« アリソンとリリア #05 | トップページ | ドルアーガの塔 #05 »

図書館戦争 #04

#04「図書隊司令ヲ奪還セヨ」

8.5点(鉄の心臓)

 作戦は成功した。「小田原攻防戦」は勝利に終わった。
 負傷者こそ出たものの、「関東図書隊」、「良化特務機関」ともに死者は0。大成功と言っていい。
 しかし、それはあくまで「小田原」での話だった。
 「全部隊へ。米山市の告別会場に不審者が侵入した。稲嶺司令が襲撃を受けた・・・

 敵は「良化特務機関」だけではなかった。
 「メディア良化法」のシンパ「麦秋会」。

 彼等は告別式会場に爆弾を仕掛けたと脅し、「稲嶺司令」を連れ去った。
 介護役として「笠原 郁」と共に。

 「我々は稲嶺和市の身柄を貰い受けた、麦秋会である」
 人質の無事を確認したい「関東図書隊」は「稲嶺司令」、「笠原 郁」の呼び出しを要求し、敵はそれに応じた。
 ただし、電話に出ることを許されたのは「郁」ひとり。

 「笠原、大丈夫か!?」
 「はい、なんとか。あっ、柴崎にトランザイルの予約、取り消すように伝えてください。今晩飲む約束が・・・きゃっ・・・何よっ、これくらい良いでしょう? すっごい高い店なんだからっ!!キャンセル料あんたが払ってくれるわけ!?」
 ・・・とにかく、人質の無事を確認させた敵は「関東図書隊」へ要求を伝えてきた。
 「我々は人質の生命と引き替えに、情報資料館の資料破棄を要求する。取引条件は以下の通り・・・」
 命をはって押収した資料の焼却。
 「稲嶺司令」や「郁」の生命がかかっているとはいえ、おいそれと要求に従うわけにはいかない。
 そして「関東図書隊」や警察も、手をこまねいているわけではなかった。

 「柴崎」の言葉通り「珍しく頭を働かせた」「郁」
 なかなかの物量作戦を指示した「玄田 竜助(鈴森勘司)」。
 意気に応えた「堂上」。
 ちょっと酷い「手塚」(「郁」・・・(´・ω・)カワイソス)。

 最後はちょっとあっけない気もしましたが、前半までは緊張感のある良い話数でした。
 しかし発信器のことまで「柴崎」レベルが知っていて良いのかなぁ・・・。
 彼女が優秀なのか、意外と機密ではないのか。(^^;)。

 「メディア良化法」。
 これは公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律である。

|

« アリソンとリリア #05 | トップページ | ドルアーガの塔 #05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/41078987

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 #04:

» 図書館戦争第4話「図書館指令ヲ奪還セヨ」 [アニメのストーリーと感想]
 小田原にある財閥グループの会長野辺山亡くなった。所有していた「情報歴史資料館」の 中には、メディア良化委員会特務機関による、検閲の歴史を記した書籍が多数存在。今まで 個人が所有していた資料館だったので、特務機関は手を出して来なかった。しかしその資料を 関... [続きを読む]

受信: 2008.05.04 12:19

» 図書館戦争 状況〇四『図書隊司令ヲ奪回セヨ』 [アニメ-スキ日記]
小田原攻防戦が終息したのもつかの間、稲嶺基地司令と郁が、良化法賛同団体に拉致され [続きを読む]

受信: 2008.05.04 16:54

» 「図書館戦争」第四話 〜汝らに日和る程我らの歴史は幸福では無し〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

受信: 2008.05.05 00:15

» 図書館戦争 第4話 「図書隊司令ヲ奪回セヨ」 [アニメが好きなのよ]
郁と司令の誘拐。。。。 こう見えても司令はかなりの要人なんだぜ! <図書館戦争 画像 感想 キャプ レビュー> [続きを読む]

受信: 2008.05.05 01:16

» 図書館戦争〜第4話・図書司令官ヲ奪回セヨ [一言居士!スペードのAの放埓手記]
図書館戦争ですが、笠原は司令と一緒に良化法賛同団体に拉致されます。笠原は電話で、柴崎に約束した店をキャンセルするよう伝えてくれと言いますが、これが自分の居場所を伝えるサインとなっています。(以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2008.05.05 17:56

» 図書館戦争 状況〇四『図書司令官ヲ奪回セヨ』 [風庫~カゼクラ~]
前回の小田原攻防戦はナカナカ見応えがあった図書館戦争。 その攻防戦が収束した直後に起きた拉致事件の解決篇といった今回。 大作戦!というよりは何気にラブ要素が高めでしたかねぇ。 ... [続きを読む]

受信: 2008.05.06 02:03

» 図書館戦争 状況〇四 [屋根裏視聴覚室@日々、ことのはを綴る。]
 堂上のデレデレ告白にぶったまげました(笑)  今話、あんまり突っ込む箇所を見出せなかったので、引用しときましょか、堂上の科白。 どうしてお前は、こんなに俺に... [続きを読む]

受信: 2008.05.16 18:40

» 警察や政府の官僚もこんな職権乱用を平気でやってるかも!? 図書館戦争第4話『図書司令官ヲ奪還セヨ』 [シュージローのマイルーム2号店]
 小田原攻防戦での運搬攻防戦をなんとか放棄用コンテナを利用して制した図書隊の面々。  ところが、別働隊として『稲嶺基地司令護衛』で動... [続きを読む]

受信: 2008.05.29 22:49

« アリソンとリリア #05 | トップページ | ドルアーガの塔 #05 »