« 機動戦士ガンダム00 #15 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #18 »

機動戦士ガンダム00 #16

#16「トリニティ」

 プラズマフィールドによる「ガンダムマイスター」破壊
 最悪の状況を救ったのは、彼等自身見たこともない「紅いGN粒子」を放つ機体によるビーム攻撃であった。
 「生きている?・・・大丈夫してる?エクシアのパイロットくん。
 まだ呆然とした意識の中で「刹那・F・セイエイ」は若い女性の声を聞いた。
 「お前は・・・」
 「ネーナ・トリニティ。君と同じ、ガンダムマイスターね」
 新たな機体「ガンダムスローネ」の3号機「スローネ・ドライ」を操る少女は簡単な自己紹介を済ませると、自分の他に兄2人が1号機、2号機へと搭乗しているという。
 「今頃はきっと・・・」

 -同時刻。ガンダムヴァーチェ鹵獲地点-
 「全機、フォーメーションを崩すな。このままガンダムを本部へ連行する。指揮を執ったのはこの俺、パトリック・コーラサワーだ。・・・そうさ、ガンダムが手に入れば、大佐の気持ちだって・・・
 若き「AEU」のエースパイロット「パトリック」の淡い期待は、次の瞬間に霧散した。
 先ほどと同じビーム攻撃が彼の乗る「イナクト」の下半身を破壊。見上げるしかない視界に映るのは、同様に狙撃され、墜落していく味方の機体「ヘリオン」達。捉えたはずの「ヴェーチェ」が、開放される。
 「何だ・・・あの光は・・・」
 困惑を浮かべる「ティエリア・アーデ」の表情は、彼もまた「ガンダムスローネ」について何も聞かされていないことを、如実に物語っていた。

 -ガンダムキュリオス鹵獲地点-
 「総員油断するな。羽根付きがいつまた暴れ出すかもしれん!」
 かつて一度は鹵獲した機体「ガンダムキュリオス」を取り逃した経験を持つ「セルゲイ・スミルノフ」は、慎重を期していた。しかし、事前に全「ガンダム」の特徴を頭に叩き込んだ彼でさえ、想像もつかない事態が今まさに訪れようとしていた。
 「何、このプレッシャーは!?」
 最初に気がついたのは超兵である「ソーマ・ピーリス」だった。「アレルヤ・ハプティズム」と対峙したときの圧迫感が、再び彼女を襲っていた。
 「敵襲だとっ!?・・・なんだこの武器はっ!
 ミサイルでもなければ、ビーム攻撃でもない。鋭角的に突入角度を変えながら「人革連」のモビルスーツへと襲いかかる紅い軌跡。十数機あった「ティエレン」は、瞬く間に「セルゲイ」と「ソーマ」の2機へと数を減らしていた。
 「あの機体は・・・?」
 「ガンダムスローネ2号機、スローネ・ツヴァイ。ミハエル・トリニティ。エクスターミネート、行けよ、ファングッ!
 まさに「牙」を思い起こさせる刃を持った小型ミサイル。いや、自身がビーム攻撃も可能な遠隔操縦の超小型機体は、個々が意志を持つかのように残った「ティエレン」へと襲いかかる。
 「大佐っ!」
 百戦錬磨の「セルゲイ」の機体がダメージを受けるのを「ソーマ」は阻止できなかった。

 -同時刻。オーバーフラッグス隊展開地点-
 「何!?敵襲・・・くっ・・・まさか他にも機体があったとは、聞いていないぞガンダム!?
 オーバーフラッグスを指示する「グラハム・エーカー」の次の命令は一時撤退だった。目標である「ガンダムデュナメス」を目の前にし、転回はあっても撤退など反発するはずのメンバ達も、決して突入、破壊だけをこなす無能な集団ではない。未知な敵(それも恐らくはガンダム)を相手に作戦無しで挑む愚考を彼等は犯さなかった。
 「この機体は・・・ハロは知っているか?」
 飛び跳ねながら「機体に対するデータ無し」と報告するサポートAI「ハロ」。しかし未知なる機体の正体は、通信が明らかにしてくれた。
 「スローネアインのガンダムマイスター。ヨハン・トリニティ。君の仲間のマイスターのところにも、既に私の兄弟達が救出に向かっている」
 その通信の直後、天空を覆わんばかりに広がる「紅いGN粒子」。これもまた「ガンダムスローネ」の能力なのか。
 助けて貰った恩と、未知なる者達への疑心。複雑な感情を持ったまま、空を見上げる「ロックオン・ストラトス」であった。

 派手な登場を見せた「ガンダムスローネ」達。「刹那」達下っ端(おい が知らされていないのはわかりますが、「アレハンドロ・コーナー」達、「ソレスタルビーイング」の監視者(と名乗る)にも彼等の存在は明らかにされていなかったようです。
 敵か味方か、「紅いGN粒子」の秘密は、そして彼等が別行動をしている理由は・・・e.t.c.
 謎は枚挙にいとまがありませんが、「軍事行動」->「ソレスタルビーイング出動」->「圧倒的な能力者で鎮圧」というスパイラルに飽きてきていましたから、彼等の参加は素直に喜びたいですね。
 そして「小西克幸」「浪川大輔」「釘宮理恵」という新たなガンダム声優の誕生に乾杯っ!(^_^)!
 きっと「神谷」さんと同様に、「小西」さんは「小野坂昌也」さんに、いじられるんだろうなぁ(笑

 -お知らせ-
 次回、機動戦士ガンダム00 #17「スローネ強襲」の感想は、業務出張のためお休みいたします。
 申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。うう、土日はしっかりと休みたいのに・・・。(T_T)。

|

« 機動戦士ガンダム00 #15 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/17865124

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 #16:

« 機動戦士ガンダム00 #15 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #18 »