« 舞-乙HiME_TV01 | トップページ | うえきの法則_TV28 »

ツバサ・クロニクル_TV25

第25話「究極のゲーム」

2005年も秋を迎え、新番組が次々と始まりつつあります。心ときめくはずの季節に、終演の風ひとつあり。そう、「ツバサ・クロニクル」は来週でひとまずの幕を閉じるのです。(T_T)。

「イの一の鬼児」である「織葉」と「星史郎」との対峙。睨み合いが続くふたりの時間を動かしたのは、「サクラの羽」でした。一瞬、収縮を見せると放電を始め、世界へと干渉するその力。仮想現実の店やオブジェクトが次々と現実世界に登場し、世界を壊してゆきます。
「羽の力が暴走して、仮想世界が実体化しているんです」
「小狼」の言葉にまだ事態を理解できない「黒鋼」。彼は「桜都国」が仮想世界であることを、この時点では知りませんでした。
「やっぱり、あなたはその力を完全には制御できないようね・・・」
「織葉」の言葉をあっさりと肯定する「星史郎」。

※やはり嘘がつけない「星史郎」。正直者です。(^^;)。

一方、飛ばされてきた喫茶「猫の目」の看板に「サクラ」との想い出を感じた「小狼」は「黒鋼」の「どうするんだ」との問いに「星史郎」との戦いを決意しました。
「・・・姫の羽を取り戻してきます」
走り去る「小狼」の援護を行うために近づきつつある「龍王」達。しかし、その足を「黒鋼」が止めます。
「動くな・・・小僧のためを思うなら、じっとしていろ」

※これは「小狼」個人の戦いだということでしょうか。たとえどんな結果になろうとも、それは彼が選んだ道だからと。

「織葉」と「星史郎」の会話から、「織葉」からもたらされた情報が嘘であると気がついた「ファイ」。その言葉に「黒鋼」は「どうしてそんな嘘をつく」と問います。
「ゲームを面白くするために、誤った情報をわざと与えていたのです・・・そんな細かい対話は、NPCではできませんから」
その理由を語る「千歳」。そして「NPC」についての捕捉を行う「譲刃」達。
 【NPCとPC】
  ・NPC:「ノンプレイヤーキャラクター」の略称。コンピュータが演じるキャラクター。
   「鬼児」「なんでもやる課」「すもも」など。
  ・PC:「プレイヤーキャラクター」の略称。人が演じるキャラクター。
   「龍王」「蘇摩」「譲刃」「草薙」など。
「そういや、小僧が言っていたな・・・鬼児は生きている物の気配がないのに襲ってくる・・・」
※はて・・・「黒鋼」ともあろう人が、「小狼」が気がついていた気配の差に気がつかないとも思えませんが

戦うことなく、情報の収集に努める「星史郎」。
「現実世界と同じ姿をしていますか」->「NO」
「永遠の命を与えられるのですか」->「YES」

それらの答えからでは、彼が求める「吸血鬼」が「織葉」だとは断定ができません。そのため、いよいよ質問は核心をついた物に変わります。
「回りくどい質問は止めましょう。・・・あなたの本当の名前は・・・昴・・・ですか?
「・・・違うわ」
※「同じ姿ではない」から「見た目では判断できず」、「永遠の命を与えられる」から「能力でも判断できず」。というわけで、最後の質問に。

「実は・・・彼女は私と同じように、このパークのシステムを作ったひとりなのです」
「千歳」の言葉によれば「織葉」はシステム管理者の一人・・・ただの人間だといいます。
「じゃあ、永遠の命を与える・・・というのは
ゲーム世界の中で、彼女を倒した者は、以後、何があっても死なないという特権を与えられる・・・そのことを意味します」
「ファイ」の質問にも整合性のある回答を行う「千歳」。どうやらその言葉に間違いがないと判断した「ファイ」は、今回の事件は「星史郎」の勘違いが原因だと看破しました。
「なるほど・・・星史郎さんって人は、その力を自分が探している者の力と考えたんだね」
※通常は「ゲーム世界の不死」と思いますが、「昴」という存在は「現実の不死」を与えることが可能な「吸血鬼」。だからこそ「星史郎」にとって無視できない事態だった・・・と。

