« うえきの法則_TV13 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV13 »

創聖のアクエリオン_TV13

第13話「一万二千年のラブレター」

サブタイトルは主題歌から・・・というよりは、前回の「羽」からですね。さあ、前半の山場の始まりです!
相手は堕天翅族「トーマ」。のっけから飛ばしています。なにせ、スケールがでかい!「成層圏まで立ち上る雲の頂で、プロミネンスが太陽黒点の上を越えていく有様を、ともに見つめたあの夕暮れを・・・」
「哀しいものだ・・・かつての強敵が、これほど弱くなっているとは・・・」まさに弄ばれる「アポロ」、そして、アクエリオン
目の前に差し出されるは、「アポロ」の戦いの事由、「バロン」。彼は鳥かごのような爆弾に包まれ、「俺に近づくな」と叫びます。
「男には・・・友のために立たねばならない時がある。・・・いくぜ」「ピエール」の言葉に「アポロ」は無限パンチを応用して「バロン」を取り返します
その崇高なる行為の代償は、DEAVA最終結界の損壊。大事の前に小事を捨てられない「アポロ」の行為を非難する「クロエ」達でしたが、司令「不動」の声に静まりかえります。「友を思わぬものはDEAVAにはいらん!即刻立ち去れ」

最終結界すら吹き飛ばす爆弾の破壊力、それは助けたはずの「バロン」を塵に変えるに十分な威力でした。
唯一の友を失い、呆然とする「アポロ」を「トーマ」は光の槍で打ち付けます。「ピエール」の檄に反応し、怒り、恨み、憎しみの力を噴出させる「アポロ」。アクエリオンは打ち付けられた腕を引きちぎり、立ち上がります。
「アポロ」のあまりの迫力は、その背後に「アポロニアス」の影を浮かび上がらせます。「トーマ!」叫ぶ「アポロ」の目前に浮かび上がった「トーマ」でしたが、彼はもう戦いに興味を失っていました。
戦いを「音翅(オトハ)」に任せ、「羽」を求めて施設に進入する「トーマ」、エレメント(魂?)のまま追いかける「アポロ」と「シルヴィア」。

「羽」にたどり着いた「トーマ」でしたが、そこへ「アポロ」が突入します。変わらぬその怒り、恨み、憎しみの力で襲いかかる「アポロ」。
しかし、「トーマ」の放った力、茨の弦によって壁へ、駆けつけた「シリウス」「シルヴィア」ともに貼り付けられてしまいます。
その直後、正気に返った「アポロ」は、自らの牙にて弦を食い破り、「シルヴィア」を拘束した「トーマ」へと挑みかかります。
軽くいなしながらも、「アポロ」に興味を引かれ、悪魔の取引を持ちかける「トーマ」
その二人を生贄に差し出せば、バロンを、友の命を蘇らせてやろう。・・・ただひと言、私に捧げる・・・と」
拒む「アポロ」に「トーマ」は、彼らは人ではなく、堕天翅属の末裔だと語ります。その言葉を裏付けるかのように、「シリウス」「シルヴィア」の腕の飾りからこぼれる赤い羽根
「見ないで・・・」と、苦悶の表情を浮かべる「シルヴィア」。
「アポロ」はそんな二人を見やり、「トーマ」に「こいつらは・・・俺の仲間だ!」とその心赴くままに叫ぶのでした。

一方、「麗花」「つぐみ」と合流した「ピエール」は腕のパーツを拾い上げ、再度アクエリオンへと合体します。
「オトハ」との女の戦いを繰り広げる「麗花」。戦いを押し気味に進める「麗花」は、その必殺技を「オトハ」へ解き放ちます。
必殺技をはじかずに、あえて避ける「オトハ」。その余波を受け、燃えて消失する「羽」。それを見やった「トーマ」も、「オトハ」とともにその場を引きます。
「羽」は「トーマ」から思い人「アポロニアス」へと送られた「一万二千年のラブレター」でした。それを知り、あえて消失させた「オトハ」の女の性を知り、「トーマ」は「それでこそ・・・」と「オトハ」へ口づけをするのでした。

「シリウス」と「シルヴィア」は、「アポロニアス」と「セリアン」の子孫だったのですね。そして、前回登場した「羽のような物のついた彫像は」は、堕天翅と人との子孫を示す(片羽しかついていないようですし)遺物だと。

|

« うえきの法則_TV13 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4751937

この記事へのトラックバック一覧です: 創聖のアクエリオン_TV13:

» 創聖のアクエリオン#13「一万二千年のラブレター」感想 [CODY スピリッツ!]
最近、夢の中までトーマが出てきてしまい恐怖で眠れなかった全国のアクエリオンファンの皆様早速感想に入ります! [続きを読む]

受信: 2005.06.29 00:27

» 創聖のアクエリオン #13 「一万二千年のラブレター」 [俺のタイムラグ]
盛り上がってきましたね、アクエリオン。 今回はバロンの登場とかシリウスとシルヴィアの正体とか 次回予告が最高だったとか、ホント最後まで楽しめる話でしたね。 あと1クール。どんな展開になるか先はまだまだ予想がつきません ではレビュー →... [続きを読む]

受信: 2005.07.01 15:15

« うえきの法則_TV13 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV13 »