« アリソンとリリア #06 | トップページ | ドルアーガの塔 #06 »

図書館戦争 #05

#05「両親攪乱作戦」

9.0点(堂上教官、正論ですっ!)

 関東図書隊初の女子特殊防衛部員に抜擢された「笠原 郁」22歳。
 だが、保守的な両親が職場を視察に来るという緊急事態が発生。
 両親に配属先が発覚すれば、即、強制送還の可能性有り。
 入隊以来最大のピンチ。さあ、彼女は切り抜けられるのか!?

 恐れることはない。敵はたったの2名。
 打てる手は全て打った。
 シフト表は変更して貰ったし、教官から同僚にまで回せる手は全て回してある。
 ああ、それなのに・・・この身体の震えは何!?

 思い出すのは学生時代。
 提出した進路希望を母親が知ったとき、家族会議が開催された。
 数時間による説得、説明も虚しく、事態は母親の号泣によって決した。
 私はあの時、両親から背を向けた・・・。

 関東図書隊の活躍はメディアを彩った。
 雑誌「新世情」9月号では情報歴史資料館攻防戦の特集記事が組まれ、「郁」は写真が掲載されるほどの活躍を見せた。本来であれば両親に誇れるほどである。
 しかし、今の彼女は「新世情」を親に見せるわけにはいかない。
 自分は安全な内部勤務と説明をしてあるのだ。

 そんな彼女の苦労を知らず(あるいは知ってか)、両親は「郁」を試すかのように様々な質問をし、同僚と比較し、苦言を呈する。
 そして今日に限って様々な事件が図書館内に発生する。

 ああ、私は何か悪いことをしたのでしょうか・・・。

 こういうサイドストーリーは大好きです。(^_^)。
 焦る「郁」と対照的な「柴崎」の落ち着きが堪りません。
 また、振られたばかりの「手塚」も「郁」に対しての接し方を変えず(なかなかできませんよね)、手も抜いてくれません。
 そして「堂上」の正論&「郁」に対しての目のかけ方。
 それを見抜いた父親含めて、皆様Good Job!ですよ。
 母親の号泣も親の立場であれば十分理解できますし、「郁」は良い家族、メンバに囲まれていますね。

 「メディア良化法」。
 これは公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律である。

|

« アリソンとリリア #06 | トップページ | ドルアーガの塔 #06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/41161843

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 #05:

» 図書館戦争 状況〇五『両親攪乱作戦』 [アニメ-スキ日記]
親に内緒で戦いに飛び込んだアホな少女の物語 郁の仕事ぶりを見ようと、両親が図書館 [続きを読む]

受信: 2008.05.11 18:51

» アニメ 図書館戦争 状況〇五 「両親攪乱作戦」 [Mare Foecunditatis]
図書館戦争 状況〇五 「両親攪乱作戦」 堂上の過去に似ている郁に対する思いがわかってとてもよかった前回。今回は郁の父親と堂上との... [続きを読む]

受信: 2008.05.11 23:42

» (アニメ感想) 図書館戦争 第5話 「両親攪乱作戦」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 郁の仕事ぶりを見ようと、両親が図書館にやってくる。戦闘職種配属を隠していた郁は、タスクフォースの面々に泣きつく。危険な仕事に断固反対の母、成長を試すような父。田舎への強制送還を阻止できるか、郁!?... [続きを読む]

受信: 2008.05.12 22:23

» 私の図書館□□! [許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello.]
状況05「両親攪乱作戦」 [続きを読む]

受信: 2008.05.13 20:24

» 図書館戦争 第05話 感想 [荒野の出来事]
 図書館戦争  状況〇五 両親攪乱作戦  −キャスト−  笠原 郁:井上麻里奈  堂上 篤:前野智昭  小牧 幹久:石田彰  手塚 光:... [続きを読む]

受信: 2008.05.16 02:14

» 図書館戦争 第05話「図書館司令ヲ奪回セヨ」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
図書館戦争 第05話 「図書館司令ヲ奪回セヨ」 評価: ── あんな化け物と比べないでよ! 脚本 高橋郁子 ... [続きを読む]

受信: 2008.05.17 03:02

» 図書館戦争 状況〇五「両親攪乱作戦」 [無限回廊幻想記譚]
「年号が昭和から正化に変わる頃、社会に悪影響を与える本を取り締まる為、メディア良化法が制定された。図書館はメディア良化隊の激しい検閲から、表現の自由を守る為、武装化。両者の戦闘は、激化の一途を辿った。 そして正化31年。その戦いに親に内緒で飛び込んだアホな少女... [続きを読む]

受信: 2008.05.23 01:05

» 今度の相手は、郁の両親!?絶縁覚悟の戦いが始まった!!! 図書館戦争第5話『両親攪乱作戦』 [シュージローのマイルーム2号店]
 親に黙って行動すると、こんな絶体絶命の危機に陥る事もある!!  そんな言葉がまったく当てはまってしまったのが、今回の話でありますね&he... [続きを読む]

受信: 2008.06.07 17:53

« アリソンとリリア #06 | トップページ | ドルアーガの塔 #06 »