「では、双子の吸血鬼について、何か知っていますか?
「星史郎」の最後の問いも、やはり回答は「NO」でした。
「・・・今回も違いましたか・・・ふたりが居ないのなら長居は無用です」
落胆とも安堵ともつかない表情で淡々と結果だけを確認する「星史郎」。そのまま「エドニス国」を立ち去ろうとします。
「・・・僕が立ち去れば、ほどなく異変は収まります。・・・実体化した鬼児達はそのまま残るでしょうが・・・ここには、彼が居ますから」
その言葉を「星史郎」が発したとき、背後から彼を呼ぶ声が聞こえました。もちろん、その声の持ち主は「小狼」。
「星史郎さん・・・俺は、その羽を探して旅をしているんです。・・・俺の大切な人の、とても大切なものです」
見つめ合う師弟。その目に決意を感じた「星史郎」は、「小狼」との戦いを予感します。
「・・・まだ未熟な俺には、この剣は扱いきれない。・・・抜かないままでは万に一つの勝ち目もない。だから・・・わずかな可能性でもあるのなら、それに賭けます」
一度「黒鋼」に目をやった「小狼」。そしてその手は「緋炎」の鞘に手をかけ、一気に炎の刃を抜き取ります。特攻する「小狼」の刃を難なくかわす「星史郎」。
きっと君は、もっと強くなる。これから様々な出来事を経て、もっともっと・・・その先にある事実がたとえ望むものでなくても、その強さが君を支え、導く・・・」
そう語った彼の右目は一瞬、蒼く輝きました。そして、魔法陣が出現し、異世界への扉を開く「星史郎」
「小狼がこれを探しているのなら、きっと再び出会えるだろう・・・じゃあ、また、小狼
懸命に伸ばした「小狼」の手、しかし、あと一歩というところで、「羽」を掴むことはできませんでした。
※まだまだ相手にはなりませんね・・・まあ、楽しみはあとに取っておきましょう・・・って来週で終わりですが!(T_T)。それにしても「その先にある事実が望むものでなくても」とは、不吉な言葉を残して行きますね~。

異世界へと旅だった「星史郎」。彼の置きみやげ・・・というわけではありませんが、「サクラの羽」はその力を一部、この世界に残していったのです。
「・・・あの子が次元を越えた影響で強さを増してしまっている・・・あの光が消えるまで鬼児達は活動を続ける」
「織葉」の言葉通り、「フェアリーパーク」内を破壊し始める「鬼児」達。
「俺が何とかします」

再び「緋炎」を抜いた「小狼」、そして「龍王」達「鬼児狩り」や「黒鋼」もその刃を鞘から抜き去ります。彼らを止めようとする「千歳」でしたが、「黒鋼」の文句に返す言葉もありません。
「・・・たとえ夢の世界であれ、俺たちは命をはって戦ってきた。てめえにその覚悟はあるのか?・・・命をはって生きてない奴に、人の生き死にを扱う資格はねぇ、たとえそれが夢の世界でも・・・だ
その言葉通り、命をはって「鬼児」と戦う「小狼」や「黒鋼」達。危ないからと場を離された「サクラ」に「織葉」は「彼にとってあなたの存在は非常に大きいもの」だと告げます。
そして、「・・・あなたもそうなのよね。あの子がそうであるように、あなたもあの子の事を・・・」とも。
※まあ、見ていればラブラブなのはわかりますがね・・・そういう次元の話ではないって?済みません。(^^;)。

「星史郎さんっていう人は、羽の力で仮想現実を実体化させたけれど、たとえ実体が無くたって、現実に存在するものはたくさんあるわ・・・歌・・・物語・・・過去の記憶もね
「織葉」の言葉に共感する「サクラ」(・・・そして「飛王」(笑 )、「譲刃」、「龍王」・・・
「・・・ゲームの世界だけど・・・俺たちが過ごした時間は現実なんだ」by「龍王」
「俺たちが・・・私たちが・・・出会ったことも」by「蘇摩」&「草薙」
「私とにゃんこさんが・・・お友達になったことも」by「譲刃」
「俺とわんこの、約束も」by「龍王」
※リアルな世界で感じることだけがリアルではなく、ネットの世界や、もしかしたら夢の世界の体験でさえも、リアルな体験なのかもしれませんね。(^_^)。

