« フルメタル・パニック!TSR_TV03 | トップページ | うえきの法則_TV18 »

ツバサ・クロニクル_TV17

第17話「桜の国のカフェ」

ついに「サクラ」ちゃんの国に!(違。

久しぶりに登場の「桃矢」。彼の傷がまだ癒えていないということは、「サクラ」達の時間の流れと「桃矢」達の時間の流れが違うのでしょうね。
「わかっていたことだ。あの小僧が、サクラの運命の相手だということを。・・・あの小僧と出会ってまだ間もない頃、あのとき、あの小僧を見て俺は違和感を憶えた
「桃矢」だけが感じた違和感、神官である「雪兎」が感じることの無かった違和感・・・。 ※なんでしょう?
「前王」って「クロウ・リード」だったんですね、気がつかなかったなぁ。そうか、だから「クロウ国」なのか、この国は。

「羽を持たぬ虫たちは、その先に何があるのか知らぬまま、ただいたずらに地を這いまわる。空の高みにある者だけが、彼達の行き先に何があるのか知っている、彼達を導くのも容易なこと」
「でも、その高みにいるのは、私たちではないわ」
「向こうもこちらも介入の度合いは同じだ。しかもこちらの方が手駒が一つ多い」

※重要そうな台詞を黒幕の「飛王」と「星火」が喋っていらっしゃるので、メモメモ。でも、意味がわからないなぁ。羽はサクラの「羽」とかけているのでしょうね。「小狼」達の旅路には導き手がいて、その思いのままということでしょうか。

さて、今回「小狼」達が降りてきたのは、って、いきなりのお出迎えにビックリ。
ここは、「桜都(おうと)国」。旅の者でもまずは住民登録をして、働くことが要求されます。
「すぐやる課」って (笑

ちゃっかり持ってきていた異国の洋服をまずは換金。そして、当面の居場所を確保。
「羽は・・・この国に・・・ある!」
「モコナ」の宣言に安心する「小狼」と「サクラ」。
今回は「羽によく似た」ではないですからね。

その夜、突如襲ってきた謎の怪物。「小狼」が一撃を加えると四散してしまいますが、果たしてその正体や如何に。
そして、怪物の攻撃で手傷を負った「小狼」を見つめる「黒鋼」も、いつもと様子が違います。「あいつ・・・間違いないねぇ・・・このガキは・・・」
※うーん、何でしょう、気になる気になる~。

「昨晩はご活躍でしたね、鬼児を倒されたので、報奨金が出ていますよ」
「鬼児」を退治する専門家「鬼児狩り」のことを知らされた「小狼」達は、その職業を選択することにします。与えられた櫻の大門、それこそが「鬼我利」の許可証。
そして、その報奨金でまずは買い物、現地の洋服~。結構我々になじみのある洋服を選択した「小狼」達。
 ・小狼・・・つめ襟学生服
 ・サクラ・・・ウェイトレス (萌え~。
 ・ファイ・・・ウェイターっぽい。
 ・黒鋼・・・袴(はかま)
 ・モコナ・・・ふんどし (笑

 ※皆それぞれ似合いますね。一押しは「サクラ」だけれど、「黒鋼」も格好良い!
 「サクラ」と「ファイ」はカフェを開くことに決めたそうです。情報収集のことを考えてのこと、賢いですねぇ。

久しぶりの登場(といっても名前だけ)「次元の魔女 侑子」からの差し入れ「フォンダン・ショコラ」をお茶請けに、カフェで一服する一行。
「サクラ」にお茶を入れて貰った「小狼」は昔のことを思い出して、うれしさ半分、寂しさ半分といったところ。

満月・・・「鬼児」が一番力を増す月夜に、狩りの準備を行う「黒鋼」と「小狼」。そして見守る「ファイ」。
「お前はいいのか、この仕事を選んで後悔していないのか?」
なぜか「小狼」に問い尋ねる「黒鋼」。「この仕事を選べば、サクラの羽が手に入りやすくなるから」と応える「小狼」に「黒鋼」はさらに問いただします。
「そんなことは聞いていねぇ。・・・聞いている意味がわからないというのなら、言っていいのか?」
「黒鋼」が言葉を続けようとしたときに襲いかかってきた「鬼児」。その攻撃を間一髪でかわした二人。攻撃してくる「鬼児」の相手を「黒鋼」は「小狼」に任せます。
「あいつの戦いを見てみろ」
そう「ファイ」に囁く「黒鋼」。はじめは意味がわからない風であった「ファイ」ですが、その戦いをみて感じるものがありました。

