« スピードグラファー_TV15 | トップページ | うえきの法則_TV17 »

ツバサ・クロニクル_TV16

第16話「強さと優しさ」

オープニングに登場は、砂金の詰まった大きな砂時計。(おおきなのっぽの砂時計・・・(違
「強さって何でしょう。強さの中に別の何かがあって、初めて人は強くなれるのかもしれません・・・」
※なるほど、今回のサブタイトル、「強さと優しさ」。パッと見は相反する言葉のようですが・・・。

冒頭、中南米にありそうな遺跡にて仮面の精霊(のような存在)に追いつめられる女性「シャルメ」。かけつけた男性は間に合わず、その額には謎の紋章が刻まれます。

牛のような角のついた仮面を付け、剣を構えて戦う男達。
そこへ異世界からのテレポート、登場するは「小狼」御一行。いきなり羽によくにた波動を感じる「モコナ」。
「これって、この国で一番強い勇者を決める大会で、優勝者には宝物が贈られるんだって」
「ファイ」の報告に反応する「黒鋼」。「羽」を手に入れるという大義名分のもと、乗り気満々で大会への参加を進言
※非常に嬉しそうな「黒鋼」が良いです。

この闘技、どうやら只の剣での戦いではないようです。「ゾラの雷(いかずち)」という生まれながらに備わっている能力での戦いが本番のよう。そんな力をもっていない「小狼」達はちょっと苦戦が予想されますが・・・。
これに対して逆に「面白い・・・」と参加する「黒鋼」。もちろん「ファイ」と「小狼」も参加します。
まるで「ゴールデンフェニックス」のような剣技で「ゾラの雷」ごと振り払う「黒鋼」。流石に強い。

一方、冒頭に登場した傷ついた勇者「キーファ」と「シャルメ」とに出会う「サクラ」
※オープニングよりは、顔つきがりりしくなったような。

流石にただ者ではありません。「ゾラの雷」が使えないとはいえ、順調にトーナメントを勝ち抜いていく3人。

野犬の群れに襲われ、ケガを負っているのに参加を強行しようとする「キーファ」
何か事情があるようですが、出会ったばかりと言うこともあり「シャルメ」も全ては「サクラ」に話してくれません。

トーナメントということは、仲間同士の戦いもあり得ます。そして、ついに剣を交えることとなった「黒鋼」と「ファイ」。
※「小狼」他、ギャグタッチの顔が可愛い。そして、アイキャッチの「サクラ」に萌え。(´ー`)。

柔と剛、本気と遊び、真剣と余裕・・・。
どちらが本当に強いのか、見てみたい気もしますが、今回は両者リングアウトで決着。
納得いかないのは「黒鋼」。怒りにまかせて「ファイ」に仮面をかぶせます。
「てめえの顔なんて二度と見たくねぇ。死ぬまで仮面をかぶっていろ!
「とってもとらなくても、どっちも一緒だったりして・・・」
※「ファイ」の発言は深い。「本当の顔はまだ見せていませんよ、これからも見せるつもりはありません」という感じでしょうか。

迎えた決勝戦は「小狼」と、仮面の男(全員そうだって)。まあ、相手ではないですねぇ。

胸を押さえ、横になった「シャルメ」を残し、戦いへと向かう「キーファ」。
「・・・キーファ、私、本当は全部知っているの。一年前、村はずれの遺跡で古代の霊の呪いを受けてしまった私は、もうすぐ命がつきてしまう
それこそが、「キーファ」がケガを押してでも戦う理由でした。
「呪いを解く方法は一つだけある。今回の優勝商品である、聖なる宝物を手にすること」

「キーファ」が闘技場へ駆けつけた頃、すでに試合は終了していました。そして、優勝者「小狼」へ戦いを挑む「キーファ」
彼の思いの真剣さは、その目からうかがい知れます。

「キーファ」の「ゾラの雷」にて逃げ場を失った「小狼」。まっすぐ突進し、空中へジャンプ。身体のひねりだけで攻撃をかわすと、体術を駆使して「キーファ」の腕を掴み、その瞳に映るものを見据えます。
そして、決めた蹴りは「キーファ」の首へ・・・寸止め。お互いに見つめあう美少年同士。黙って宝物を差し出す「小狼」。
「・・・いいのか」
男同士に多くの会話は必要ありません。
「強いですね、小狼さん。本当に・・・心が強い人です」
※「キーファ」が心配だったのでしょう。「サクラ」に抱きかかえられながらでも見に来た「シャルメ」。愛の深さ・・・かな。(´ー`)。

