« 図書館戦争 #01 | トップページ | ドルアーガの塔 #02 »

アリソンとリリア #02

#02「敵国へ!」

9.0点(安心感)

 誘拐された老人が乗っているであろう輸送機を追いかける「アリソン」と「ヴィル」。
 練習機を巧みに操り自由に空を舞う「アリソン」を地に堕としたのは、「ベネディクト(山寺宏一)」操る「スー・ベー・イル」の戦闘機と、田舎には似つかわしくない電線でした。
 「カラスよりアヒルへ。追尾していた東側戦闘機を撃墜。炎上を確認した
 爆発、炎上する練習機から辛くも脱出したふたりは、ひょんなことから老婆「ラディア(津田巧子)」の住む家へと逃げ込みます。
 負傷をした「ヴィル」を助けて欲しいと訴える「アリソン」。
 敬礼も軍隊も嫌いだという「ラディア」でしたが、翌朝警察へ届けることを条件に一晩の宿を貸してくれました。
 夜中、ようやく目を覚ました「ヴィル」は「アリソン」を責めることもなく、逆に礼を言います。小さい頃からの夢(スー・ベー・イルを見てみたい)がひとつ叶ったからだと。
 ひとつしかない客間のベッドを「ヴィル」の好意で共に使う「アリソン」。
 ふたりは夢の中、彼等を育ててくれた戦災孤児院の「ムート(藤田淑子)女史」を思い出していました。

 そして、彼等の寝言「ムートおばあちゃん・・・」を聞いた「ラディア」は・・・。

 今回の主役は「ヴィル」くん。目立ったのは下記の3本でした。
 ・ヴィル、女難の相出る
 ・ヴィル、名誉の負傷
 ・ヴィル、アリソンと寝る

 相変わらず「アリソン」との仲がうらやましい「ヴィル」ですが、彼も色々と苦労してきたようです。
 今回も犯罪(領空侵犯)に巻き込まれるわ、墜落の危機に遭うわ、鹿に蹴られるわと苦労続き。
 それでも「アリソン」へついていくのは、幼い頃からの腐れ縁と、何より彼女の行動力に惹かれているのでしょうね(「アリソン」は別の意味で「ヴィル」に惹かれていますが)。
 さて、老人を助ける決意を新たに「スー・ベー・イル」へと突き進むふたり。次回は囚われの老人に再会するようです・・・が、あっさりと助けられるわけもなく。
 そろそろ宝物の片鱗でも見えてくるのでしょうか。

|

« 図書館戦争 #01 | トップページ | ドルアーガの塔 #02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/40858658

この記事へのトラックバック一覧です: アリソンとリリア #02:

» (アニメ感想) アリソンとリリア 第2話 「敵国へ!」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
アリソン〈3 上〉ルトニを車窓から (電撃文庫) アリソンとヴィルに「戦争を終わらせることができる宝」の話をした矢先、何者かに誘拐されたお爺さん。アリソンとヴィルは、お爺さんの後を追って、飛行機で国境を越え西側のスー・ベー・イルへ侵入してしまう。敵機に撃墜さ...... [続きを読む]

受信: 2008.04.15 08:52

» アリソンとリリア 第2話 「敵国へ!」 僕のベッドをどう使おうが僕の勝手だ!! [裏オタク]
アリソンとリリア 第2話「敵国へ!」 敵国で超エリートに昇進    [続きを読む]

受信: 2008.04.16 13:34

» アリソンとリリア第2話 [にき☆ろぐ]
さて2話ですが展開早っ!!まぁアリソンを1クールでやるんだからこれぐらい飛ばさないと無理かさらわれたおじいさんを追っていくアリソンとヴィルなんと国境線であるルトニ川を越えていきますもちろん敵側の機体に見つけられて射撃されますそこでアリソンが機転をきかせ...... [続きを読む]

受信: 2008.04.18 00:14

« 図書館戦争 #01 | トップページ | ドルアーガの塔 #02 »