« うえきの法則_TV44 | トップページ | うえきの法則_TV45 »

舞-乙HiME_TV17

第17話「蒼の舞/想い、散るとき」

いよいよ本領を発揮(?)してきた「舞-乙HiME」。「鬱展開にいつかなる」と各種感想サイトで言われ続けてきた本作品の、あるいみ真骨頂かも知れません。心構えができていた分、「舞-HiME」より視聴者側に余裕はありますが、その分、制作サイドも強烈な展開を用意していそうな予感です。
でも、パラダイス回も好きなのだけれどなぁ・・・とちょっと思ったり。

「さあ始めましょうか・・・」
突如始まった戦闘・・・いや、戦争。「シュバルツ」の一員「ジョン・スミス」の一撃を合図として、「ヴィントブルーム王国」へ新開発の「スレイブ」達が大挙して侵攻を計ります。
「陛下、いったんガルデローベに退きます。領内での戦闘許可を。・・・五柱の弐、学園長たる我、ナツキ・クルーガー・・・御真祖様に願う。エマージェンシー・・・全ての僕にローブの展開を認められたし
事態の重要さをいち早く認識した「ナツキ・クルーガー」は五柱の権限を持って「真祖」システムを緊急作動させました。
【SYSTEM MESSAGE】
 FIVE COLUMS
 EMERGENCY CALL From No.2 Ice Silver Crystal
 乙-TYPE
 Highly-Advanced Materializing Equipment System
 [RELEASE ALL SAFETY]

彼女の言葉に「真祖」は反応。セーフティロックが解除され全ての「オトメ」が装備するGEMが赤く光り輝きます。
「ガルデローベの全生徒にローブ着用の認証を与える。来賓を護衛しつつ、各個・・・学園へ退避せよ!
その言葉に、2発目の光線兵器を「舞闘」会場へと叩きつける「ジョン・スミス」。明らかに狙いは「マシロ」「ナツキ」達V.IP。
---
なんとか「マシロ」と「ミコト」、「アオイ・セノー」を連れて城近くの森へと逃げ出すことに成功した「アリカ・ユメミヤ」。そこに「エルスティン・ホー」が現れますが、その表情は重く、暗いものでした。
※いきなりの急展開。「ナツキ」の判断により人的被害は最小限に抑えられそうですが、当然「ジョン・スミス」は(そして「ナギ」も)これくらい読んでいそうです。戦略レベルでは圧倒的に不利な状況をどう切り抜けるか?

「ガルデローベの技術は我らのものだ。シュバルツどもの好きにはさせん・・・」
混乱する市街に登場したのは「ミドリ」率いる「アスワド」。
目指す先は当然「ガルデローベ」。
---
一方「ニナ・ウォン」は父「セルゲイ・ウォン」から何らかの指令を受けて、「黄砂船」の港を目指します。
「頼むぞ。俺は他にやることがある。・・・お前は俺の娘だ。だがお前を育ててきたのは・・・ナギ殿下の、アルタイの為だ。頼むぞ、ニナ」
---
アリカはまだ戻っていないのだな。・・・陛下と一緒か。ならばまだ希望はある。・・・これより学園はオトメ拡散防止条約修正条項C、およびガルデローベ法典第21条に乗っ取り、防衛体制に入る」
「ナツキ」の宣言とともに防衛体制へと入る「ガルデローベ」。しかし「ジョン・スミス」の狙い通り、「アスワド」達が進入したことにより、事態は彼女の後手後手へと動いていきます。
※用意周到の「シュバルツ」。人員、規模ともにかつて所属していた「アスワド」を凌いでいそうです。このまま「ミドリ」達は利用されっぱなしで終わるのか?。(T_T)。

再びまみえた「ミドリ」率いる「アスワド」軍団VS「シズル」「ナツキ」の五柱2名!
「・・・貴様らを倒し、ガルデローベを貰い受ける!」
「いい覚悟だ。決着をつけてやる・・・マテリアライズ」
五柱相手に「愕天王」を呼び出し、自らもREMによるマテリアライズを行った「ミドリ」達による戦いが始まります。
「ミドリ」ちゃんノリノリだーっ!(^_^)。

