« アリソンとリリア #12 | トップページ | 仮面のメイドガイ #12 最終話 »

図書館戦争 #11

#11「死闘!茨城県展警備」

9.5点(夜の逢い引き)

 人は何に命を賭けるのか。

 使命と答える人もいるだろう。
 ・・・その人は真っ直ぐに生きている。その生き方は時として盲目になるが。
 宗教と答える人もいるだろう。
 ・・・その人は世界のマジョリティだ。なぜなら戦争の大部分は、宗教が絡んでいる。
 お金と答える人もいるだろう。
 ・・・その人は正直だ。お金で買えない物の方が少ないのだから。
 大切な人と答える人もいるだろう。
 ・・・その人は幸せだ。ただ大切な人の側の心情も考えた方が良い。
 思想と答える人もいるだろう。
 ・・・その人は周りを巻き込んでいないか考えて欲しい。
 メンツと答える人もいるだろう。
 ・・・その人は不器用だ。その考え方は周りから見たら滑稽でくだらない。くだらないからこそ・・・。

 メンツに凝り固まった「メディア良化委員会」と、志に燃えるが練度の低い「図書隊」。
 かつての「小田原攻防戦」を越える規模の戦闘行為が、確実に予想された。

 「もしも奴らが協定を無視して、見境のない攻撃を仕掛けてきたら・・・自分の命を守ることを優先しろ」

 そして早朝6時。戦争が・・・始まる。

 ザ・シリアス。特に後半。
 事前に弱装弾で防弾チョッキを貫くのは難しく、人死には少ないと伏線を張っていますから、恐らく死なないとは思いますが、大丈夫でしょうか「玄田 竜助(鈴森勘司)」。
 そして何より「堂上 篤」。あの火の海を無傷で抜け出すのは、まず無理でしょう。おまけに被弾。
 どう考えたって、守るべき資料を放火した方が責任問題になるでしょうに、あの館長も何を考えているのやら。

 さあ、次回は最終回。架空の近未来「日本」の方向は見えませんが、「笠原 郁」達には幸せになって欲しいところ。
 狭い地域内でも構いませんから、大団円を希望
します。

 「メディア良化法」。
 これは公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律である。

|

« アリソンとリリア #12 | トップページ | 仮面のメイドガイ #12 最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/41604453

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 #11:

» アニメ『図書館戦争』の感想/状況一一『死闘!茨城県展警備』 [空夢ノート]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第四巻角川エンタテインメント発売日:2008-11-05amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●状況一一『死闘!茨城県展警備』良化隊員の制服をモチーフにした「自由」を巡り、図書隊と良化隊の対立は深まるばかり。 小田原以上の激しい戦闘が予想...... [続きを読む]

受信: 2008.06.22 01:04

» 図書館戦争 状況一一『死闘!茨城県展警備』 [アニメ-スキ日記]
今回は全くギャグなしの真面目な話でした。 戦闘前夜、郁は堂上をカミツレが咲く温室 [続きを読む]

受信: 2008.06.22 05:14

» 図書館戦争 第11話「死闘!茨城県展警備」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
展示会は予定通り開催!!県民に被害が出たら、良化隊を非難。作品を守れなかったら図書隊を非難。そうインタビューに答える県知事。郁の父親もまた一緒に戦ってくれてる。TVに映る姿を見てちょっと感動する郁でした♪展示作品『自由』を巡り、混迷する茨城県展。闘...... [続きを読む]

受信: 2008.06.22 10:23

» 図書館戦争 状況一一 「死闘!茨城県展警備」 [Mare Foecunditatis]
図書館戦争 状況一一 「死闘!茨城県展警備」 苦難の中の力 面白すぎる! こうきたか・・・。玄田さんの死に感動。いや、まだ死んでない... [続きを読む]

受信: 2008.06.22 15:59

« アリソンとリリア #12 | トップページ | 仮面のメイドガイ #12 最終話 »