« うえきの法則_TV41 | トップページ | うえきの法則_TV42 »

舞-乙HiME_TV14

第14話「オトメのS・O・S」

ほんの少しずつですが、暗い雰囲気も漂いつつある「舞-乙HiME」。ここは明るさ爆発!主役の「アリカ・ユメミヤ」に打破して頂きたいところ。・・・しかし、彼女も目下「不治の病」と格闘中。この物語、どう展開していくのでしょうか・・・。

半世紀ぶりの・・・王に仕えるマイスター同士の戦闘。いずれ広まれば、民心の動揺は大きいでしょう。その前に対策を講じることこそ、我らが審議会の使命
前回の最後に勃発した「オトメ」同志の激しい戦闘。幸いにも大事には至っていませんが、その破壊力は大戦時の黒き歴史を思い起こさせます。「ナツキ・クルーガー」は審議会を開催し、今回の発生国「ロムルス」と「レムス」に自重を求めますが・・・。
---
「聞いた?ルーティシア連合王国で・・・」
さっそく「ガルデローベ」の生徒達にも「噂」という名前の真実の情報が伝わってきました。

「・・・あのふたりが可哀想。ヤヨイさんがロムルスで、ミーヤさんがレムスの出身。・・・辛いわよね、これでは
※「ガルデローベ」内では「ヤヨイ・オールター」と「ミーヤ・クロシェット」が関係国出身のオトメ。「マリア・グレイスバート」の言うとおり、こういう事態が起こりうるのが「オトメ」の宿命ではありますが、それでもやはり、辛く悲しいことです。(T_T)。

国の代表として「ガルデローベ」で学んでいるわけではなく、辺境出身で「オトメ」同士の戦闘の意味もよくわからない「アリカ」。今回の戦いは「よくあるケンカのようなものじゃない」と発言してしまい「ミーヤ」の激しい怒りをぶつけられてしまいます。落ち込む「アリカ」を励ます「イリーナ・ウッズ」ですが、「ニナ・ウォン」は「アリカ」が悪いと発言し、彼女にこう諭しました。
「・・・地域紛争とはいえ、マイスター同士の戦闘。軽々しくケンカに例えられるようなものじゃないわ。・・・ねえアリカ、最近特に変よ。・・・何かあった?
顔を上げる「アリカ」ですが、その視線の先には「ニナ」が持っているペンダントが映ります。まさか「セルゲイ・ウォン」に恋しているとは言えない「アリカ」は「・・・なんでもない」と返すのがせいぜい。
元気がなく簡単に人を傷つける発言をしてしまう。今の「アリカ」は「らしくない」ですね。・・・とはいえすぐに打開策がある状況ではないのが辛いところ。

現在審議会を開催している「ガルデローベ」、紛争への関与を疑われた「アルタイ公国」、正義のオトメ「ハルカ・アーミテージ」が所属する「エアリーズ共和国」、「ミドリ」達「アスワド」と手を組んだ「カルデア王国」・・・それぞれの思惑で今回の事件を受け止める国々。騒動ごとには目がない「マシロ」女王の国「ヴィントブルーム王国」も介入決定か・・・と思いきや。
「・・・マシロ様。内務省から緊急対策会議にご出席頂きたいと」
「アオイ・セノー」の呼びかけにもベッドから出ようとしない「マシロ」。彼女が見つめる先には「ジパング」の王子「鴇羽巧海頭忠頼」より頂いた誕生日を祝う一輪の花が、枯れかけながらも差してあります。
「異国の争いなど知ったことか。・・・わらわはどうせ無能な女王なのじゃ。大臣達に告げよ。そなた達の好きにすればよいと。・・・どうせ、誰もわらわに期待などしておらんのじゃ
そして、彼女の言葉の間にもひとつの花弁が、はらりと床へと落ちていきました。
※もしも「巧海」に好意を抱いたのであれば、この花を大切にするよりも、彼の言葉「良い女王になってください」を大切に思い、実行して欲しいのですが・・・。

「・・・これは、先日ルーティシア。・・・ロムルス、レムス国境付近で行われた運用実験です
紛争地にて撮影された映像を説明する「ジョン・スミス」と、聞き入る「ナギ・ダイ・アルタイ」。そこには空中より多量に投下される「スレイブ」が映し出されていました。
「へぇ・・・さすが移民歴以前の科学力だね。たいした化け物だ。・・・これなら本気で仕掛けてみてもいいかな
「ナギ」の言葉に「準備は整っています」と回答する「ジョン・スミス」。
「・・・ですが殿下、その際はお約束の件・・・お忘れなきよう
「わかっているよ。今頃セルゲイにも連絡が行っているはずさ。今回の仕掛けの全てを伝える・・・。楽しくなりそうだ」
※相変わらず仕掛けるのが得意な「ナギ」。彼からの手紙を読んだ「セルゲイ」は何を感じるか。・・・それが物語のキーとなりそうです。(^_^;)。