「エルスちゃん、これからどうしよう」
「・・・・・・・・・とにかく、見つからないように行くしかないよね」
地下道を逃げる「アリカ」達。そのとき、何者かの気配を感じた「ミコト」が背後へと唸りかかります・・・が、前方より銃を構える男がひとり。
「動くなっ!」
拳銃を構える「セルゲイ」の姿に「何のつもり!?」と立ちふさがる「アリカ」。しかし、「セルゲイ」は躊躇なく拳銃を撃ちはなちます。
「・・・っ!」
そして倒れるふたりの男。そう銃口はあとをつけねらう「シュバルツ」へと放たれたものだったのです。
「さあ、急ごう」
※これであっさり敵に寝返っていたら「セルゲイ」恐るべし・・・ですが、やはり情にほだされたか、彼なりの考えがあるのか、とりあえず「マシロ」側に「セルゲイ」はついたようです。

激しい戦いを繰り広げる「アスワド」VS「五柱」。そのさなか「ジョン・スミス」は「ヴィントブルーム王城」の支柱へと巨大なカプセル状の機器を送り込みます。
「接続・・・完了しました」
「ヴィントブルーム王城」新シンボル先端に映し出される、ひとりの女性(レナ?)のシルエット。彼女の出現と呼応して鳴動を始める「真祖」システム。
「・・・こ、これは!?」
「ヨウコ・ヘレネ」の目前に浮かび上がった稲光は地下全体へと波及し、ついに「真祖」システムが崩壊を始めます。
「な・・・なに!?」
「ローブが・・・」
システムの崩壊と同時に霧散化していくナノマシン。「ナツキ」や「シズル」のマテリアライズが・・・解かれていきます。

※「真祖」システム崩壊時に一瞬、「フミ」のシルエットが見えました。あの機械の中に彼女が封じ込まれていた・・・のでしょうか。

「貴様・・・我らを舐めているのか?・・・なぜローブを?
「REM」相手に為す術もなく追いつめられる「ナツキ」。「ミドリ」の追求に答えたのは、彼女も知る声。
「やめてミドリ!」

「ヨウコ」の登場に驚く「ミドリ」。そして顔を見上げる「ラド」。
「・・・認証システムに強力な干渉波が・・・無茶苦茶よ、こんな出力で。・・・システムは自閉モードになったわ。干渉波が消えて、学園長が承認するまで全て封印されたわよ
その時を見計らったかのように学園内に到達する「スレイブ」達。「シュバルツ」の進出に霊廟が破壊されるのを恐れた「ミドリ」達は、一時撤退を決意します。
「ミドリ!・・・黎人さん!」
「ヨウコ」の呼びかけに立ち止まる「ラド」。
彼は振り向きもせずに言い放ちます。
その名で呼ぶな。・・・俺はラドだ。・・・サイボーグのな
※やはり「ラド」=「神崎 黎人」ですねぇ。あの写真から連想するのはたやすいことでしたが、どうしてサイボーグ化したのかも、明かされるかな?

