« 天元突破グレンラガン #24 | トップページ | 天元突破グレンラガン #25 »

おおきく振りかぶって #23

#23「ゲンミツに」

 先制点を取ったのは「西浦高校」
  西浦 1 - 0 桐青
 追加点は根性のスクイズ
  西浦 2 - 0 桐青
 しかし、「桐青高校」怒濤の反撃
  西浦 2 - 3 桐青
 負けず、「西浦高校」執念の同点打。
  西浦 3 - 3 桐青
 突き放す「桐青高校」
  西浦 3 - 4 桐青
 そして・・・。

 「9回の表、西浦高校の攻撃は・・・9番、キャッチャー阿部くん。背番号2」
 雨天の中「狙いうち」で攻勢を支援する応援団。「阿部」の集中力は研ぎ澄まされていきます。
 『絶対・・・出るっ』
 ぬかるむ足場の中、速球を中心に投げ込む「高瀬」。「河合」のリードもあり「阿部」を2-1と追い込みます。
 『見せ球は普通のストレート。決め球は・・・速い球なのか?
 初球の空振りを見た「河合」は、「阿部」の予想通り速球を選択。あとはタイミングを合わせるだけだが、力みからか「阿部」は早めのスイング始動。なんとかボールは捉えますが、打球はきわどい方向へ。
 「切れるなぁっ!」チームメイトの声が、三塁線への打球へと届きます。
 好捕、好守、懸命の走者。審判のコールは・・・。
 「セェエェェーフッ」

 まさに間一髪。1点を追いかける「西浦高校」に取って、貴重な同点ランナーが塁へと出ました。

 『一塁コーチは四番打者か・・・一球目から走ってくるな』
 唯一、「高瀬」のモーションを盗める男「田島」。「河合」はここでクイックモーションを要求。しかし「百枝」監督の作戦は、単独スチールではありませんでした。
 「セーフティバント!? いや、プッシュだ!
 チーム随一の駿足を誇る「泉」。突っ込んでくる「高瀬」の脇を抜け、プッシュバントは見事に成功。これでノーダウン1、2塁です。

 「2番、セカンド栄口くん。背番号4」
 流れは「西浦高校」。しかし、「桐青高校」はフロックで勝てる相手ではありません。
 盗塁を読み切った「河合」による見せ場。速球&強肩は「百枝」監督に送りバントを選択させます。が・・・。
 『栄口くんでも厳しいような速球なんて・・・9回だっていうのに随分余力があるじゃないの。それでもゲッツーを喰らうよりもバント失敗の方が痛くない。それに・・・』
 「百枝」監督の読みは、「高瀬にフォーク無し」。果たして!?

 これぞ「四番」。これぞ「田島」!!(^_^)!!

 すみません。正直、今日に限っては「巣山」と「花井」は引き立て役にしか見えません。
 格好良いとはこういうことだあああぁああぁああっ!!!

 次回「決着」!!

|

« 天元突破グレンラガン #24 | トップページ | 天元突破グレンラガン #25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/16457994

この記事へのトラックバック一覧です: おおきく振りかぶって #23:

» レビュー・評価:おおきく振りかぶって/第23話 『ゲンミツに』 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 0 / 萌え評価 50 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 8レビュー数 4 件 1点差で迎えた西浦最後の攻撃。打席に立つ阿部は、絶対に塁に出てやると気合十分。西浦スタンドも、これが最後の攻撃だからと応援に力が入る。もちろん西浦ナインも、強豪・桐青相手に誰一人、負けることなど考えておらず、ベンチから阿部に力強く声をかける。一方、桐青の捕手・河合は、速球を空振りした阿部に、それが有効だと判断し決めにかかる。... [続きを読む]

受信: 2007.09.16 18:57

« 天元突破グレンラガン #24 | トップページ | 天元突破グレンラガン #25 »