涙を浮かべながらひとり佇む「アリカ」。彼女は握りしめた「蒼天の聖玉」をもう一度しっかりと見つめます。彼女の頭に響いてくるのは「ガルデローベ」へ入学した際の「ナツキ」の言葉。
---
「・・・恋を諦め、女としての幸福を捨て、主のために命を賭ける・・・それがオトメになるということだ。君に・・・その覚悟はあるか」
---
あのとき「はい」と即答した「アリカ」。今でもその答えは変わっていません。ただ、先日の「アカネ・ソワール」の一件、「シズル」の「何が一番大切か、それを決めるのは自分だけ」という言葉が彼女に別の可能性を、別の夢を提示します。
あたしは、なるの絶対・・・絶対・・・オトメに・・・。やだ、こんなの・・・どうしてあたし・・・」
自然とあふれ出て、止まらない涙。自分の思いに嘘をつき、否定をしているのか・・・。涙をぬぐう「アリカ」に「エルスティン・ホー」が声をかけてきます。
「恋、しちゃったんだね。・・・ウォン少佐に」

その言葉を必死で否定する「アリカ」ですが、流れ出る涙が彼女の本当の気持ちを露わにしていきます。その姿を見て、無言で優しく抱きかかえる「エルス」。
「・・・こんなの・・・あたしじゃない・・・。ばっちゃも教えてくれなかった。・・・こんなのいやだよ」
「エルス」は「アリカ」の髪を撫でながら、かつて「アリカ」が聞かせてくれた子守歌を優しく歌い上げるのでした。
※「ばっちゃ」でも「恋」について教えることはできなかったのですね。誰に習うわけでもないのに、人は「恋」に出会ってしまう・・・まさしく「不治の病」かも。

ようやく落ち着いた「アリカ」に、いつも大事にしているアクセサリについて問い尋ねる「エルス」。「アリカ」としては秘密にしているつもりだった母の形見ですが、実は周囲にはバレバレでした。
「これ、蒼天の聖玉っていうんだって
照れながらもアクセサリを持ち上げる「アリカ」。その言葉に「エルス」は得心したように頷きます。
「やっぱり。・・・それって、ヴィントブルームの前の王様に仕えた、レナお姉様のものだよね。・・・すごく有名なオトメだよ」
※いよいよ明らかにされた「アリカ」の母(だと思っている人物)の名前。「セルゲイ」の持っていた写真にあった「Rena」という名前とやはり結びつきましたね

その頃、調査に派遣されていた「シズル・ヴィオーラ」はひとつの証拠に辿り着いていました。明らかに「オトメ」とは違う、何か重い物体が動き回った跡。さらに調査を進める「シズル」の背後へと立ったひとりの女性は、その正体をあっさりと言い当てました。
「スレイブです。・・・今まで出現していた劣化コピーとは違う、チャイルドにより近いものです」

謎の女性「ミユ」の出現に驚きながらも、表情ひとつ表さない「シズル」。敵か味方か・・・判断に戸惑いながら、ゆっくりと彼女の方へと振り返ります。
「うしろ取るのは好きどすけど、とられたのは初めてどすわ。・・・どなたさんどす?」
「・・・封じられたはずの黒い力が動き始めています。注意しなさい・・・嬌嫣の紫水晶」
「シズル」の質問には答えず、自分の言いたいことだけを伝えて去っていった「ミユ」。その俊敏な動きに「アスワドの頭領はんといい・・・」と言いながらも、ちょっとだけ嬉しそうな「シズル」でした。
※「オトメ」としての最強はやはり五柱。その「シズル」をしても手強いと感じさせる「ミユ(サイボーグ技術)」と「ミドリ(移民歴以前の科学力)」。流石です。