「一体何があったんだろう・・・。いきなりローブが消えちゃって、貴石も簡単に外れちゃうし・・・」
そうつぶやく「アリカ」の耳に、もう「GEM」はありませんでした。そして、彼女の疑問に自分なりの回答を返す「セルゲイ」。
「恐らく・・・ガルデローベに何かあったのだろう。君たち学生や五柱の主は、真祖だという話だからな
すべて「シュバルツ」の仕業だと答える「セルゲイ」の言葉に、目的がわからないと話す「アリカ」。
彼女たちの前に、その疑問に答えられる唯一の人物が姿を現します。
「・・・それはガルデローベが隠匿している科学技術を再び・・・広く世に広めるためですよ。・・・マシロ姫をこちらに渡して貰いましょうか
「ジョン・スミス」の言葉に飛びかかろうとする「アリカ」ですが、今の彼女は只の学生。しかし、その胸元に煌めく「蒼天の聖玉」を見かけた「セルゲイ」が彼女の元に走り寄ります。
「・・・蒼天の聖玉を使え。独自の主を持つマイスターならば・・・やれるかもしれない」
即座に「マシロ」との契約を発動させる「アリカ」。今戦える唯一の「オトメ」として立ちふさがった「アリカ」に「ジョン・スミス」は躊躇なく切り札を使います。
ミス、エルスティン。・・・今こそあなたの信仰を示す時です。大いなる知識と知恵の神への」
その言葉に震えながら・・・涙を流しながら「アリカ」に謝る「エルス」。彼女の小さな手に握られたクリスタルが・・・赤く・・・怪しく輝き出します。
「・・・彼女は代々我らのシンパであるホー一族の娘。・・・生まれた時からきちんと教育を受けていますからね」
地面へと跪き、幼少より習いし契約の言葉を口にする「エルス」。
「・・・黒き誓いに従い、我・・・盟約を果たさん。
古の光・・・知識と知恵の神よ・・・我に忠実なる僕を与えたまえ」
鬱展開、キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!・・・って喜んでいる場合ではない。orz

危機・・・到来。
・自らの命を囮として「ナツキ」を逃がそうとする「シズル」。
・「シュバルツ」への巻き巻きを行う「シホ・ユイット」、突っ込む「チエ・ハラード」。
・逃げようとする「ジュリエット・ナオ・チャン」。(^_^;)。
・真祖を信じ、「ユカリコ・シュタインベルグ」の前へと集まる生徒一同

そして、親友「アリカ」と戦いを繰り広げる「エルス」。
「・・・決まりなの。お父様も・・・お母様も・・・おじいさまも・・・おばあさまもずっと・・・。アリカちゃんも言っていたよね。科学の力があれば、皆が幸せになれる。二度と・・・戦いも・・・なくなるって。・・・だから
「マシロ」の引き渡しを要求する「エルス」に「できない」と拒絶し、「スレイブ」と戦う「アリカ」。彼女の一撃が「スレイブ」にダメージを与えるとともに、「エルス」もまた、傷ついていきます。
「・・・スレイブとスレイブロードの関係は、オトメとマスターと同じ。スレイブが傷つけば、ロードも傷つくのですよ」
「ジョン・スミス」の言葉に全力を出し切ることのできない「アリカ」。

その時、勝利者のいない戦いを繰り広げる彼女たちの頭上から「ナギ」の言葉が響き渡ります。
「マシロちゃん、君がおとなしく諦めてくれれば、皆が戦わずに済むんだよ。
・・・マシロちゃん、諦めてよ・・・ねえ」
そして「ナギ」の隣には、呆然と「アリカ」と「エルス」の戦いを見つめる・・・「ニナ」の姿がありました。
「エルス・・・あなた・・・。・・・お父様・・・」

※ど・と・う・の展開スタート!

「ナギ!そなたが黒幕かっ!
「マシロ」の追求を鼻で笑う「ナギ」。彼は答えます。全てが自分の手の内にある・・・と。
「・・・僕もガルデローベのやり方には疑問があってさ。だってやっぱり変だよ、オトメという諸刃の剣を向き合うことで得られる平和なんてさ。・・・そうそう、街のことなら安心してよ。今頃僕の軍隊がスレイブから街を開放しているから。・・・これが政治だよ。あとはマシロちゃん、君に選ばせてあげる。友達同士が殺し合うのを見るか、おとなしく僕のものになるのを選ぶか
退路を断った上で選択肢を提供する「ナギ」。そのやり方に反発する「アリカ」に、「ナギ」はさらなる戦いを「ジョン・スミス」に要求します。
「おやりなさい、エルスティン!」
その巨大な「スレイブ」の足で蹴られ、吹っ飛ぶ「アリカ」。さらにとどめを刺すように要求する「ジョン・スミス」。振り上げられた刃が、彼女を捕えようとした時・・・。
「アリカァッ!」
飛びかかったのは「セルゲイ」でした。
「ニナ」の叫び声が響く中、身を挺して「アリカ」を守った「セルゲイ」。幸いにも刃は彼の身体を切り裂きませんでしたが、その懐から舞い落ちた刺繍入りのハンカチーフは、「アリカ」と「ニナ」の友情を残酷にも切り裂きます。
※ああバレちゃいましたよ・・・。「ニナ」の目が怖すぎです~。(^_^;)。

