« うえきの法則_TV23 | トップページ | ガン×ソード_TV10 »

創聖のアクエリオン_TV23

第23話「翼、儚く」

滝に右手を掲げている司令「不動」。その様子をじっと見つめる「アポロ」。司令「不動」は右手にかかった滴をもって空中に一つの文字を書きます。
岩に書かれた文字「夢」を見やった「アポロ」は「それは何だ」と問い尋ねます。
「人が失ってはならないもの・・・夢だ。夢がなければ生きていても意味がない。・・・しかし、人が夢を抱えて生きていくのは難しい。夢に人と書くと・・・儚いと読む。お前も儚いが、シリウスもまた儚い。自分の手を見てみろ。夢を掴むも儚くするも、すべてそれ次第だ」
※この時の会話、「シリウス」が裏切った後のことでしょうねぇ。

「シルヴィア、そして皆も見るがいい。人が天翅に何をしたか、自分たちの仲間に何をしたか」
映し出されるは「グレン」。負傷し、治療を受けていた彼に、失われた都「シャングリア」の技術による、ある手術がなされました。
「よく志願してくれたねぇ・・・これで人類は堕天翅に勝てるんだ・・・完璧だ。堕天翅の羽根を移植したことで君の能力は何十倍にも拡大される・・・」
映し出される様々な映像。これは「グレン」が見ている映像なのか、「グレン」が感じた事象なのか・・・。
「おやおや、どうやら感受性が豊かになりすぎたようだ・・・やはり堕天翅の認識体系とは人類のでは違いすぎたか、失敗だ。・・・いや、センシビデティインシビジョンを組み込めばいいさ・・・安心していいよグレン君、大丈夫、任せておきたまえ・・・」
「グレン」の目からは人が人として映らなくなってしまったのでしょうか。それとも上層部の行いは人にあらずという隠喩か・・・。

どうやら「グレン」に対する処置を知っていたのは「ジェローム」只一人。
「非道い?堕天翅の羽根は人間の身体能力を極限まで引き上げてくれる。だから強攻型アクエリオンの搭乗者は一人なのだよ」
確かにコクピットに搭乗しているのは「グレン」だけ。そして、補佐するのは怪しげな操縦ユニットが2つ
それでも超人的な反応速度と操作能力にて「シリウス」と戦う強攻型アクエリオン。
「・・・見損なったよグレン。そんな無粋な飛び道具で勝負とは」
戦闘マシーン「グレン」と「シリウス」の戦いは激しさを増します。ミサイル、銃撃といった飛び道具中心で戦う「グレン」に対し、剣での攻撃中心で戦う「シリウス」。
「麗花」の「止めて!」という叫び声が響く中、「グレン」の放った銃弾は堕天翅の羽根の力もあるのか、キノコ雲になるほどの破壊力を生み出しました。
辺り一面、溶岩の海のように変えながらも「ケルビムマーズ」の下半身を打ち砕いたその威力に「DEAVA」は衝撃を受けます。
※新世紀エヴァンゲリオンの第1話を思い出しました。使徒サキエルがN2地雷の直撃を受けたシーンとか。

そして、再度「シルヴィア」に響く兄「シリウス」の声
「シルヴィア・・・これでわかったろう、人がどれほど醜いか。彼らは勝つためには同類さえ見捨てる。天翅の遺伝子をもつ私たちは所詮、実験体でしかない。・・・おいで、シルヴィア。私の元へ」
紅く光り輝く「シルヴィア」のリストバンド。「ピエール」が異常に気がつき声をかける時には「DEAVA」内を照らすほどでした。
「お兄様ーっ!」
なんと強攻型ベクターオメガのコクピットへとテレポートチェンジする「シルヴィア」。
目の前で動かされる操縦桿につながれたラインを引きちぎり、自分自身の操縦で兄の筐体へと近づきます。
「シルヴィアさんが、強攻型ベクターマシンにテレポートしました!」
「ジュン」の報告を受けた「ジェローム」は「グレン」に非情な司令を与えます。
「シルヴィアをいかせるな!最悪の場合、撃墜しても構わん!」
「ひとつだったものが分けられ、それが元に戻ろうとする力・・・これほど強いものは他にはない」
この戦いを興味深く見つめる「聖天翅 頭翅(トーマ)」の言葉通り、「シルヴィア」は「シリウス」の元へ向かうのか・・・。

ベクターマシンの状態を狙われた「グレン」の機体はエンジンを負傷し「シリウス」の障害はなくなりました。
「・・・シルヴィア」「お兄様・・・」
共鳴する二人に割って入るのは、一筋の紅い光、そう「アポロ」その人
です。
「シルヴィアーっ!・・・行くな、俺はお前を絶対行かせない・・・緊急合体、ゴー、アクエリオン!」
強攻型ベクターマシンに搭乗した「シルヴィア」をヘッドに合体を行うアクエリオン。
「シリウス」が搭乗する下半身を失った「ケルビムマーズ」も天界より「ケルビム兵」を補給し、再度完全な形を取り戻します。
「聞け!シルヴィア。お前は私と戦うのか?戦えるのか?・・・私の元へ来るんだ、シルヴィア」
「シリウス」の呼びかけを食い止めたのは「アポロ」と「麗花」でした。
しかし、「麗花」の「戻ってきて」という呼びかけに「シリウス」は逆上し、堕天翅の力をより高めていきます。
その余波を受ける「シルヴィア」もまた、リストバンドの下に隠された羽根が表へと姿を現しました。
もはや隠すことのできない羽根、その姿に驚く「DEAVA」のメンバ達。
「・・・そんな、あのふたりが堕天翅なんて、聞いていないぞ・・・」

