« 創聖のアクエリオン_TV16 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV16 »

ガン×ソード_TV03

ep.III「勇者は再び」

西部劇風の居酒屋に西部劇風の会話! (そうか?
今度の舞台はこの居酒屋「ピンクアミーゴ」。ほら、やって来ました「ウェンディ」が。そして颯爽と・・・はしていないけれど、我らが「ヴァン」も登場。

居酒屋で「ヴァン」は4人の老人(というほど老いてはいないか)に出会います。
いくつあるのかわからない「ヴァン」の通り名の一つ、「鋼鉄のヴァン」を知っていた彼らは、「ヴァン」を気に入ったと食事を御馳走してくれました。
後ろの写真が、「ユキコ」のおばあちゃんと若かりし頃の老人4人組でしょうか。・・・って、戦隊ものですか!

どうやら4人は元「鎧乗り」。もっとも町の若人は、誰もがその話を「ほら」だと思い、信じていないようです。
毎日同じ話をしているようで、「聞き飽きた」とばかり若人対老人の乱闘が始まりますが、「ユキコ」の歌が乱闘を沈めます。

町の隅では怪しい男「ブッチ」が怪しい実験を続けるなか、「鎧乗り」の心得を老人達に教えられる「ヴァン」。
※本物の「鎧乗り」には10年早い!とどやされて、「あと10年も生きていないよ」とつぶやく「ヴァン」の台詞がちょっと気になりますね。

翌日、飲めない酒を飲まされて二日酔いの「ヴァン」。そして、老人達は騒ぎすぎて留置場へ。
「この町はもう警察で十分なんだよ。勇者の日々は・・・終わったんだ」

町内会にて犯罪発生率が1%を切ったこと報告する町長。その最中、怪しい男「ブッチ(ぴったりだ。岩田光男さん)」が「鎧」に乗って町を荒らし始めます。
「俺たちの出番だ」と、警察署長が止めるのも聞かずにかつての衣装に身を包む老人達。
「助ける理由はない」この台詞を言い、自分の戦い以外には出撃しようとしない「ヴァン」。これにも何か理由があるのでしょうか?

「鎧」の手が居酒屋「ピンクアミーゴ」へと伸びたとき、逃げた丘の上から「ユキコ」は叫びます。
おばあちゃんとの想い出がつぶされてしまう・・・と。
「任せろ」
丘が割れ、スクランブルアタックとのかけ声と共に出撃する4機の機体。そう、あれこそが伝説の勇者「エルドラV」、その姿なのです。
※一人寝ていますが・・・。(^_^;)。

昔取った杵柄と、合体も決め、意気込む老人達。流石に切れも落ちていますが、体力の衰え(とアル中)は気力でカバー。
唖然呆然の若人達が見守る中、「ブッチ」の「鎧」と互角の戦いを繰り広げます。
「どうしてこんな町を守る!お前達もバカにされ、いらないと言われてきただろう!」
「若造よ・・・俺たちはそんなものが欲しいのではない。皆の想い出さえ守れれば、それだけで良いのだ」

しかし、やはり残る一機「ピンクアミーゴ」が足りない「エルドラV」。パワーもエネルギーも従来比80%しか発揮できません。
※おばあちゃんの代わりに「ユキコ」が乗る!・・・とはいかないでしょうねぇ。代わりに歌っていますが。

「まったく、変なじじいどもだ」

残りわずかなエネルギーが足りず、ボロボロにされてゆく「エルドラV」。
見ていられないと「ユキコ」が目を逸らそうとしたとき、その端に「ピンクアミーゴ」の機体が入ります。
「おばあちゃん!」

かつての姿そのままに、空中を舞い、「エルドラV」へと合体する「ピンクアミーゴ」
※なるほど、大事にされてきた機体にはその人の魂が宿ると言います・・・って、「DANN」が放り投げたのか!( ̄□ ̄;)!!ダーン

合体し、せり上がってくるコクピットに、4人は見ました。かつての仲間「チヅル」を、昔の姿そのままに。
「揃ったぁ!!」色までハイカラになったその姿、まさに勇者復活です。
「若造よ、進歩とは鎧と人の心の合体だ・・・エルドラV!」
天を貫くその拳、「ブッチ」の「鎧」はひとたまりもなく、閃光と共にその身を砕かれます。
「若造、ごめんなさいも言えないのか。お前も鎧を纏ったんだろう、積みを償ったらまた町のために戻ってこい」

今回ばかりは主役は老人達ですね。「ヴァン」の「鎧」装着シーンすらカットですから。
かつての勇者、「ネロ」「ホセ」「バリヨ」そして「カルロス」に乾杯!
Turn in next time for more action and adventure! Are you ready?

|

« 創聖のアクエリオン_TV16 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/5058514

この記事へのトラックバック一覧です: ガン×ソード_TV03:

» ガン×ソード#3「勇者は再び」 [エムジェイ・ノーヴォスチ]
ガン×ソード#3「勇者は再び」 毎回、奇想天外な舞台で繰り広げられるガン×ソード! 今回の舞台は一体どんなところでしょうか? 片田舎の酒場で老人達が昔話に花を咲かせていた。そこへ必死な形相のウェンディが現れる。彼女はヴァンが空腹のせいで気絶してしまったため、一人でここまでヴァンをつれてきたのであった。食事を取るヴァンの元に集まった老人達は先日の騒動を知っており、ヴァンを気に入り食事を勧める。酒の進んだ老人達は他の客と喧嘩になるが、ユキの歌を聞き皆は静まる。 ヴァンの味覚の基準は辛さだけみたいで... [続きを読む]

受信: 2005.07.22 02:04

« 創聖のアクエリオン_TV16 | トップページ | エレメンタルジェレイド_TV16 »