「おじさま・・・?」
「うそ・・・お父様が・・・」
足長おじさんの正体に呆然となる「アリカ」と「ニナ」。
彼女たちの言葉に無言で立ちつくす「セルゲイ」でしたが、意を決したように「ナギ」の方を向きなおります。
「お止めください殿下!・・・この娘こそ本物の姫、ヴィントブルーム王国の・・・正統な後継者です!
その言葉に、その意味に驚愕する「マシロ」、対して「ナギ」は表情も変えずに「姫は見つからなかったと言っていたのに・・・僕を裏切ったの?」と「セルゲイ」に問い尋ねます。
「・・・ああ、なるほど。らしくないねぇ・・・本気になっちゃったんだ。だから君、その娘をかばうんだね
「ナギ」の言葉に目をそらす「セルゲイ」。そしてその行為が、彼の思いが真実であると「ニナ」へは伝わりました。
「・・・いや・・・お父様・・・いや・・・イヤァッ!」

瞬間、「ナギ」の身につけていた貴石が漆黒に煌めき輝きます。そして「ニナ」の耳、「ナギ」の指輪へと飛び込む深紅の光。
「面白いや・・・漆黒の金剛石が答えたよ。・・・君の心に
彼もまた「ナギ」に踊らされた人物だったのか、「漆黒の金剛石」の言葉に驚く「ジョン・スミス」。
「あの伝説の貴石が・・・何故・・・」
※全然驚かないですし、「アリカ」が本物の姫らしいという情報は「ナギ」も握っていたようですね。その上で「マシロ」の方が御しやすいと考えたのかな。

「ねぇ、ニナちゃん。うまくあの娘を止めてくれたら、セルゲイの事も許すよ。・・・ニナ・ウォン、黒き貴石を持つ我がオトメよ。君は僕を主と認めるかい?・・・ならばニナよ、我が名において汝の力を開放する」
「セルゲイ」の「止めろ」という叫びが響く中、「ナギ」と契約し、マテリアライズを行う「ニナ」。
ずるいですお父様・・・私がいるのはナギ様のオトメになるためと・・・だから私は・・・・・・どうして、どうしてあなたがいるの?・・・あなたさえいなければ・・・
その思いの果てに、目に映る「アリカ」へと飛びかかる「ニナ」。ふたりの「マイスターオトメ」の激突に、ふたりの親友の激突に、・・・ひとりの少女が割って入りました。無意識のうちに自分を止める「スレイブ」を切り裂いた「ニナ」。
「いやあぁぁあぁっ!」
その叫びは「スレイブロード」である「エルス」の声でした。横たわり、徐々に・・・霧散となって消えていく「エルス」。彼女は、駆けつけた「アリカ」と「ニナ」に「ごめん」と謝り続けます。

「・・・本当はね・・・科学とか・・・そんなの・・・。ただ、戦いがなければ・・・みんなと・・・ずっと・・・一緒に・・・。嬉し・・・かったの・・・友達・・・だから・・・あたし・・・
彼女が伸ばす手の先は、何を掴みたかったのか。リボンひとつ残して消えた親友の姿を、嘆き悲しむ「アリカ」と「ニナ」。ふたりの視線が・・・交錯します。
「てりゃぁああぁっ!」
「いやぁぁあぁあっ!」
渾身の力でぶつかりあう伝説の「オトメ」達。その中心は激しい爆風に包まれて・・・。