※「リーナ」のセリフではありませんが、「ジェローム」はどこまで聞かされていたのでしょうか。

シルヴィア・・・私とお前はこの世でたった二人の血を分けた兄妹。お前の片羽根と私の片羽根、あわせれば何でもできる。そう、飛ぶことだって。・・・おいで、シルヴィア、私の手を取るんだ。そして飛ぼう、遙かな空の高見へと・・・」
敬愛する兄の言葉にゆっくりと手を伸ばしていく「シルヴィア」。その右手を止めたのは、やはり「アポロ」でした。
空飛んで、人を見下して楽しいか・・・お前もシリウスと同じかよ、その程度なのかよ!」
お前に何ができる・・・飛ぶこともできない羽根無しごときに
「飛べなくたって・・・できるさ、夢を掴むことが!
「アポロ」の言葉に笑い出す「シリウス」。
君のような獣(けだもの)が夢を掴む。・・・とんだお笑いぐさだ。・・・さあ、シルヴィア・・・どうした、シルヴィア?
兄の言葉に唇を歪める「シルヴィア」。既に人を仲間とは思わず、天翅の立場から見下す兄は、「シルヴィア」の敬愛する「シリウス」とは違った存在になっていました。
「・・・わかったわ。今、わかった。私の、この翼の生えていない右手は、人と、大切な人と結ぶためにあるのよ!
予想もしない「シルヴィア」の言葉に再度確認する「シリウス」。しかし、彼女の決意は揺らぐものではありませんでした。
「いいのかい、飛べなくても?」
「・・・たとえ地を這おうとも」

「シルヴィア」が望んでいたのは人との共存。それを理解できない「シリウス」。もはや、彼に惹かれることはあっても、付き従うことは無いでしょう。がんばれ「シルヴィア」!

「この痛みをもたらした元凶を立つ!」
必殺の剣を突き出す「シリウス」の攻撃を上空へと飛びかわす「シルヴィア」。「アポロ」と「麗花」に協力を仰ぎ、兄との決戦に全力を注ぎます。
「だって、戦うためじゃないから。私たち兄妹がもう一度わかりあうために!・・・三位一体、悲しみの哀・天使剣!
「甘い!」と剣をはじき返す「シリウス」。しかし、「シルヴィア」は天翅の力宿る左手を伸ばし、思いの丈を剣へと込めます。天使の羽が生え「シルヴィア」の元へと戻ってくる剣。そして、その切っ先は今まさに「シルヴィア」を上段に切り裂こうとしていた「シリウス」の背中を貫くのでした
「・・・シルヴィア・・・いい技だ・・・」
「ケルビム兵」を捨て、天界へと戻っていく「シリウス」。ともかくも、この戦いには勝利できたのです。

そして、「DEAVA」では「ジュン」が「シルヴィア」とテレポートチェンジした操縦ユニットへと近づきます。
「無人システム・・・こ、これは」
開いた操縦ユニットの中にあるのは「堕天翅の羽根」
「あの堕天使の子供の羽根じゃないか・・・」
「人は皆、その時最良と思う道を選ぶ。だがそれは多くの場合、愚かな選択となる。・・・そこに、人の悲しみがある」

最後の司令「不動」の言葉が悲しく突き刺さります。「DEAVA」上層部も人類を救うための最良の手段として「グレン」の処置を実行したのでしょう
皆が皆、最良の手段を取ったとしても、その選択が正しいとは限らない。本当、悲しいことです。(T_T)。

|

« うえきの法則_TV23 | トップページ | ガン×ソード_TV10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/5818570

この記事へのトラックバック一覧です: 創聖のアクエリオン_TV23:

» 創聖のアクエリオン#23「翼、儚く」感想 [CODY スピリッツ!]
最近、電波ポエムを見つけてしまった全国のアクエリオンファンの皆様、さっそく感想はくるくる回る、くるくるくるくる、くるくるくー! [続きを読む]

受信: 2005.09.07 02:34

» 創聖のアクエリオン ♯23話 【翼、儚く】 [紅鏡の鑑]
━━━前回までのあらすじ的なもの━━━ 自分ヒトリだけハーフ堕天翅は寂しいので、突然「最愛の妹よ!」とか叫ぶお兄ちゃん。 そこに【空気・オブ・ジ・イヤー】ことグレン登場w 【強行型アクエリオーン!!】 なんだよ、カッコイイじゃないですか。畜生。火器を積みま...... [続きを読む]

受信: 2005.09.07 21:31

» 夢×儚×哀天翅◆創聖のアクエリオン#23◆ [蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ]
かなり熱いバトル展開でした。 強硬型アクエリオンVS半アクエリオン 一世一代の大バトルでした。 [続きを読む]

受信: 2005.09.07 23:01

» アクエリオン23話感想 [月の砂漠のあしあと]
  創聖のアクエリオン Vol.3  これが16話くらいでシリウスの裏切り展開(誰もが予想していたとはいえ)にもっと納得できていれば、大いに盛り上がったに違いない今回のアクエリオン。  久々になんか司令が輝いてたように思います。冒頭のアポロへの漢字抗議や人....... [続きを読む]

受信: 2005.09.08 05:48

» 創聖のアクエリオン [好きなものを好きと言える幸福]
第話 翼、儚く アバン、夢を語る不動。この頃のアポロに夢はあったのか?それを掴 [続きを読む]

受信: 2005.09.08 14:46

» 創聖のアクエリオン 第23話 「翼、儚く」 [PAWA-TYPE]
先週の続きから。 亜種エリオンVS亜種エリオン かつての友シリウスとグレンのバトル。 最近は新必殺技よりも新たな亜種エリオン登場に期待してたりします。 [続きを読む]

受信: 2005.09.09 02:52

« うえきの法則_TV23 | トップページ | ガン×ソード_TV10 »