« うえきの法則_TV30 | トップページ | 0510アニメ視聴中 »

ガン×ソード_TV17

ep.XVII「座標Xを追え」

「広橋涼」の声で~、サン、ハイ、「なんだこれ!」。うわぁ・・・書きづらい話だなぁ。(T_T)。
というわけで、今日は少なめです。

オープニングから新キャラ(?)登場。彼の名前は「パリカール」。馬かロバか、ともかく今回の影の主役。
彼の背中に乗り、ようやく待ち合わせの場所まであと少しまで来た「ヴァン」と「ウェンディ」。彼らはそこで懐かしくも強力なキャラクターと合流することになります。
「ようこそ、アミーゴ」
そう、「パリカール」を手のひらに乗せた巨大なロボの正体は「エルドラV」。
搭乗するのは「ネロ」に「ホセ」。そして、彼らに案内された「ホバーベース」には他にも見知った顔があちらこちらに・・・。
「ネロ」「ホセ」「バリヨ」「カルロス」、そして「ユキコ」といった「ピンクアミーゴ」に、復活した「ジョシュア」。さらには追いかけてきた「ホバーベース」の持ち主「プリシラ」。最後に合流する予定であった「カルメン99」。
「おい・・・勢揃いだよ」

「ヴァン」の言葉通り、一気に大所帯となってしまった対「カギ爪の男」チーム。とにもかくにも解析結果である目標地点「座標X」へと「ホバーベース」を進めます。
「・・・あとの問題は、この座標に行く方法と補充物資を購入するための資金調達」

「カルメン99」はそれらを解決するために「ミズーギィ」の町の青年団団長「マンソン(声は「関智一」ファンです!)」からの仕事を受けると言います。
「あの座標はミズーギィの近く、海を指しているのよ」
「カルメン99」の言葉を受けて「マンソン」は話を進めます。
「そして、そこに行くには港を通るしかないのですが、その周辺は・・・水着女王キャサリン・ナカタによって支配されてしまっているのです。・・・女王は港にあった鉄工所を占拠し、プライベートな王国をつくっているのです」
彼の依頼は「被害者を出さずに女王を捕まえて港を解放する」こと。
※ここまでは普通の話だったのですが・・・いや、「水着女王キャサリン・ナカタ」あたりからおかしいかも。

力ずくによる突破を提案する「ヴァン」に対して「カルメン99」の答えは「被害者が出るからNO」。かくして男子禁制の秘密の花園(?)に挑むのは「ウェンディ」「カルメン99」「プリシラ」「ユキコ」の麗しき美女4人。
ここで再び「パリカール」が登場・・・あれれ、何か吹き出しが出ていますよ。
「まもなく演出意図による自主規制が始まります・・・」
※かくして、「自主規制」という名前の突飛な演出が幕を開けるのでした。(^^;)。

「ミズーギィ、ミズーギィ、ミズーギィ・・・ミズーギィ王国へ何の用~」
怪しげな入国をなんとかパスした4名。ここでの服装は水着のみ可ですから、各々ボディスタイルに見合った水着を選択することに。
「・・・でも、小さいのばっかりなんですけど」
「ウェンディ」の言葉通り、彼女たちには小さな水着ばかりが並ぶ「ミズーギィ」の更衣室。ところがその素材は超伸縮性に優れたもの。いずれも彼女たちのスタイルにジャストフィットします。
「でも、これ、なんか変なところが小さくって・・・きゃっ」

手を離すとすぐに食い込む水着に頬を染める「ウェンディ」。しかし、他の3名は落ち着いたものです。
※大活躍の「パリカール」。おかげでエッチなシーンがギャグシーンに。・・・もちろん、演出なのですが。(^^;)。

ようやく目的の水着女王「キャサリン」に会うことができた「カルメン99」達。しかし、女王への距離は遠く、捕まえることはできそうにありません。
「うちに必要なのは(金属繊維の)スペシャリストか、スポーツウーマン。知識がないのなら、明日体力テストを受けてもらうわ。・・・あなた達の代表が、入国管理官のメリアンより先にゴールしたら合格よ。その時には私が直々に専用の水着を渡して差し上げるわ」
目の前の巨大プールに広がったのは、「ドキッ!女だらけの水着大会!・・・ポロリもあるよ」に出てきそうな水上障害物競走のコース。どうやら女王に至近距離で会うためには、このレースで勝利する必要がありそうです。
一方その頃、ひとりシリアス路線を貫く「レイ」は弟「ジョシュア」の持ち物につけていた発信器を追って、すぐ近くの地下深くを「ヴォルケイン」にて乗り付けていました。
※流石にこのおちゃらけた雰囲気に「レイ」は似合いませんからね。「ヴァン」も似合いませんが、今回は出番なさそうですし。