そうかそうか、新オープニングに「エルスティン・ホー」がいない理由はそれだったのか・・・。(T_T)。
前回が「鬱展開」のホップだとすると、今回はステップを飛ばしてジャンプ!といった感じ。最近特に「エルスティン・ホー」の株が上がっていただけに、この衝撃はそうとうのものです。こうなると願いはひとつ、最後は笑って「舞-乙HiME」の感想を終えますように。

|

« うえきの法則_TV44 | トップページ | うえきの法則_TV45 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/8503197

この記事へのトラックバック一覧です: 舞-乙HiME_TV17:

» 舞-乙HiME 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」 [ミルクレモンティー]
 うぎゃーエルスたんがぁぁぁぁ〜〜〜〜!!   やっちゃいけねーだろーがー!それだきゃーよー!!Σ(゚Д゚;  うーうーうわーん。 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。  ・・・ということで鬱状態での感想をば・・・グスン。  冒頭、逃げたアリカたちの前にエルスが現れ...... [続きを読む]

受信: 2006.02.04 22:19

» 舞-乙HIME 舞踏17武☆ナギ様最高! [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
地球世紀で活躍した某国の偉大な君主は言う。「勝敗は兵家の常だが、奇襲を受けること [続きを読む]

受信: 2006.02.04 22:42

» 舞-乙HiME 第17話 [ホビーに萌える魂]
今回の舞-乙HiMEは、激動の展開へ。ナギとシュバルツによってガルデローベは襲われます。エルスの死によりアリカとニナの友情は消滅…。 [続きを読む]

受信: 2006.02.04 23:05

» 舞-乙HiME 第17話「蒼の舞/想い、散るとき」 [現代視覚文化研究会「げんしけん」]
 オトメのエナジー溢れる第17話のストーリーは「突如起こったスレイブの襲撃に騒然となるヴィント市内。さらに、攻撃されたガルデローべでは、パールの卒業記念舞闘が中止となる。混乱するコーラルとパールのオトメたち。【アリカ・ユメミヤ】は【マシロ・ブラン・ド・ヴィントブルーム】を連れ出し、市街地へと逃げることに。そして、【アリカ】たちと分かれてしまった【ニナ・ウォン】は、【セルゲイ・ウォン】からアルタ... [続きを読む]

受信: 2006.02.05 00:02

» 第17話「蒼の舞/想い、散るとき」 [舞-乙HiME トラックバックセンター]
突如起こったスレイブの襲撃に騒然となるヴィント市内。 さらに、攻撃されたガルデローベでは、パールの卒業記念舞闘が中止となる。 混乱するコーラルとパールのオトメ達。 アリカは [続きを読む]

受信: 2006.02.05 00:28

» 舞-乙HiME 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」 [LIV-徒然なるままに]
やっぱり来ちゃった超鬱展開・・・orz しかし、こんな急展開でくるなんてさすがHiMEスタッフ・・・。 毎度毎度私をどん底に突き落としやがって!! では悲しいながら、17話感想逝かせていただきますm(_ _)m... [続きを読む]

受信: 2006.02.05 00:45

» 舞-乙HiME 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」 [Kimiteru's Blog]
舞-乙HiME第17話 いよいよ完全戦闘モード突入。 新しいOPも2週目にしてあっさりと耳に馴染みました。 むしろクライマックス感があって良い感じです。 マシロ姫さま、あっさりと民衆に通報される。 最近は取り戻しつつあるとは言えやはり日頃の行いか。 ニナがナギ側に付くとなれば確実にアリカとの対決になるんでしょうな。 OP映像から言っても避けられない所か。 そんな思ってた直後にセルゲイの正体(アリカの足長おじさん)がバレ、ニナは完全敵モードに。 そしてニナの攻撃によっ... [続きを読む]