そして、自らの疑問を確信に変え、「小狼」に通告する「黒鋼」。
「お前、右目が・・・。前からおかしいと思っていたが、昨日の戦いで確信した。もっと強い鬼児が相手だと、ケガするだけでは済まないぞ」
それでも戦いを続ける「小狼」。「サクラのためなら」という決意の強さを知り、「黒鋼」も「ファイ」も何も言いません。
※右目が見えない(見えにくい?)「小狼」。距離感が今ひとつというリスクを補うために蹴り技を習い、戦いの中心に据えてきたと言います。結構前から見えなくなっていたのでしょう。

相当な数の「鬼児」を倒した「小狼」達。彼らの前に別の「鬼児狩り」である「護刃(声:おジャ魔女)」「草薙」が登場・・・というところで、次回。

敵の黒幕である「飛王」の語る「向こう」とはいったいどんな存在なのでしょう。また、前王「クロウ・リード」が亡くなった(もしくは消えた)理由はなんでしょう。
ここ最近で、明らかになる新事実も増えましたが、謎も増えっぱなしです。原作読もうかなぁ・・・でもなぁ・・・。

|

« フルメタル・パニック!TSR_TV03 | トップページ | うえきの法則_TV18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/5249058

この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル_TV17:

» ツバサ・クロニクル 第17話 [はとのひとりごと♪]
新しい世界にドッキドキv ツバサ・クロニクル 第17話「桜の国のカフェ」の感想です〜♪ お久しぶりです神官様! クロウ国のあの遺跡では,あの日から砂嵐が発生しているのだという。 新しい世界,桜都国へ到着〜。 結構明るい世界のようですv メイド姿の人たちに歓迎され,黒ぽんもたじたじ(?) 住むところは,なんかいい感じのお家。 夜が来て,眠りにつこうとしたとき・・・ 突然鬼児が現れ,なんとか鬼�... [続きを読む]

受信: 2005.07.31 22:49

» 「ツバサ・クロニクル」(桜の国のカフェ) [♪せおの時間日記♪]
 新しい世界「桜都国」の初回、普通に見応えのある回でしたv おひさ〜の桃矢と雪兎で眼福〜v 桃矢は、ど〜しても2人きりの時は、雪兎に「桃矢」と呼ばせたいようです。雪兎も世話を焼いちゃったりして、視聴者サービスいいなあ。(笑) 桃矢だけ傷を負ってるって、雪兎をかばったのかしら〜?なんつー邪まな深読みもOKかな?(おいおい) 桃矢が小狼に感じた違和感ってなんなんでしょうね? 後で出てくる「右眼」のことかとも思... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 02:42

» 『ツバサ・クロニクル』 #17A [オコタマイマイ週記]
<font size="+2"><b>第17話</b> 「桜の国の<font color="#6699FF">カフェ</font>」</font>前半  今回は、「メイドさん万歳!」だったのかな?(^^; 冗談はともかく、「ありがとう」=感謝の言葉がキーワードみたいですから、 その感謝の言葉の対象となる奉仕を象徴するメイドが強調されるているのかな? <fo..... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 09:58

» ツバサ・クロニクル [好きなものを好きと言える幸福]
第17話 桜の国のカフェ やったーーー!原作でも特に好きな桜都国のお話です!早い [続きを読む]

受信: 2005.08.03 10:32

» ツバサ・クロニクル 第17話 [+ SERAらく日記 +]
第17話 「桜の国のカフェ」  新たな世界・桜都国編のはじまりです^^ 桜都国は、桜が咲く、明治時代風な世界。 異世界からの旅人もよく訪れる人気スポット?(笑) 小狼たちも市民登録を済ませて、元カフェの家を借りることに。 登録の名前はなんでもいいので、ファイは適当な名前で登録・・・どんな名前?^^; 平和に見えた国だったが、その夜、小狼たちは鬼児(おに)の襲撃を受ける。 小狼の活躍で鬼児を退治できるが、黒鋼は小狼の右目が見えていないことに気付く。 桜都国では誰もが... [続きを読む]

受信: 2005.08.03 20:49

« フルメタル・パニック!TSR_TV03 | トップページ | うえきの法則_TV18 »