「ナギ」からの手紙を丸めて燃やす「セルゲイ」。そこに書かれた真実に気分が悪くなった彼はバーで、やけ酒をあおります。そこへ尋ねてくる情報屋。
「珍しいな。あんたのそんな飲みっぷりは。・・・見つけたぞ。15年前の事件を知る宮廷女官の生き残りを
---
そこは働けない者達が住む貧民街。「ヴィントブルーム王国」の市内の一角に、求める宮廷女官はいました。
「・・・なんだって?」
「そうです。間違いありません。・・・レナ様はご自分の子供を私の同僚に託すと、王家の守り・・・蒼天の聖玉のペンダントを姫様の首にかけて城を出られたのです。・・・蒼天の聖玉を持つお方こそ、このヴィントブルームの真の女王陛下なのです
※予想通りといいますか「アリカ」が「ヴィントブルーム王国」の女王陛下との情報。もう少し引っ張るかと思いましたが、意外とあっさり視聴者にばらしましたね。あとは「セルゲイ」がこの情報をどう扱うか。「ナギ」に報告すると、また悪巧みに使われそうですが・・・。

「・・・もう落ち着いた?」
優しい声で「ミーヤ」を呼び止める「トモエ・マルグリット」。彼女は黒い微笑みを浮かべながら「ミーヤ」にひとつのお願いをしますが・・・。
---
レナお姉様っていうのはね、歴代の記録に残るくらい凄い成績でマイスターになったんだって。・・・それでヴィントブルーム王家に伝わる、その蒼天の聖玉を継承して10年近くかな・・・マイスターとしてお勤めしてたんだけど、ある日突然、彼女は貴石を外す決心をしたんだって。・・・好きな人と結ばれるため
「エルス」の言葉に真剣に耳を傾ける「アリカ」。自分の母かも知れない「レナ」は今どうしているのか?
「それで、今はどこにいるの?」」
15年前・・・お城に賊が侵入する事件があって。・・・その時、マシロ様とほとんど同じ頃に産まれた自分の赤ちゃんとともに行方不明に。・・・ミスマリアが昔、話してくれたんだ。夢を叶えて、恋を手に入れて、オトメとして・・・ううん、ひとりの女として凄く鮮やかに生きた人だった・・・て」
---
「エルス」の言葉、彼女に背中を押された「アリカ」は、自分の気持ちを確かめるため、深夜の市街を走っていきます。
『ばっちゃが言ってた。怖い時こそ前に進めって。・・・確かめなきゃ、あたしの本当の気持ち』
そこへ仕掛けられた罠。ロープにより宙づりへされた「アリカ」へ近づいてくる悪漢達。
「なあ、こいつ滅茶苦茶にしてやって・・・いいんだろう」
「ああ。オトメの資格を失うように・・・だってよ
一足早い、オトメの卒業式の始まりだ・・・

果たして「アリカ」の貞操は無事か?
悪意ある罠を仕掛けたものの正体は「トモエ」か?(・・・だとしても表に出るのは「ミーヤ」かなぁ。かわいそう)
憧れの女性の娘・・・と思っていたら「女王陛下」だった「アリカ」に「セルゲイ」は手を出すのか?
後半戦、動きが速くなってきましたよ。

|

« うえきの法則_TV41 | トップページ | うえきの法則_TV42 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/8158677

この記事へのトラックバック一覧です: 舞-乙HiME_TV14:

» 第14話「オトメのS・O・S」 [よろめく]
ヤヨイの出身国ロムルスとミーヤの出身国レムスでオトメ同士の衝突があった。 双方には致命的な損傷はなかったものの、いずれ広まれば大変な事態に……。 緊急審議会が行われ、学園内でもこの噂で持ち切りとなり、暗い空気が漂う。 <Aパート> ガルデローベには、メイクの授業なんてあるんですね! アリカは前回にも増して上の空。 アリカに化粧をされてるエルスの顔がとんでもないことに! 手鏡で自分の顔を見たエルスの「いやーん」が可愛くて萌え(´▽... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 20:12

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」 [LIV-徒然なるままに]
半世紀ぶりに起こったオトメ同士の戦闘に揺れる各国。 ついに流れは鬱展開へ?!(*´∀`*)ワクワク さぁ今週も張り切って舞乙14話感想いきまーす!! [続きを読む]

受信: 2006.01.14 20:23

» 舞-乙HiME 第14話 [蒼天にかかる橋]
アリカ恋煩い進行中! エルスの助言もあり少し、らしさが戻ってきた・・・のかな? でも、最後に乙女最大(?)の危機が オトメ同士の戦い、ナギとスミスの思惑など、きな臭さが 漂ってきた感があるよ。 ☆アバン☆ オトメ同士の戦闘が発生。 審議会も紛糾している模様。 ☆Aパート☆ 教室の話題はオトメ同士の戦闘に集中。 しかし、アリカは気もそぞろで、メイクもできてません。 (エルスの顔がすんごいこ�... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 21:57