受信: 2006.02.05 02:48

» 第17話「蒼の舞/想い、散るとき」 [Cクイック]
見た後、動けませんでした・・・ ならなければいいと思っていたほうに進んでいきます・・・ ネタバレ含みますんで続きからどうぞ・・・ [続きを読む]

受信: 2006.02.05 12:59

» 第17話「蒼の舞/想い、散るとき」 [よろめく]
前半がのんびりペースな気がしてたので、今回は急展開って感じがしました。 ですが、これくらい進展があると面白いですね。 このドキドキ感こそ、舞-HiMEクオリティですな(´∀`*) 今回はナツキマテリアライズ、シズナツ萌え、エルスの秘密バレ、 おじ様バレ、ニナ逆上、エルス死亡、アリカ逆上など、見所が多かったです。 <Aパート> ◇不審なエルス マシロを救助したアリカ�... [続きを読む]

受信: 2006.02.05 18:51

» 舞-乙HiME 第17話「蒼の舞/想い、散る時」 [ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜]
欝&ドロドロ展開の始まりです。 エルスが退場して、アリカとニナが憎しみ合って・・・もう怒涛の展開ですね。 てか、エルスちゃん消えちゃイヤ〜〜〜。・゚・(ノД`)・゚・。 舞-乙HiME 2矢立肇 菊地美香 小清水亜美 バンダイビジュアル 2006-02-24売り上げランキング :...... [続きを読む]

受信: 2006.02.05 20:39

» 舞-乙Hi [mighty-heart]
舞-乙HiME 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」 [続きを読む]

受信: 2006.02.05 22:34

» 舞-乙HiME #17 「蒼の舞/想い、散るとき」 〜初代と二代目の間の差は広い〜 [風の後ろを歩むもの]
〜〜一秒で分る初代と二代目の扱いの違い 初代 ヘタレ もはや一人ギャグアニメと化している 二代目 ヨゴレ もはや女の顔ですらねェェーーー!!(((゚Д゚;))) なんつーか、ドラゴンボールとかに出てきそうだよ。 前作ナツキのヘタレ&ヨゴレのヨゴレを強く受け継いじゃったか 立派な悪役面になっちゃって…(ホロリ もうヘタレなんて言わせない、存分にその真価を発揮したまえ!人気はもう気にしちゃいけないぞ! ニナ�... [続きを読む]

受信: 2006.02.06 17:16

» 舞-乙HiME #17「蒼の舞/想い、散るとき」感想 [endlessspace-無限空間]
感想 面白かった。 面白かったのだが最後のくさい芝居はなんだ? エルスティンは確かに前から怪しかったけど このための伏線だったのか。 もう出てこないと思うと寂しいな(´・ω・`) ウルトラバストインパクト期待してたのに・・・ マシロ普通に民衆の信用ねえなw あの国はもうじきつぶれるだろう ニナVSアリカになっちゃった。 OPの最後の場面ですね。 OPの曲がはまりつつある。 サビの最初の5秒はいいのだが そのあとは落ちるなー 以下fc2ブログTB... [続きを読む]

受信: 2006.02.07 02:53

» (アニメ感想) 舞-乙HiME 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
舞-乙HiME 2 しかし、新OP何度も見てもカッコイイですね。最後のアリカとニナの一騎打ちにはかなり燃えます。本編でこういうシーンが見られるのは最後の方でしょうか?急展開となった前回、さあいよいよ戦いが始まるわけですが今回も熱い展開を期待しています。それでは...... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 01:28

» 舞-乙HiME 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」 [優しい国blog ―妄想という妄想を妄想しろ―]
ナツキが限定解除したおかげで、全生徒のローブ使用許可が下りた。 そんなことも出来たのねー。 正直国民の裏切りは仕方がないと思いますよ。 いつ死ぬかもわからない状況で、マシロ女王を探している敵に申告すれば、 何とか自分の危機的状況は回避できるわけだし。 ....... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 10:26

« うえきの法則_TV44 | トップページ | うえきの法則_TV45 »