« 天元突破グレンラガン #07 | トップページ | 天元突破グレンラガン #09 »

天元突破グレンラガン #08

#08「あばよ、ダチ公」

 決戦を前に寝付けない「シモン」。そこへホットチョコを持って「ヨーコ」が現れます。
 「何か食べておかないと、ラガンも力を出せないでしょう?」
 相手には言い出せない言葉、相談できない思いを胸に秘め、「カミナ」のことを話題にして離れるふたり。
 そして数分後、「ヨーコ」は再びホットチョコを持ち「カミナ」の前に姿を見せました。
 「あんまり食べ過ぎると、かえって動けなくなるんじゃない?」
 話しかける「ヨーコ」に、「カミナ」は「今日はパワーがいる」と言葉を返します。
 「ヨーコ、後ろの敵は頼むぜ。前の敵は全て俺が粉砕してやる。だから、後ろの敵はお前に任せた」
 じっと正面を見やる「カミナ」にそっと後ろから近づく「ヨーコ」。軽く声をかけ、振り向いた「カミナ」に「ヨーコ」はその唇を重ねていました。
 「・・・本当、後ろは無防備だね」

 しばし呆然となる「カミナ」。そして今度はしっかりと「カミナ」は「ヨーコ」を抱きしめ、長い大人のキスを交わします。
 「戻ったら10倍返しだ。・・・憶えておけよ」
 その言葉をしっかりと自分の胸に刻む「ヨーコ」。そして、そのふたりを隠れてじっと見つめていた「シモン」。若い情動が、自身で制御できない想いが彼を走らせます。脳裏に次々に浮かぶ「ヨーコ」との想い出を消し去るようにうめく「シモン」。
 『関係ない・・・関係ない・・・俺には・・・関係ないじゃないかっ!』

 個人個人の想いを抱えたまま、「ダイガンザン」の奪取作戦の朝は始まります。
 「いくぜ野郎どもっ!・・・大グレン団の出撃だあっ!!」
 そう、彼等の運命をかけた戦いの朝が・・・。


 「・・・あばよ、ダチ公」

|

« 天元突破グレンラガン #07 | トップページ | 天元突破グレンラガン #09 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/15769141

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン #08:

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第8話 「あばよ、ダチ公」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 40 / 萌え評価 10 / 燃え評価 20 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 73 / お色気評価 35 / 総合評価 31レビュー数 205 件 要塞型ガンメン・ダイガンザンとの戦いの最中、グレンラガンのピンチを救ったのはリットナー村のダヤッカや「黒の兄弟」キタンたちだった。彼らはカミナ同様、獣人のガンメンを奪取し自分のものにしてきたのだ。「大グレン団」の旗の下、各地で抵抗を続けてきた仲間たちが続々と集結する。カミナは彼らと共にダイガンザンの乗っ取りを決... [続きを読む]

受信: 2007.09.01 21:29

« 天元突破グレンラガン #07 | トップページ | 天元突破グレンラガン #09 »