« おおきく振りかぶって #22 | トップページ | おおきく振りかぶって #23 »

天元突破グレンラガン #24

#24「忘れるものか この一分一秒を」

 これは戦闘因果に支配された宇宙の運命に風穴を開ける漢の物語。

 時空を越えた愛の力。「ニア」に渡した指輪を追って、「アンチスパイラル」の母星を発見した「大グレン団」。
 ついに決戦の時を迎え、「超銀河ダイグレン」第一艦橋で「シモン」が吼えます。
 「行くぞ・・・これが大グレン団、最後の戦いだっ!」

 (諸般の事情で地上波では映せませんが)そこに見えたのは巨大な女性の裸身・・・囚われた「ニア」の姿でした。
 「愚かなる螺旋の民よ・・・かすかな希望にしがみつき、絶望の淵から何度もはい上がってくる。なんと愚かしいことか。・・・だが、それも終わりだ。お前達の希望の光は、あの娘と共に消えるのだ
 全方向から響き渡る「アンチスパイラル」の声。その言葉と共に、彼等の前には巨大な・・・石顔の塊が姿を見せます。
 敵本拠地を示す唯一の手がかり、「ニア」を救い出すために出撃する「アークグレン」達。対して石顔も搭載機を発進。その数、なんと無量大数。
 「シモン、こっちで突破口を開くから、後は宜しくっ!」
 「ヨーコ」や「キタン」、「ギミー」や「ダリー」は、圧倒的とも言える敵の数量に互角以上の戦いを見せ、「シモン」が特攻する間隙を作って見せます。そして、「アークグレン」の螺旋力を持って突破を計る「シモン」。

 しかし、石顔の質量もまた常識を越えていました。

 「敵がでかすぎる・・・こいつのドリルでは足りないっ
 地上最大級を誇る「アークグレン」よりも、もっと大きな螺旋力。その答えを「シモン」が模索していたとき、彼等の乗ってきた母船「超銀河ダイグレン」がその可能性を示して見せます。
 「人の形こそ螺旋力を最大限に発揮させる形。超銀河ダイグレンを人型へと変形させれば、螺旋力は何倍にも増幅され小宇宙にも匹敵するパワーを内包した存在となる
 そう、まさに「超銀河グレンラガン」。背中を守る戦友達に見送られながら「シモン」は前線を後にするのでした・・・。

 戦いは、数。
 戦術的勝利を積み重ねても、戦略的勝利を得ることは出来ない・・・。
 死地に赴く戦友達を、その声を聞きながら「一分一秒を忘れずに」変形への螺旋力を溜めていった「シモン」。
 しかし、その努力は敵の罠によって阻まれる・・・のか。
 次回「お前の意志は受け取った!」を刮目して待てっ!!

|

« おおきく振りかぶって #22 | トップページ | おおきく振りかぶって #23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/16396180

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン #24:

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第24話「忘れるものか この一分一秒を」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 14 / 萌え評価 5 / 燃え評価 19 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 40 / お色気評価 30 / 総合評価 21レビュー数 141 件 人類の未来と愛するニアを救うため、次元の狭間にあるというアンチスパイラルの母星を目指すシモンと大グレン団。 その行く手を阻むようにあらわれるアンチスパイラルの艦隊。その数、無量大数! シモンの螺旋力に全てを託し、大グレン団が絶望的な戦場で命を賭ける! ... [続きを読む]

受信: 2007.09.14 23:07

« おおきく振りかぶって #22 | トップページ | おおきく振りかぶって #23 »