幸せだったはずです。愛した男の左手にずっと抱かれていたのですから」
「水天宮」の左手で首を絞められ、息を引き取った「神泉」。死の直前に「神楽」から、15年前の真実を伝えられ、一瞬瞳を開きますが、再びゆっくりと閉じていきました。
※その瞳はなにを写したのか・・・。

「神泉」が死に、「神楽」が天王洲グループの全てを引き継ぐ。「式は行う。私は神楽と結婚する」

まだ半分なのに、亡くなってしまいましたね~「天王洲神泉」。あのキャラクターは好きだったので残念です。もう「水天宮」を止められる者はいないのでしょうか・・・。今日出番がなかった「雑賀」は今どこに!

|

« いちご100%_TV12(終) | トップページ | ツバサ・クロニクル_TV12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4706824

この記事へのトラックバック一覧です: スピードグラファー_TV12:

« いちご100%_TV12(終) | トップページ | ツバサ・クロニクル_TV12 »