仮想現実にて鍛えられた彼らの腕は、現実の世界でも十分に「鬼児」に通用するものでした。
危なげなく勝利した「小狼」達に合流する「サクラ」。そして、光り輝き始める「モコナ」。
「・・・もう、この国とお別れかも」
「ファイ」の言葉通り、別次元への転送ゲートを開き始める「モコナ」、そして、それに導かれる「小狼」や「サクラ」達。
「ちっこいにゃんこさん!」
せっかく友達になったのに・・・別れを感じた「譲刃」の言葉に「サクラ」は自分の本当の名前を伝えます。
「私、サクラ・・・本当は、サクラっていうの」
「元気でね、サクラ」※敬礼する「譲刃」が可愛い。(^_^)。
そして、「龍王」も「小狼」に本当の名前を尋ねます。
「お前も教えてくれ、本当の名前!」
「小狼っていうんだ、本当の名前・・・また会えるかはわからない、でも・・・あきらめない、強くなる、もっと!
そうして彼らは別の世界へと旅だってゆきました。寂しいけれど、もう会うことはできないかもしれないけれど、その出会いはリアルだったのです。
※そして、紡ぎ上げた絆(きずな)も・・・また

「今回も予測とは、ほど遠い結末ね」
謎の世界から今回の一件を見ていた「星火」の言葉に、「飛王」はそうでもないと返します。
「しかし、羽根は彼らには渡らなかった。・・・羽根の所在がひとつ明らかになっただけでも、私は十分に満足だ」
その言葉に納得できないのか、自らの行動を示唆する「星火」。
「・・・次の一手は、この私が・・・」

※ら、来週で終わりですけど~!はっ、それとも・・・「ツバサ・クロニクル」第2シーズンへの布石・・・!?

ああ、原作連載中マンガのアニメ化の切なさよ・・・来週、どういった形で終焉を迎えるのかはわかりませんが、せめて、美しく(笑

|

« 舞-乙HiME_TV01 | トップページ | うえきの法則_TV28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/6329239

この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル_TV25:

» ツバサ・クロニクル [好きなものを好きと言える幸福]
第25話 究極のゲーム サクラの羽根の力が暴走し出し、桜花国は大変な事に。星史郎 [続きを読む]

受信: 2005.10.10 03:09

» 『ツバサ・クロニクル』 #25A [オコタマイマイ週記]
<font size="+2"><b>第25話</b> 「究極の<font color="#6699FF">ゲーム</font>」</font>前半  今回は、いきなり次の世界に移動する羽目になりましたね。 フェアリパークの外も見たかったのに……。(--; <font size="+2" color="#FF99CC"..... [続きを読む]

受信: 2005.10.10 10:06

» ツバサ・クロニクル第25話 「究極のゲーム」 [モコナ=モドキのお口の中]
←クリックよろしくお願いします!  25話 「究極のゲーム」 羽根の力で、桜都国が現実に! そして・・・イの一の鬼児。それは白詰草の織葉だった! 星史郎は羽根を利用して、織葉を導き出した。するといきなり羽根の力が暴走!!! 桜の木や、建物など、そして猫の目・・・・仮想世界だった桜都国の建物までもが現実化! 星史郎では羽根の力を制御できない。 それを織葉は知っていた�... [続きを読む]

受信: 2005.10.11 02:56

» ツバサ・クロニクル 第25話 [+ SERAらく日記 +]
第25話 「究極のゲーム」  昴流でなかった(TT;) 先週の予告はズルイと思います^^; 星史郎が羽根の力でゲーム世界『桜都国』を実体化させる。 人に永遠の命を与えるイの一の鬼児を引き出すために・・・ イの一の鬼児、それはクローバーの織葉だった。 一人、星史郎のいる場所に急ぐ小狼。 龍王たちも後を追おうとするが、黒鋼が止める。 「動くな! 小僧のためを思うなら、じっとしてろ」 織葉の本当の名を聞く星史郎。その名は彼の探す者の名なのか・・・ 「あなたの本当の名前は、... [続きを読む]

受信: 2005.10.11 20:38

» ツバサクロニクル 第25話★ 「究極のゲーム」 [★☆★Starry Eyes★☆★]
↑ワンクリックで応援おねがいっっ★ さてさて、仮想現実が現実のものとなり、イの一の鬼児、織葉がついに姿を現した前回。 今回は。。 次々と桜都国の建物や桜の木が不自然な形で出現するフェアリーパーク。 織葉  「やっぱり、あなたはその力を完全には制御でき..... [続きを読む]

受信: 2005.10.12 22:17

« 舞-乙HiME_TV01 | トップページ | うえきの法則_TV28 »