« 天元突破グレンラガン #03 | トップページ | 天元突破グレンラガン #05 »

天元突破グレンラガン #04

#04 「顔が多けりゃ偉いのか?」

今日のグレンラガンは何かが違う。
演出、作画、見覚えアリ。

「男の合体」にこだわり、特訓だと「シモン」を追い回す「カミナ」。その姿を目撃し、獣人に追われているのだと勘違いして「シモン」を助け出したのは「黒の兄弟」だった。
 ・キタン:長男でリーダー。勝ち気な性格。
 ・キヨウ:長女。ダイナマイトボディ(死語だなぁ)。
 ・キノン:次女。眼鏡っ娘。
 ・キヤル:末っ子。言葉遣いが男っぽい。

「カミナ」と「キタン」は似たもの同士なのか、何かにつけて張り合いを始める。一方、3人娘は全員が「カミナ」をイイオトコと認識。
 昼食を手に入れるために「ヨーコ」とでかける3人娘。しかし水辺で手に入れたモジャモジャの正体は、「黒の兄弟」が追いかけていた獣人だった・・・。

 どこか「BECK」や「GAD GUARD」を思い起こさせる今回。
 それもそのはず、絵コンテ、演出、作画監督ともに先ほどの作品に関わってきた「小林治」さん、その人でありました。
 どこか懐かしげもあり、記号化したアニメを見慣れた人間には、ちょっとした違和感を与える彼の作風。美しさだけにこだわらず、人間らしい表情、ユーモラスな動きを与える演出は「小林治」さん、ならではのものですね。

|

« 天元突破グレンラガン #03 | トップページ | 天元突破グレンラガン #05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/15768966

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン #04:

« 天元突破グレンラガン #03 | トップページ | 天元突破グレンラガン #05 »