« スピードグラファー_TV13 | トップページ | うえきの法則_TV14 »

ツバサ・クロニクル_TV13

第13話「まぼろしのオトギ」

「雪国」。川端康成でもなければ、吉幾三 (皆さん、敬称略)でもありません。今回、「小狼」達が訪れた世界です。
※突然のオヤジアップは止めて欲しかった・・・。
「金色の髪を持つお姫様と不思議な羽」のおとぎ話。どうやら昔話がおとぎ話に変化したようで、実際に、昔、おとぎ話で語られているように、子供達がいなくなる事件があったとか。
そして、今また、北の町で子供達が消え始めているとか・・・。

「サクラ」の羽と関係があるのか、調査のために町へと向かう「小狼」一行。そこはずいぶんと寂れた、そして、よそ者に対して冷たい町。
さっそく怪しい奴として囲まれる「小狼」達。何者だと問われて答えるは「物書き」との言葉。各地での伝説や建物を調査して、本にしているとのこと。
意外と臨機応変な「小狼」。あの笑顔でさらっと嘘をつかれては、道行く女の子もころりと騙されそうです。プレイボーイの素質あり! (笑

その町「スピリット」で唯一、親切にしてくれたのはお医者様「カイル・ロンダート」。なんと家を宿代わりに提供してくれるとのこと。町の実力者「グロサム」が文句を言いに来ても、かばい立てしてくれました。

「カイル」の話では、既に20人もの子供達が行方不明になっているとのこと。これでは、町の人が猜疑心(さいぎしん)の固まりになってしまうのも仕方がありません。

その晩、しんしんと降り積もる雪の中、目を覚ました「サクラ」は、おとぎ話に出てくるような「金色の髪を持つお姫様」を見かけます。
そして明くる朝、また一人の子供が姿を消します。昨夜見たことを町の人へ告げる「サクラ」。北の城の姫、姫の呪い・・・そんな言葉が聞こえる中、「サクラ」は「あのお姫様はとても哀しげに見えました。子供をさらうような人には・・・」と反論します。
場の空気が変わり、よそ者である「サクラ」達へ不審の目が集まります。なんとか「カイル」の証言で疑念を抱かれるまではいきませんでしたが、「私のせいで・・・ごめんなさい」と謝る「サクラ」。そんな「サクラ」を「小狼」は「僕は姫を信じます」とかばうのでした。

「この町の人々にとって、あの話は真実。300年ほど前、エメロードという姫がいました。当時の王様と后が突然亡くなった後、城下町の子供達が次々と姿を消していった。そして子供達はいなくなったときと同じ姿では帰ってこなかった
※気になる言い方ですね。子供達は帰ってきた。だけれども、前と同じ姿ではなかった。「黒鋼」が言っているように死んだということでしょうか。それとも・・・。

「カイル」に借りた歴史書を読みながら、問題の城跡へやって来た「小狼」一行。
※目は本を読んでいるのに、雪道を転びもせず、頭上にある木の枝に引っかかることもない。「サクラ」や「ファイ」も驚いていましたが、「小狼」凄いですね。
城へと通じる橋は既になく、雪のためか水量を増した川が勢いよく流れており、「ファイ」や「黒鋼」の言うとおり、子供を連れて渡るのは不可能に思えます。そして、何をしているのか、そこには「グロサム」が真摯な眼差しで城を見つめているのでした。

他にたいした収穫もなく、「カイル」の家に戻ってきた「小狼」一行。歴史書を一通り読んだ「小狼」でしたが、そこには「羽」のことは記述されていませんでした。「ファイ」は「サクラちゃんの羽とは関係ないかな」と話しますが、「書物や歴史が真実のみを語っているとは限りませんから」と返答する「小狼」
※「黒鋼」と「モコナ」は仲がよいですね。というより、一方的に「黒鋼」が遊ばれているようですが。(^_^;)。

夜中、暖炉の前で寂しそうに座る「サクラ」。どうしたのと声をかける「小狼」に、「サクラ」は答えます。「記憶があまり戻っていないから、誰かに疑われることに慣れていなくて・・・」
不安な「サクラ」の手に自分の手を重ねる「小狼」。「大丈夫です。俺は、姫を信じます」。その言葉に、「サクラ」は「ありがとう」と微笑むのでした。
※「サクラを信じる」。何回か出てくる言葉ですね。「記憶が戻らない」ということは、「自分を信じられない」ということ。「小狼」の「信じる」という言葉は「サクラ」を凄く勇気づけることでしょう。

