« ガン×ソード_TV08 | トップページ | かみちゅ_TV07 »

エレメンタルジェレイド_TV21

第二十一唱「明かされた真実」

グッバイ「フィロ」(T_T)/
というわけで、先週、光と共に天に召された「フィロ」ですが、「クー」達はそれでも「エディルガーデン」への旅を止めるわけにはいきません。

「フィロ」の墓を前にしたたずむ「シスカ」達5人。悲しみをこらえ、「エディルガーデン」に向かって出発しますが、そこに今までの明るさはありません。

一方「カオスクァイア」では3人の「エディルレイド」達が「フィロ」亡き後の算段を始めていました。
どこかの洞窟か、薄暗い通路を歩く3人。そして、通路の先、見上げた場所には玉座に座る1人の「エディルレイド」の姿が。
「今しばらくのご辛抱を・・・」
※どこか「レン」に似ているような・・・。もしかして「イヴ」かなぁ(?_?)

「お願い・・・私を助けて・・・早く、早く」
旅の途中、自分を呼ぶ「イヴ」の声に悩まされる「レン」。いつもの事ではありますが、こんなに大きく頭に響いたことはありませんでした。
とりあえず「レン」を休ませるために「フィロ」が帰ろうとしていた村へ向かう「シスカ」達一行。

「急がなければ・・・私たちに残された時間は少ない
こちらは、先ほどの場所にて怪しげな呪文を唱える「カオスクァイア」の「エディルレイド」達。
その呪文に反応し玉座の「エディルレイド」が叫び、同時にいくつかの水晶柱が砕け、何人もの「スティンレイド」がその姿を現します。
※わぁお、ますます怪しいです。「レン」の頭に響く声と同様に「助けて」という感じですし。

そして、ようやく村へと到着した「シスカ」達一行。しかし、村は既に廃墟と化し「レン」を休ませることができそうな場所は高台の1件のみ。
とりあえず見晴らしの良いそこで「レン」を休ませることに。
※「フィロ」はここに帰ってどうしようとしていたのでしょうか。この様子では昨日、今日に廃墟になったようではありませんし。廃墟に一人たたずむ「フィロ」。その姿は悲しいものがあります・・・。(T_T)。

「まさか、エディルガーデンが・・・そこまでの事態は想定していませんでした」
「クルス補佐官」の言葉に頷く「ファルク総監」。そこへ入院していた「サンウェルド」も現れます。
何やら危急の事態が発生した「アークエイル」本部
彼らの話の端々を聞いた限り、例の「マイア」も所属していた「シュナーベイル」部隊で「エディルガーデン」へ襲撃を行うとか?
※場面が飛びまくって書きにくいよぉ・・・(T_T)。それにしても事態が大きく動き出したのは間違いないようです。

「武器がこれだけでは心許ないですね」
「シスカ」がつぶやいたように、手元にあるのは煙幕用のロケット弾が1つ。これで「カオスクァイア」に渡り合うのはちょっと厳しい。
とはいえ、だからといって敵が手を抜いてくれるはずもなく、夜になって数名の「スティンレイド」と「ジルテイル」と名乗る1人の「エディルレイド」が襲いかかってきます
「ここは僕たちに任せて、先輩とクーはレンさんを連れて逃げてください」
「ローウェン」と「キーア」のリアクトに対し、数名の「スティンレイド」とリアクトする「ジルテイル」。

一方、逃げた先には「アジェンナ」と名乗る「カオスクァイア」の「エディルレイド」と、十数名の「スティンレイド」が待ちかまえていました。
「この人は私が相手します。クーさんはレンさんを連れて逃げてください」
今度は「シスカ」が「アジェンナ」と対決。なんと「スティンレイド」を銃弾代わりに撃ってくる「アジェンナ」。「石ころだから」との言葉にムッと来た「シスカ」も本気モードで対戦!

なんとか村から逃げ出した「クー」と「レン」でしたが、そこへ「カオスクァイア」の「オーファス」と名乗る「エディルレイド」が登場
レンと俺はエディルガーデンに行くんだ。お前らの思い通りになるものか」
「クー」の言葉にリアクトを決意する「レン」。無理な身体を押してのリアクトですが、二人の精神は今まさに一つとなっています。

三者三様の戦いを繰り広げる「ローウェン」、「シスカ」、「クー」。

【バトル1】ローウェン&キーア VS ジルテイル
 「スティンレイド」を身に纏い隙のない攻撃を繰り広げる「ジルテイル」
 しかし、その容赦ない攻撃は「スティンレイド」の寿命を削って得たもの
 無理に突っ込もうとせず状況を見極めた「ローウェン」
 「スティンレイド」が尽きた時点で攻撃。
 見事に谷底まで「ジルテイル」を落とすのでした。

【バトル2】シスカ VS アジェンナ
 弾数が1発しかない「シスカ」は相手の攻撃を避けることに専念します。
 一方、「アジェンナ」は有限である「スティンレイド」を使いながらも
 無駄弾が多く、その攻撃は雑
なだけ。
 手持ちの「スティンレイド」を使い切った時点で勝負はありました。
 「スティンレイドを使い捨てにしてあなたは楽しいですか、
  捨てられるスティンレイドの気持ちをあなたは考えたことがありますか!」

【バトル3】クー&レン VS オーファス
 「七煌宝樹」の攻撃をまともに喰らえば即時敗北することを知る「オーファス」は
 「スティンレイド」を盾に攻撃をかわします。
 そして「スティンレイド」を光の矢と変え、「クー」へ攻撃。
 これもまた「スティンレイド」の数だけ防げば勝利かと思いきや、
 「イヴ」の声によりリアクトが解けた「クー」へまともに攻撃が
着弾。
 倒れた「クー」をかばう「レン」の姿を見た「オーファス」はゆっくりと近づき、
 そのまま「レン」の前に跪く
のでした。

「あなたはイヴ様の跡を継いで、私たちの新しい女王となるお方です。イヴ様のお命はもう長くはありません」
「でも、イヴはエディルガーデンに・・・」
「その通りです。イヴ様はエディルガーデンの女王。そして、私たちカオスクァイアはその女王をお守りし、エディルレイドの世界を創るための組織。すなわちエディルガーデンとカオスクァイアは一つのものなのです」
バトルを終了させ、駆けつけた「シスカ」「ローウェン」「キーア」も「レン」と「オーファス」の会話を聞き、その事実に驚愕するのでした。

さて、途中からある程度予想はついていましたが、やはり天国とはほど遠かった「エディルガーデン」
「オーファス」も嘘はついていないかもしれませんが、「イヴ」の言葉を考えると、彼の言葉全てを信じるのは危険です。
それにしても、「アークエイル」の上層部は「エディルガーデン」=「カオスクァイア」と以前から知っていたのでしょう。
そして、それは調査を進めていた「サンウェルド」もきっと
だからこその第十五唱「大風車の村(エレ=ブランカ)」での「サンウェルド」の言葉「カオスクアイアという組織のことを、もう少し知っておいたほうがいい」なのでしょうし。

いやはや、最終回に向かって一気に動いた感があります。うまくまとめることができますでしょうか。

|

« ガン×ソード_TV08 | トップページ | かみちゅ_TV07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/5604465

この記事へのトラックバック一覧です: エレメンタルジェレイド_TV21:

» エレメンタル・ジェレイド [好きなものを好きと言える幸福]
第21話 明かされた真実 いろんな所でいろんなことが一気に動き出したので、何が何 [続きを読む]

受信: 2005.08.24 23:09

« ガン×ソード_TV08 | トップページ | かみちゅ_TV07 »