« 機動戦士ガンダム00 #09 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #11 »

機動戦士ガンダム00 #10

#10「ガンダム鹵獲作戦」

 A.D.2307年。永続的なエネルギーを手に入れた今でも、人類は争いを止めることが出来なかった。
 そんな世界に対して、戦争根絶を目的とする私設武装組織「ソレスタルビーイング」が行動を開始する。
 だが、それに反発する世界は「人類革新連盟軍特務部隊 超武」による特秘作戦を敢行。
 司令官「セルゲイ・スミルノフ」の戦術に4機のガンダムは翻弄され、反撃の糸口を掴めずにいた。
 その戦火の中「アレルヤ・ハプティズム」の前に「ティエレン・タオ・ツー」を操る超兵1号「ソーマ・ピーリッシュ」が現れる。
 ふたりの出会いは、宇宙に何をもたらすのか・・・。

 「敵の目的は私達じゃない・・・ガンダムを鹵獲するつもりだわ」
 戦闘母艦プトレマイオスの戦術予報士「スメラギ・李・ノリエガ」が自分の作戦ミスに嫌悪する中、彼女の言葉通り1機のガンダムが鹵獲の危機にあった。「ソーマ」に感応し、精神へダメージを負った「アレルヤ」の操縦する「ガンダム キュリオス」である。
 「機体の変調か、それとも罠か!?」
 中途半端な飛行形態を解かない「キュリオス」に不信を憶えつつも、好機を逃がすことはしない「セルゲイ」の指示によりガンダムの機体へとカーボンネットがかけられていく。持てる力を十分に発揮しないまま「ソーマ」によって捕獲される「アレルヤ」。
 接触通信によって得られた彼の言葉は、叫びだった。

 「うわああぁあっ! があぁっ!ぅあぁぁあっ!!」
 その声から以前、重力ブロックで彼等を助けたパイロットと認識する「セルゲイ」。
 「だが、なぜ苦しむ?ピーリッシュ少尉を拒んでいるのか・・・もしや・・・少尉と同類!?」
 外部からの信号による影響。以前「ソーマ」が苦しんだ際の説明を彼は思い出していた。同調するのは彼女と同じく遺伝子操作を受けた人間だからか・・・と。

-人革連 多目的輸送艦 ラオホゥ 4番艦-
 ついに気絶してしまう「アレルヤ」。機体ごと輸送艦へ運ばれる彼の姿に、ひとりの「ガンダムマイスター」が気がつく。
 お前もまた「ガンダムマイスター」足る資格が無いのか・・・と。
 「敵輸送艦からキュリオスの反応・・・敵に鹵獲された!? 何という失態かっ、万死に値する!」
 他のガンダムとは比較にならない厚い装甲、GNシールドによる絶対的な防御機構、加えて強大無比な火力までも誇る「ガンダム ヴァーチェ」、そして搭乗者は「ティエリア・アーデ」だ。
 内部に味方が居るというのに輸送艦へとバズーカを向ける「ティエリア」。その攻撃を「ティエレン・タオ・ツー」が邪魔をする。
 「たかが一機でヴァーチェに対抗する気かっ! 調子に・・・乗るなっ!」

-同時刻。ラオホゥ艦内-
 『聞こえる・・・声が・・・』
 脳裏に響く少女の声。意識を失っていた「アレルヤ」は、声の正体に思いをはせる・・・次の瞬間、彼は『変わった』。
 「・・・あぁ・・・あの時の、女の声だぁあっ!」

 機体を開こうとする技術者達を気にもせず、無造作に立ち上がる「キュリオス」。彼「ハレルヤ」は、被害を気にせずに輸送艦を内部から破壊する。次の瞬間、ラオホゥの識別コードはロストした。

 危機に陥る「キュリオス」と「ヴァーチェ」。その作戦は失敗しましたが、「ソレスタルビーイング」もまた無傷というわけにはいきませんでした。
 まずはハードウェア。「ガンダム ヴァーチェ」の(中の人・・・ではなく)中の機体「ガンダム ナドレイ」の露出。
 スリムなスタイルもさることながら、なんと言ってもロング・ヘアーがインパクト大です。(^^;)。
 あの冷静沈着な「ティエリア・アーデ」が、計画を歪めたと後悔するのですから、見た目だけではなく機能的にも隠された力があるのでしょうねぇ。
 そしてソフトウェア。「アレルヤ・ハプティズム」の崩壊(<おい)。
 ガンダムの搭乗者である彼(といっても別人格のハレルヤくん)が、快楽殺人者(?)というのは過激な設定です。
 仮にも土曜夕方6時に放送してよいのか・・・って、考えてみれば「機動戦士ガンダムSEED」や「同 DESTINY」、「鋼の錬金術師」にも、歪んだ人物は多かったですな(まあ、主役級の味方には稀でしょうが)。
 今後のダブル「ハプティズム」に幸多からんことを。

|

« 機動戦士ガンダム00 #09 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/17324394

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 #10:

« 機動戦士ガンダム00 #09 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #11 »