» 舞-乙HiME 第14話 「オトメのS・O・S」 [Kimiteru's Blog]
舞-乙HiME第14話 周りは乙HiME同士の戦いによって揺れながらも、アリカの中では恋の問題でイッパイイッパイ。 なので不用意な発言も。 敏感に反応を示すミーヤの声の人があまり上手くないのは残念だ。 凹むアリカはエロスちゃんに慰められつつ蒼天の青玉の話に。 その傍らで企むトモエ。 やっぱ蒼天の青玉が目的なのかな? ナギのもっと壮大な企みもいよいよ成就か。 ってこっちの方は目的見えてないですけど。 そしてついにアリカが本当の姫だと言うことが明らかに。 そんなアリカはトモエ... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 22:58

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」 [現代視覚文化研究会「げんしけん」]
 【アリカ・ユメミヤ】の恋のバトルも終盤戦の第14話のストーリーは「突如湧き上がる国同士の不信感。ガルデローベの審議会でルーテシア・ロムルスとレムスの代表が激しく言い争っていた。互いに主張を譲らない両者。国境で起きた競り合いが、オトメ同士の戦闘にまで発展してしまったことに【ナツキ・クルーガー】は頭を痛める。世界情勢は緩やかながら、不穏な方向へと向かっていた。先日の【アカネ・ソワール】の件も相まって、ます... [続きを読む]

受信: 2006.01.15 00:17

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」 [ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜]
ついに来たか、超欝展開・・・。 2クール目に突入し、舞-乙HiMEも段々とシリアス路線に向かいつつありますね。 てか、アリカの貞操の危機なんてのは一番見たくなかった展開ですよ・・・。 舞-乙HiME 2 (2)吉野 弘幸 樋口 達人 佐藤 健悦 秋田書店 2006-01-10売り上げラン...... [続きを読む]

受信: 2006.01.15 13:18

» 今の二人の間に永遠は見えるのかな舞-乙HiME 14話『オトメのSOS』感想 [白薔薇 PunkRockerS]
冒頭からシリアスモード。なんか息苦しいぜー。と、思ってたら学園長、オイ。 「すまない、シズル。」 「シズルさんじゃなくてごめんなさい」 「あっ、・・・」 ・・・って、おいおいオイオイ! もうね、オレ、感動しちゃったよ!こうゆうやり方もあるのか!脚本書いた人に拍手! シズルとナツキは、 ×お互い信頼しあっている関係   じゃなくて ◎一緒にいるのが当たり前 というわけだね! ♪この幸せいつまで続くと悲しい祈り 昨日より少しでも君といたいだけ 夢... [続きを読む]

受信: 2006.01.16 13:08

» (アニメ感想) 舞-乙HiME 第14話 「オトメのS・O・S」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
舞-乙HiME 2 前回、いよいよ乙女同士の衝突があったというところで終わりましたがいよいよ始まるのでしょうか?鬱展開が・・・。もう少し、アリカのオバカっぷりを見ていたかったのですけどね。まあ、前作は終盤は激しく鬱だったので今回はもうちょっと明るい展開でもいい...... [続きを読む]

受信: 2006.01.17 23:02

» 舞-乙Hime 第14話 [オヤジもハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「オトメのS・O・S」   ナギの画策とアリカの秘密...  セルゲイは次々にカギを握ってゆく。   舞-乙HiME 2  以下詳細  *********** [続きを読む]

受信: 2006.01.19 08:04

» 舞-乙HIME 第14話『オトメのS・O・S』 [空にいる少女をさがして 〜the 1000th summer〜]
こんばんわ、 お待たせしました舞乙第14話のレビュです。 今回は思い切って確信に迫りましたね。 それではいってみましょう♪ ロムルスとレムスの国境付近でのオトメ同士の戦い。 これは半世紀ぶりの戦いになるという。 両国の言い分は「そっちが仕掛けてきたんでしょ」との事。 これにはナツキも困り顔。 平和の歯車が軋みだしているようです・・・ ほんといつまで引っ張っているんだか。 アリカは相変わらずです。 そんなんだから、「国(オトメ)同士の戦いを喧嘩みたいなもの」なんて言ってしまうんです。 ニナの言う... [続きを読む]

受信: 2006.01.20 12:45

» 第14話「次週予告でネタバレ」 [睡魔と戦うのって大変だ]
第14話【オトメのS・O・S】一回跳ぶと書くのが面倒になりますね  抑止力として働いてきたマイスター乙女の力がついに半世紀ぶりに衝突するという噂に学園内では、たいへんなようです  お互い同じ出身地同士で、お部屋係りを務める訳でないのに、自分が使えたパールの方... [続きを読む]

受信: 2006.01.26 01:30

« うえきの法則_TV41 | トップページ | うえきの法則_TV42 »