« 機動戦士ガンダム00 #03 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #05 »

機動戦士ガンダム00 #04

#04「対外折衝」

 国家、いや世界に対して武力介入を開始した「ソレスタルビーイング」。
 「ユニオン」、「人類革新連盟」、「AEU」国家群の反応は予想通り、冷笑、反発、対抗の姿勢だった。
 「私たちがしたことで、人類革新連盟の軍備が増強されていくのでは・・・」
 「彼等がそうするというのなら、我々は武力介入を続けていくだけです」
 そう、全ては戦争根絶のため・・・。
・・・
 「ついに都市部までテロの波が押し寄せてきたようね。穏健派が手を組む前に、改革を推し進めないと」
 「わかっています。・・・化石燃料に頼ってきたこの国を立て直すためには、太陽光発電システムを所有する国家群に援助して貰うしか方法がありません
 アメリカ、中国、ヨーロッパ。国家群とはいえ、軌道エレベーター建造に対して大きな対価を支払ってきた大国が力を持つのは現状と変わらない世界。そして、国家群に属しては居ても国力が小さな国、そもそも国家群に属していない国にとって「ソレスタルビーイング」はまた別の影響を与えつつあった。
 アザディスタン王国の第一王女として、自国を立て直すのに懸命な少女「マリナ・イスマイール」の目に、彼等はどう映るのか・・・。
・・・
 「聞いたか、アレルヤ? リアルIRAの活動休止声明。あの声明で俺たちを評価する国も出ているようだが、それは一時的なものだ。武力介入を恐れて、先手を打ったに過ぎない」
 「ガンダムマイスター」である「ロックオン・ストラトス」の発言からもうかがい知ることが出来る。
 そう、「ソレスタルビーイング」に対する彼等自身の評価は、いたって冷静なものだった。だからこそ彼等はこの無謀とも言える闘いに、命を賭することができている。評価の見誤りは、直接彼等の生命を危険へと追いやるものだから。
・・・
 「セルゲイ中佐。ガンダムを手に入れろ。ユニオンやAEUよりも先にだ。・・・選任の部隊を新設する。人選は君に任せるが、ひとりだけ面倒を見て貰いたい兵が居る。・・・入りたまえ」
 いぶかしがる「人類革新連盟」の「セルゲイ・スミルノフ」中佐の前に、軍人にしては線の細いひとりの女性が姿を見せる。
 「超人機関技術研究所より派遣されました、超兵1号『ソーマ・ピーリッシュ』少尉です。・・・本日付で、中佐の選任部隊に着任することになりました。宜しくお願いします」
 上層部の言う「対ガンダム」の切り札。「セルゲイ」の目には若すぎる少女「ソーマ」は、笑顔も見せずに敬礼を続けたまま彼の前に立っていた。
・・・
 「バックパックと各部関節の強化、機体表面の対ビームコーティング、武装はアイリス社が試作した新型のライフルを取り寄せた」
 要求通り1週間での「フラッグ」強化。「人類革新連盟」よりも一足先に「ガンダム選任部隊」を創設した「ユニオン」のエースパイロット「グラハム・エーカー」は、黒光りする「フラッグ」と着任した気の知れた部下達に気をよくしていた。
・・・
 各陣営が「対ガンダム」、「対ソレスタルビーイング」を進める中、ひとつの国家が歯車を進める。
 それは「ユニオン」に属する反米国家「タリビア」。

 「ユニオンは50を越える国家の議会制を取りながらも、実質は太陽エネルギー分配権利を持つ米国一国の独裁体制で運営されている。太陽光発電システムは、一国家の思惑だけで運営されるべきではないっ! 我がタリビア共和国はユニオンを脱退し、独自のエネルギー使用権を主張する。この主張に反対し、他国から政治的、軍事的圧力がかかった場合、我が国は軍事力を持ってこれらに対抗するであろう。我が国は、劣悪たる米国支配に断固反対する!」
 テレビカメラを会場内に設置したアジテーション。これはひとつの劇であった。主演は「タリビア共和国」。客演は「ソレスタルビーイング」。そして脚本、演出は・・・。
 「たとえ利用されているとわかっていても、私たちは動く」
 「そう、それでこそソレスタルビーイング」

 茶番であっても、誰かが仕組んだシナリオであっても、戦闘行為という劇は大きな代償を要求します。
 戦闘行為という名前の殺人。それはより多量の殺人を防ぐための仕方がない犠牲なのでしょうか。
 「ソレスタルビーイング」の目的「戦争の根絶」が抱えている矛盾。人はゲームのマスでもなければ、茶番劇の役者でもないのですが・・・。

 さて、「ソレスタルビーイング」が「タリビア共和国」に対して行った武力介入。
 意外と見る人もいれば、当然と見る人もいるかと思います。どうして対「ユニオン」側ではなく対「タリビア共和国」なのか。理由は話の中で彼等自身が述べていますが、ちょっと意地悪な見方も可能ですね。
  1.最初に軍事力の行使を宣言したから
  2.戦争行為を幇助する国家だから
  3.対ユニオンでは物量的に勝ち目がないから

 彼等は「2.」を理由にしていたようですが、私なんかはひねくれているので「3.」が理由ではないかと勘ぐったり。
 まあ、「1.」~「3.」の複合だったり、別の「4.」とかがあるかもしれませんが。
 色々な見方が出来るというのは、「機動戦士ガンダム00」の懐が深いから・・・かもしれませんね。
 純粋に物語を楽しむのが一番かもしれませんが、こんな穿った見方もたまには如何でしょうか。(^^;)。

|

« 機動戦士ガンダム00 #03 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/16901806

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 #04:

« 機動戦士ガンダム00 #03 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #05 »