« コードギアス反逆のルルーシュR2 #08 | トップページ | 図書館戦争 #08 »

アリソンとリリア #09

#09「元戦場に架かる橋」

8.5点(どう見ても婚前旅行です。ありがとうございました。)

 かつての戦争、かつての戦場、かつての敵・・・。
 戦争が終わり「ロクシェ」と「スー・ベー・イル」の間は大陸横断特急で結ばれることとなった。
 まだ庶民の足とまでは行かないが、旅行に対しての制限が金銭だけになったのは平和の証。
 僕、「ヴィル」は貧乏学生だけれど、英雄「ベネディクト」さんの招待を受け、列車の旅を楽しむことが出来る。
 そして、その列車には「アリソン」、「フィオナ(フィー)」さんも乗車しているはずだ。

 久しぶりの対面に心躍らせる僕。変装をした「フィー」さんや「ベネディクト」さんにはちょっと笑ったけれど、
 この旅は楽しいものになる。そんな予感が僕にはあったんだ・・・。

 久しぶりに出会う友人達。一応「英雄」という呼び名を貰っているからには、最低限の変装は必須。
 サングラスに付け髭、髪型も変えたというのに・・・プロの目はごまかせないらしい。
 確か、陸軍の「ストーク少佐(田中秀幸)」と言ったか。もしかすると情報部かもしれない。

 なんでも貴賓室のお偉いさんに、軍関連企業がごまをするための乗車だとか。
 僕も色々な命令を受けては来たけれど、彼も大変そうだ。
 もっとも貴賓室のお偉いさんに興味など無いし、せっかくのバカンスなのだから、ゆっくりと楽しめることを願おう。

 呑気なものだ。
 舌平目のムニエル、豪華な客車、ざるのような警備。
 これが平和というのなら、平和は人を堕落させるものらしい。
 まあ、今は観光を楽しんでいるが良い・・・文字通り、これが「最後の晩餐」なのだから・・・。

 終戦から半年というのですから、#01からはそれ以上の年月が経っているわけで。
 そう思ってみていると、「アリソン」や「ヴィル」から子供っぽさも消えたような気がしますね。

 相変わらず豪華な声優陣は、今回ゲストとして「田中秀幸」を起用。
 彼と、部下に殺されたという「アリソン」の父親は繋がるのでしょうか。
 原作未読派としては、散らばれた伏線が気になるところです。
 それにしても、「ヴィル」の朴念仁は凄まじいですね。
 あれだけモーションをかけても無反応とは、異性としてみられていないのかと「アリソン」に同情したくなります。

|

« コードギアス反逆のルルーシュR2 #08 | トップページ | 図書館戦争 #08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/41382796

この記事へのトラックバック一覧です: アリソンとリリア #09:

» アリソンとリリア 第09話 [まぐ風呂]
[関連リンク]http://www.tbs.co.jp/anime/to-love-ru/index-j.html第09話 元戦場に架かる橋久しぶりの感想ですねまぁ毎週見ていましたけどもwさてさてアリソンの恋はどうなることやらー大陸横断列車... [続きを読む]

受信: 2008.06.01 02:30

» アリソンとリリア 第09話「元戦場に架かる橋」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
アリソンとリリア 第09話 「元戦場に架かる橋」 評価: ── 豪華列車へようこそ 脚本 ふでやすかずき ... [続きを読む]

受信: 2008.06.01 04:28

« コードギアス反逆のルルーシュR2 #08 | トップページ | 図書館戦争 #08 »