« おおきく振りかぶって #13 | トップページ | おおきく振りかぶって #14 »

天元突破グレンラガン #15

#15「私は明日へ向かいます」

 ついに落ちてきた首都「テッペリン」。しかし、その巨体には目が、身体が、足がついていた。
 「・・・ガンメン!?」
 その登頂に現れる「グレンラガン」と同じ反応パターン。そして、天頂で座視する「螺旋王ロージェノム」。
 「お願いがあります。私を、私をお父様のところへ連れて行ってください」
 父へ自身の思いを伝えるため、あらん限りの声を伝えるため、登頂へ連れて行ってくれるよう頼む「ニア」。
 「一途な女の想い。遂げさせてあげるのも、いい漢の条件よ」
 「大グレン団」の総力を、「グレンラガン」と「ダイグレン」の力をあわせ、見事に玉座へと辿り着いた「シモン」と「ロシウ」、そして「ニア」。
 「なんとか辿り着いたようだな・・・螺旋の男よ」
 ふてぶてしく待ちかまえる「螺旋王ロージェノム」。そして螺旋王との間に立ちふさがるライバル「ヴィラル」。
 「よくぞかわした。流石だ・・・シモン!」
 獣人の弱点、睡眠によるメンテナンスを克服した「ヴィラル」との決戦が始まるが・・・。
・・・
 「ヴィラル・・・哀れな奴よ。そなたに与えた能力は人間に打ち勝つ力などではない。・・・そもそも螺旋の力を手に入れた人間に、獣人が太刀打ちすることなど叶わぬのだ。・・・ヴィラルよ、確かにわしは死ぬことのない身体をそなたに与えた。しかし、それは戦いのためではない。貴様はこの螺旋王の勝利を永久に語り継ぐ語り部となるのだ・・・そこで見ているがいい。愚かな人間の末路を。そして、未来永劫語り継ぐのだ。螺旋王に反旗を翻すことの無意味さをな

 自らが「人類の守護者」を名乗る「ロージェノム」。彼は人類のために、その生存権を地下に封じ込めたと語ります。
 「真・螺旋王機 ラゼンガン」。「グレンガラン」と同じ反応パターンを持つ機体との戦いを制し、「ロージェノム」自身をも打ち砕いた「シモン」の「螺旋の能力」。自分の敗北を認めた「ロージェノム」は、最後に謎の言葉を残して消えました。

 「ひとつだけ教えてやろう。百万匹の猿がこの地に満ちたとき、月は地獄の使者となりて螺旋の星を滅ぼす・・・

 次回は総集編のようですが、残り1クール。本当の戦いは、まさにこれからのようです。

|

« おおきく振りかぶって #13 | トップページ | おおきく振りかぶって #14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/15769702

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン #15:

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第15話「私は明日へ向かいます」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 34 / 萌え評価 9 / 燃え評価 39 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 20 / お色気評価 2 / 総合評価 20レビュー数 146 件 シモンたちの前で、崩壊を始めるテッペリン。その正体は都市そのものが巨大なガンメンだった! 大グレン団の面々が呆然とする中、引き寄せられるように天空へ向かうグレンラガン。雲海を越えるほどの上空にしつらえられた玉座に座る一人の男。ついに螺旋王ロージェノムと相対する!... [続きを読む]

受信: 2007.08.28 18:37

« おおきく振りかぶって #13 | トップページ | おおきく振りかぶって #14 »