宝物の力で無事に解ける呪い。結局今回は「羽」には関係ありませんでした。そのことを「モコナ」へ責める「黒鋼」。
モコナ、羽に似た波動だって言っただけだもん。心の狭い奴だね、黒りんって」

自分の村へと帰る「キーファ」と「シャルメ」。この1年、疑問に思っていたことを「キーファ」は「シャルメ」に問い尋ねます。
「何故お前はあのとき、遺跡に入ったんだ」
「・・・ある人と、結ばれたいと願ったから」

※結果だけ見てみると、願いを叶えるという遺跡、その噂は本当だったということでしょうか。

「・・・でも、本当に良かったよね。あのお宝がサクラちゃんの羽ではなくって」
「そうだったら戦うしかなかったろうな。どちらかが倒れるまで」

目を見開いた「ファイ」、その顔は怖いです。ちょっと本当の顔・・・なのかな

厳しい言葉ですが、「ファイ」そして「黒鋼」の言葉は真実ですね。この一行にとって何よりも大切なもの、それは「サクラ」の羽なのですから。
当然、戦いたくない戦いにも、向けたくない拳をぶつけるときがくるでしょう。いつの日にか、必ず。

|

« スピードグラファー_TV15 | トップページ | うえきの法則_TV17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/5121255

この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル_TV16:

» ツバサ・クロニクル 第16話 [Psycho Circus' Web master Hato Presents... Soliloquy(Diary, Poem, etc.)]
古代の神にドッキドキv ツバサ・クロニクル 第16話「強さと優しさ」です♪ アニメオリジナルストーリーですね(^^) 怪しい仮面を被った人たちが戦っている目の前に到着した小狼たち。 モコナはいきなり羽根によく似た波動をキャッチ! この国で一番強い勇者を決める戦い。 そして優勝者には聖なる宝物が与えられる。 そのほう宝物こそ,サクラの羽根によく似た波動が感じられた物なのです! それを聞いた黒ぽんは,優勝... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 09:59

» 『ツバサ・クロニクル』 #16A [オコタマイマイ週記]
<font size="+2"><b>第16話</b> 「強さと<font color="#FFFF00">優しさ</font>」</font>前半  今回は、小狼とサクラに境遇が似た人たちとの出会いと言っていいのかな? <font size="+2" color="#00CC00"><b>感想&推測&..... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 10:40

» ツバサ・クロニクル #16 [日々の記録]
小狼たちが今回やってきたのは、聖なる宝物をかけて優勝者を決めようとしているところ [続きを読む]

受信: 2005.07.24 11:43

» ツバサ・クロニクル [好きなものを好きと言える幸福]
第16話 強さと優しさ アニメ・オリジナル話です。新たな世界、シュトルム国にやっ [続きを読む]

受信: 2005.07.25 11:34

» ツバサクロニクル#16「強さと優しさ」感想 [CODY スピリッツ!]
最近、命をお城と共にしたカイル先生が少しかわいそうと思っている全国のツバサクロニクルファンの皆様さっそく感想に入ります。 [続きを読む]

受信: 2005.07.27 18:09

» ツバサ・クロニクル 第16話 [+ SERAらく日記 +]
第16話 「強さと優しさ」  こんにちぷ~(違) ってわけで新たな世界シュトルム国の話でした。 今回はオリジナルの1話完結です。 国一番の男を決める武闘大会に現れた小狼たち。 この国の男たちが産まれながらもつ「ゾラの雷」の力を競い、優勝者には「聖なる宝物」が与えられる。 モコナが「聖なる宝物」に反応したので、大会に出場する小狼たち。 「ゾラの雷」もヘッチャラで闘う黒鋼。やるきなさそうだけど余裕で闘うファイ。 小狼も順調に勝ち進む。 一方、サクラは小狼と同じ瞳の輝きともつ少... [続きを読む]

受信: 2005.07.27 23:54

« スピードグラファー_TV15 | トップページ | うえきの法則_TV17 »