自分しか見たことのない「金色の髪を持つお姫様」。「サクラ」はその晩も子供達を守るために頑張って起きています。そして現れた「金色の髪を持つお姫様」は、右手を差し上げながらゆっくりと進みます。操られたかのように、無表情で歩く子供達を従えて
「子供達を守らなくちゃ」と、窓を抜け出て追いかける「サクラ」。彼女たちが向かったのは、やはり廃墟の城でした。水面の上を歩き、城へと向かう子供達。「サクラ」は「金色の髪を持つお姫様」の哀しげな表情を見た後、猛烈な眠気に襲われ、その場で倒れます。
「あなたが来るのを・・・ずっと待っていました (声:島本須美)」その身を、影を「サクラ」へと向け、歩み来る「金色の髪を持つお姫様」・・・。

翌朝、「カイル」の家に町の人々が怒鳴り込んできます。「よそ者はいるか」と。新たに消えた5人の子供達、そして一緒に消えてしまった「サクラ」。
一番怪しいのはよそ者だと、「小狼」を捕らえようとする町の人たち。言われなき拘束に応じるわけは行かないと、巧みな体術でかわす「フェイ」、獲物を足で飛ばす「小狼」、相手の獲物を床に押さえつける「黒鋼」。
「探します。子供達がどこに消えたのか・・・そして、俺の大事な人も」
「小狼」の決意に、呑まれる町の人たちでした。

今のところは「モコナ」レーダー (笑 に反応はないようですが、おとぎ話にある「不思議な羽」については気になるところです。そして、その「羽」についての記述が歴史書にはないことも。
それにしても、今回の「小狼」は格好良かったですね。戦闘シーンがあまりないのに格好良いのは、内面の良さが見えてきたからでしょうか。そこらへんにも「ドッキドキー」しちゃうかも、かも、かも~。(^_^;)。

|

« スピードグラファー_TV13 | トップページ | うえきの法則_TV14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/4814673

この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル_TV13:

» 『ツバサ・クロニクル』 #13A [オコタマイマイ週記]
<font size="+2"><b>第13話</b> 「まぼろしの<font color="#6699FF">オトギ</font>」</font>前半  今回は、なんとなく「微妙」な感じです。 事件が起きているのに、「ナユタヤ国」のように、目に見える「悪」があるわけではないからかな? <font size="+2" color=&quo..... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 21:45

» ツバサ・クロニクル 第13話 [Psycho Circus' Web master Hato Presents... Soliloquy(Diary, Poem, etc.)]
今週もcuteなモコナにドッキドキ☆ ツバサ・クロニクル 第13話「まぼろしのオトギ」の感想です(^^♪ 新しい国ジェイド国でのお話です。 おぉ〜! 今回のファイさんの格好が素敵です。 あんな帽子どこに持ってたんだろう? こんなに雪が降ってるのに,ファイさんの国はもっと寒いそうで(>_<) そんな中,モコナと黒ぷぅが何やらもめております。 原因はモコナのおやつ「侑子のシュークリーム」です。 黒ぷぅが食べ�... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 21:54

» ツバサクロニクル 第13話★ [★☆★Starry Eyes★☆★]
またまた新しい世界にやってきた小狼たちです☆ 今度はおとぎの世界ですよ〜★ みんな西洋風な衣装きてます&#63893; サクラの衣装がかわいい&#63890;フード付きだし&#63903; 今度のお話しは、エメロード姫が町の子供たちを夜な夜なさらっていくって話。  え..... [続きを読む]

受信: 2005.07.04 17:57

» ツバサクロニクル#13「まぼろしのオトギ」感想 [CODY スピリッツ!]
最近、モコナの秘密技の残りが知りたいと思っている全国のツバサクロニクルファンの皆様さっそく感想に入ります。 [続きを読む]

受信: 2005.07.04 18:56

» ツバサ・クロニクル第13話「まぼろしのオトギ」 [Heart of the Daze]
昔々、あるお城にひとりの王女様がいました。 王女様は身体が弱く、若くして病気がちで顔色も悪く、ひどくやつれていました。 来る日も来る日も一日を自室のベッドで過ごす日々が続きました。 ある日、王女様がふと窓を見ると、そこには一羽の小鳥が縁に止ま... [続きを読む]

受信: 2005.07.05 02:36

» ツバサ・クロニクル 第13話 [+ SERAらく日記 +]
第13話 「まぼろしのオトギ」  新しい世界、ジェイド国編のはじまりです。 小狼たちのついたのは雪の降る北の町。 そこでは伝説と同じように子供が失踪する事件が起きていた。 不思議な羽根を手に入れた金色の髪の姫。 姫は羽根を手にしたすぐ後、両親は死に城の主になる。その後、町の子供たちが羽根に惹かれるよう次々と姿を消していったという伝説。 子供の失踪の嫌疑をかけられた小狼は、とっさの機転で『本を書いている』ファイとその一行と誤魔化す。 それでも疑う大地主のグロサム。医師のカ... [続きを読む]

受信: 2005.07.05 20:15

« スピードグラファー_TV13 | トップページ | うえきの法則_TV14 »