さて、通常であれば運動神経が抜群な「プリシラ」か「カルメン99」がレースに挑むところですが、ちょっとした事情のため、なんと「ウェンディ」が挑戦することに。
「あの競技、水泳があって・・・私たち、泳げません」
「えぇ~っ!!」

※まあ、お約束・・・かも。頑張れ、「ウェンディ」。(^_^)。

完全に女性陣に出番を奪われた形の「ヴァン」達男性陣。唯一、依頼主である「マンソン」は、何やら「キャサリン」と因縁がありそう。
「・・・私たちは・・・夫婦でした。・・・私たちは汎用性の高い金属繊維を開発していました。彼女の才能は素晴らしかった。鉄道で金属疲労を試し、深海で強度を確認し・・・ついに、ブリッジシティの協力を得て、念願の完全衣服の製造に取りかかったのですが・・・なんということでしょう。こと、男の下着に関する限り、彼女のデザインは悪趣味だったのです。私は正直に告げた。『おいおい、そんな下着は地獄のディナーショーでもはけないよ』。彼女は怒った・・・私はファクトリーから追放され、彼女はすべての男を憎むようになり、ファクトリーを女性だけの水着王国と変えたのです
※後ろに「バロン」市長のヒゲ姿が・・・。なるほど、あのヒゲは金属繊維だったのか (違!?

意外なことに少しだけ本題に絡んでくる「キャサリン」。どうやら「カギ爪の男」関係の仕事を「ファサリナ」を通して受けていたようです。
「ご注文の品よ。強度、伸縮性、厚さ・・・すべてクリアしたわ。サンプルや図面を船に積んでおくから、あとはそちらでカスタムしてちょうだい」
「ありがとうございます。これで、私たちの夢も最終段階に入れます
「夢・・・ねぇ。まあいいわ、ビジネスだし」
どうやら「鎧」に乗るためのスーツの材料っぽいですが、詳しいことは不明です。その材料の箱には以下のように記述がありました。
Impregnable Armor Stock
Material adapted to function in any environment.
A.k.a., experimental prototype to test feasibility of further development and application of said stock.

※誰か暇な人は訳してみると良いかもしれません。意外とこういうところにヒントが隠されている・・・かも。

さて、肝心なレースですが、文章で書いても面白くはありません。詳しくはキャプチャ系のサイトでも見て頂きたいのですが、「カメオ」の意外な活躍と、「ウェンディ」の・・・未発達なプロポーションが勝利に大きく貢献したことだけを記述しておきます。(^_^)。
そして、舞台の裏側では「カルメン99」と「ファサリナ」による第二次決戦(結果は引き分け)が行われたり、「レイ」による水着王国崩壊が行われたりと色々あり、結果「キャサリン」は「マンソン」と復縁することができました。
「ヴァンさん・・・こういうのをハッピーエンドというのでしょうか」
「ああ、終わりだよ

この回はDVDを見たくなりましたよ。いや、けっして「自主規制」の向こう側が見たい・・・のもありますが、あれが無くなったとき、この話は超エッチに向かうのか、やっぱりギャグに向かうのか知りたくなりました。

Turn in next time for more action and adventure! Are you ready?

|

« うえきの法則_TV30 | トップページ | 0510アニメ視聴中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/6583730

この記事へのトラックバック一覧です: ガン×ソード_TV17:

» ガン×ソード 第17話 「Episode.17 座標Xを追え」 [ざむちゃんがだいありー]
なぜか先週の放送のときより今週の放送のときのほうが電流がスゴイ。 今週はつっこみどころ満載ですね(´・ω・`) ロバは規制じゃなくてネタ要素でつけたと思うからDVDでも消さないでほしい。 つうかロバが消えたら17話クソにしか思えん・・・ カイジのヨロイの素材提供したのはカギ爪じゃなかったのか。 ちょwwww何で気づかないウェンディwww つうかなんだこれwwwwホバーベースってwwwとととtyyっちょとttwwww なにこの高速コンボwwww ... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 03:40

» 挟んでるよ!ファサリナさん挟んでるよ!!(;゚∀゚)=3ハァハァ ガンソード [趣味実況]
ガン×ソード 第17話 「座標Xを追え」 ロバさんがとってもかわいかったです(嘘  (cv.千○紗子で) 実況民がロバ嫌いになった深夜2時 [続きを読む]

受信: 2005.10.26 23:36

« うえきの法則_TV30 | トップページ | 0510アニメ視聴中 »