« かのこん #02 | トップページ | 図書館戦争 #02 »

アリソンとリリア #03

#03「ワルターの戦い」

8.5点(ラブレター少尉w)

 「ラディア」の好意により「スー・ベー・イル」親衛隊の制服を手に入れた「アリソン」と「ヴィル」。
 大胆にも軍事基地へ正面から(徒歩で)乗り込み、特権を活用して基地内の案内を命じます。
 一方、軍事基地の中核にある古城、その地下へと囚われている老人を見張るように命令された「ベネディクト」は、事前に聞いていた「敵国のスパイ」という情報が偽物であると気がつきながらも、宮仕えの辛さと命令を(適当に)実行。
 なんとか老人と再会し、逃げる算段をつけたふたりとばったり遭遇します。

 「・・・アリソンくん?」
 「ラ・・・ラブレター少尉!?」
 「え、ラブレター!?」
(どんな関係だ)

 別室へと引っ張り込まれた「アリソン」と「ヴィル」に、尋問を始める「ベネディクト」。
 ここで彼等は「宝物」という突拍子もない話を始めますが、それは彼に老人の監視を命じた上官も口にしていた単語でした。
 果たして「スー・ベー・イル」軍上層部も本気で信じている宝物とは・・・。

 ちょっとご都合主義が目につくけれど、何かこう・・・無くした少年時代の心を思い起こさせる作品です。
 私のような心汚れた大人ではなく、アリソンやヴィルのような少年少女であれば、胸躍らせて見ていることでしょう。
 さて、ふたりを宝探しという旅立たせた老人が退場(涙)し、物語は「アリソン」と「ヴィル」、そしてふたりを追いかける「ベネディクト」に絞られてきました(あれ?エンディングの黒髪の少女は・・・)。
 次回は早くも宝登場なのですが、どうやら即物的な金銀財宝ではなく、「泥棒のポケットには大きすぎる」系の宝物のようです。
 果たしてこの宝物が、長年続いてきた戦争を終わらせることが出来るのでしょうか!?

 今のところ「スー・ベー・イル」側が完全に悪役ですね。(^^;)。

 「アリソン・ウィッティングトン伍長、只今より、目的地へ向かいます」

|

« かのこん #02 | トップページ | 図書館戦争 #02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/40919204

この記事へのトラックバック一覧です: アリソンとリリア #03:

» アリソンとリリア第3話 [にき☆ろぐ]
今回は軍に侵入しておじいさんをついに助けにいきますベネディクトも本格的に関わってきましたねしっかし軍での潜入やおじいさん助ける方法はもうちっとどうにかできなかったのか原作だともう少し緊迫感ある展開だった気がしたんだけど・・毛布持ってこいってオイそして抜...... [続きを読む]

受信: 2008.04.19 00:59

» アリソンとリリア 第3話 「ワルターの戦い」 [Dream of hetare the world 跡地]
進入。 [続きを読む]

受信: 2008.04.19 14:38

» 本の歴史 04182008 [つき指の読書日記]
 日本の近代史において、関係国の一次史料が公開されはじめたと何度も紹介している。日本の歴史研究者、歴史学者は米国の史料をあたることはあっても従来は、国内の歴史資料ばかりを対象とすることがほとんどであった。冷戦終結で旧・ソ連の史料が英国の情報機関へ流出というか、旧指導者の金銭を伴う提供だと想像できるが、「ミトローヒン文書」や「ヴェノナ文書」等がある。  これを基にした書籍、日本では未訳のアレキサンドル・コルバキディ他共著『GRU帝国』や、これは読んでいるが、ユン・チアン他著『マオ 誰も知ら...... [続きを読む]

受信: 2008.04.20 07:34

» アリソンとリリア 3話【ワルターの戦い】ちょこっと感想 [La Bella Stella]
ウソつきじーさんことワルターを救出するため、 アリソンとヴィルは軍事基地 (外観 [続きを読む]

受信: 2008.04.22 16:51

« かのこん #02 | トップページ | 図書館戦争 #02 »