« アリソンとリリア #04 | トップページ | ドルアーガの塔 #04 »

図書館戦争 #03

#03「小田原攻防戦」

9.0点(心身共に乙女)

 「手塚 光」から(愛の!)告白をされた「笠原 郁」。
 「しばらく・・・考えさせて・・・」
 成績優秀、武芸百般、容姿端麗、高身長、おまけに父親は図書館協会の会長様。
 世間的に言えば完璧に近い相手からの告白というのに、冴えない「郁」の表情。
 「そういう条件で付き合うのは・・・違うというか・・・」
 「じゃあ、あんた好きな人がいるわけ?
 親友「柴崎 麻子」からの突っ込みに、「別にいない」と(ぼそっと)答えた彼女は「まさに」乙女。

 数日後、収集家として名高い「野辺山 氏」が死去した。
 彼の個人図書館に収められた蔵書は歴史的価値も高く、図書館への寄贈を「良化特務機関」が妨害する危険性は大いにあった。タスクフォース全メンバによる小田原情報歴史資料館警備が決定され、図書隊員は緊張の面持ちでこれを聞いた。しかし、メンバの中に「郁」の名はなかった。彼女だけが当日、別の場所で行われる告別式に出席する、「稲嶺司令」の警護を命じられたのだ。

 納得できない。
 新人だと言われれば「手塚」だって同様だ。しかし、彼女だけが重要任務から外された。
 熱い炎は青く静かに燃えるという。
 怒りを収めきれないまま「堂上」へと詰め寄る「郁」だったが、彼の言葉は辛辣だった。

 「お前は戦力にならないと俺が判断した」
 鈍痛・・・頭の奥からブラックアウトが襲ってくる。ふらつく身体を精神力で「郁」は押しとどめた。

 信用に足る何かを見せたのか?
 「堂上」の言葉が頭を廻る。部屋で落ち込みを見せる「郁」に、「麻子」は真実を告げる。
 「現場隊長は連れて行くつもりだったわ。外したのは堂上教官の単なる我が儘よ」・・・と。

 メインは「関東図書隊の長い一日」。
 これに「郁」の情事・・・ではなく事情が絡んでいきます。
 日本人が銃器を構えていると絵空事のように感じるのは、私が平和ボケしているからでしょうが、今回の攻防戦はなかなか迫力がありました。お互いが殺人を目的にしているわけではないことが、狙撃犯の手の震え、狙いの躊躇などに現れていますね。
 それにしても「郁」が外された理由。てっきり色事にかまけているから・・・と考えた私は、平和ボケだけではなく色ボケもしているようです。(^^;)。

 「メディア良化法」。
 これは公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律である。

|

« アリソンとリリア #04 | トップページ | ドルアーガの塔 #04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/41003397

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 #03:

» 図書館戦争 状況〇三『小田原攻防戦』 [風庫~カゼクラ~]
やっと来ました、週末がっっ!!ということで再開1発目は 図書館戦争 第3話「小田原攻防戦」です。 やっぱ、面白いですねコレ。 [続きを読む]

受信: 2008.04.27 00:37

» 図書館戦争 第3話 「小田原攻防戦」 [Shooting Stars☆]
【あらすじ】 手塚からの告白に動揺する郁。 検閲の歴史を収蔵した資料館が閉鎖──激戦が予想されるヘリ空輸作戦から、 堂上は郁ひと... [続きを読む]

受信: 2008.04.27 10:22

» 図書館戦争 第03話 「小笠原攻防戦」 [アニメって本当に面白いですね。]
図書館戦争   お勧め度:お勧め   [ノイタミナ]   フジテレビ : 04/10 24:45〜   関西テレビ   東海テレビ   原作 : 有川浩   監督 : 浜名孝行   シリーズ構成 : 古怒田健志   キャラ原案 : 徒花スクモ   キャラデザ : 中村悟   アニメ制...... [続きを読む]

受信: 2008.04.27 10:42

» (アニメ感想) 図書館戦争 第3話 「小田原攻防戦」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
図書館戦争LOVEamp;WAR 1 (1) (花とゆめCOMICS) 手塚からの告白に動揺する郁。検閲の歴史を収蔵した資料館が閉鎖──激戦が予想されるヘリ空輸作戦から、堂上は郁ひとりを外す。その真意はどこに…? 傷心の郁を残し、良化特務機関との大攻防戦が幕を開ける!... [続きを読む]

受信: 2008.04.29 07:17

» 図書館戦争第3話「小田原攻防戦」 [アニメのストーリーと感想]
 ライブラリータスクフォースに配属された郁。男性と同じ特別訓練に挑んだ。そこで新人と して同じく配属された手塚光と出合った。頭脳・体力・射撃共にずば抜けた能力を持つ手塚 だが、郁の知識の無さに対して容赦の無い言葉を浴びせたが、教官の堂上は、郁の実力を 認め... [続きを読む]

受信: 2008.04.29 20:38

« アリソンとリリア #04 | トップページ | ドルアーガの塔 #04 »