« おおきく振りかぶって #24 | トップページ | おおきく振りかぶって #25 »

天元突破グレンラガン #26

#26「行くぜダチ公」

 -貴き犠牲-
 「キタン」の命の輝きによって「大グレン団」最大のピンチは回避されました。
 「キタン・・・お前の意志は受け取ったぁあああぁっ!!」
 彼の意志を、彼の気持ちを無駄にせぬ為、今はひたすら闘いへ挑む。敵を砕けと拳が叫ぶ。

 「超絶螺旋超弩級ガンメン 超銀河グレンラガン」。
 惑星規模の破壊さえも無効化する螺旋フィールド、敵の存在を確実に滅するブーメラン兵器。その能力全てを持って「アンチスパイラル」へと特攻する「シモン」。しかし、敵も又、ここで退くわけにはいかない運命。
 「仲間を犠牲にして尚前に進むか・・・それこそが螺旋の民の宿業だ。その業故にお前達は滅ぼされなければならない。・・・見るがいい、この宇宙の行く末を。進化することしか考えぬ螺旋の力が、この宇宙を滅ぼすという結末を

 ヒトは、いや生命は「螺旋力」をより得るための形へと進化してきた。
 しかし、進化の果てとは「滅亡」。
 「螺旋力」の制御ができなくなり、全ての生命が「過重銀河」へ姿を変えると「アンチスパイラル」は言います。
 「過重銀河は互いに食い潰しブラックホールとなり、この宇宙は無へ帰る。それが、スパイラルネメシスなのだ」

 視覚、いや精神へと直接見せられる非情な結末。「螺旋力」を操る「シモン」だからこそ、虚構ではなく真実と理解してしまいます。

 見えるが為の苦しみ。挫けそうになった「シモン」を救ったのは、生体コンピューター「ロージェノム」の言葉でした。
 「・・・シモンは直感的に悟ったのだ。アンチスパイラルの言葉が真実だと。・・・しかし、真実はもうひとつある。それは、ニアがお前を待っているということだ。地球が、螺旋族が滅ぼされぬよう、耐えているということだ
 そう、自分の愛する女性を、自分の愛する世界を、見捨てるわけにはいかない。
 無量大数の「アンチスパイラル」を倒すため、「螺旋力」の軌跡を、多次元へと広げる「グレンラガン」。
 確率でしか存在しない敵ならば、時空ごと倒せばいいっ! 過去も未来も吹き飛ばし、一気に蹴散らせと魂が叫ぶ!! 「超銀河・・・ギガドリル、ブレェェイカァァァァァァー!!」
 ・・・その瞬間、宇宙が輝きました。

 ちょっとビックリBパート(「上川隆也」を持ってくるかぁ)。
 でも、これでひとつの区切り。
 最終話、最終決戦に向けて思い残すことは無くなりました。
 胸に掲げたドリルを握り、目指す先は只ひとつ。お前の女が、待ってるぜ。

 「待たせたな、ニア」

|

« おおきく振りかぶって #24 | トップページ | おおきく振りかぶって #25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/16547386

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン #26:

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第26話「いくぜ ダチ公」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 36 / 萌え評価 20 / 燃え評価 17 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 17 / お色気評価 12 / 総合評価 19レビュー数 111 件 アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グレン団の面々はなすすべなく囚われる。それはシモンですら例外ではなかった。 ... [続きを読む]

受信: 2007.09.25 17:48

« おおきく振りかぶって #24 | トップページ | おおきく振りかぶって #25 »