« <今期(08年9月)終了アニメ私的評価>2/3 | トップページ | 鉄のラインバレル #01 »

<今期(08年9月)終了アニメ私的評価>3/3

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんのところで
好評に尽き、今回も企画された今期(2008年9月)終了アニメ私的評価です。
前回に引き続き、私もいくつか参加してみようと思います。
※ネタバレを多分に含んでいる可能性があります。
 未視聴の方、現在視聴中の方はご注意下さい。

1/3はこちら
2/3はこちら

★二十面相の娘

 ストーリー  :4
 盗賊、探偵、冒険活劇。
 いささか詰め込みすぎの気もしますが、
 幕の内弁当的な楽しさがありました。
 終盤にかけて奇抜な設定が増えるのは難点ですが、
 古き良きアニメといった印象です。

 キャラクター性:3
 私の一番のお気に入りは、
 スーパーマン「二十面相(内田夕夜)」でもなければ
 聡明なヒロイン「チコ(平野綾)」でもありません。
 忠実で優秀なメイド「トメ(新井里美)」こそが一番のお気に入りです。
 いやぁ~、「新井里美」はメイドをやらせたら天下一品ですね!
 あとは「明智(浜田賢二)」のキャラさえ、もう少し立っていれば・・・。

 画      :4
 シンプルなキャラクターですが、それがスタッフの狙いか。
 動かしやすい彼等は、華麗なアクションを見せてくれます。
 目的に沿った良いデザインと言えるでしょうね。

 演出     :3
 ストーリーの点でも触れましたが、
 徐々に奇抜な設定が増えていくのがマイナスポイント。
 大正ロマンに超科学・・・という組み合わせは嫌いではありませんが、
 本作では行き過ぎのように感じました。

 音楽     :3
 作品世界にあった良いBGMとは思いますが、
 もう少し華を感じさせる曲があると良かったかも。
 せっかく、可愛い少女達が画面を飛び跳ねていることですしね。

 総合的な評価 :4
 肩の力を抜いて楽に見られるアニメでした。
 土曜日深夜よりも、日曜日の夕方に似合う作品だったと思います。
 ちょっとバイオレンスだったから、夕方は難しかったのでしょうか。

 総合点    :21

★夏目友人帳

 ストーリー  :4
 主人公「夏目 貴志(神谷浩史)」の周囲に起こる怪異な事件を
 相棒の「ニャンコ先生(井上和彦)」の助けを借りながら解決していきますが、
 冒険活劇というよりは現代の「まんが日本昔話」のようです。

 キャラクター性:4
 「夏目 貴志」が実に素朴で良い。
 彼の友人達も、いわゆる「嫌な奴」はほとんど居ないのに、
 それでいて「嘘っぽくない世界」を造り上げているのはお見事。
 「井上和彦」を始めとして、演技力が高い声優陣が
 しっかりとキャラクター達を立てていきます。

 画      :4
 物語にあったリアルな登場人物と、
 誰の心にもある「田舎の風景」を
 華美な装飾無く、丁寧に描き出しています。

 演出     :5
 見る人を心地よくさせる「夏目友人帳」の世界。
 「退屈」にもならず「過剰」にもならない、
 その演出力、バランス感覚が素晴らしいです。

 音楽     :4
 作品世界を構築する音楽においても隙は無し。
 好みの問題はあるでしょうが、世界観にあった音楽、
 名残惜しさを感じさせるエンディングは見事なものです。

 総合的な評価 :5
 声優ファンとしては、「神谷浩史」が「ニャンコ先生!」と
 叫ぶだけでも見る価値はありますが、アニメとしても良作だったと思います。
 私は単なる時間つぶしではない「何か」を感じることが出来ました。
 老若男女に勧められる、希有な作品ではないでしょうか。

 総合点    :26

★秘密~トップシークレット~

 ストーリー  :3
 良い意味で「B級」。
 映画になっても日本公開はされず、
 レンタルDVDで、その存在を知る・・・
 だが、それが良いっ!!(おい

 キャラクター性:5
 主人公達「第九」メンバーも良いのですが、
 なんといっても犯人達の狂気が素晴らしい。
 隣には居て欲しくない人達ばかりですが、
 画面の向こうであれば、娯楽として楽しめます。

 画      :3
 主に殺人事件ばかりを取り扱うからか、
 劇画タッチで描かれている人物達。
 その影響か、崩れたときの表情が怖い怖い。
 味があるとも言えますが、深夜に見ていると夢に出そうです。

 演出     :5
 まさかあの人物が亡くなるとは・・・。
 という演出の繰り返しは、ちょっとどうかと思いますが、
 不満点はそれだけ(おい。
 これは、本当に好みとしか言いようがありません。
 なんとも強引すぎるのですが・・・大好きです。(^^;)。

 音楽     :4
 こちらも映像に負けず劣らず「B級」テイスト満載(誉めています)。
 今時、XXサスペンス劇場でも使わないような音楽が
 深い(?)味わいを出しています。

 総合的な評価 :4
 「夏目友人帳」とは真逆に、人を非常に選ぶアニメです。
 好きな人は好きでしょうが、つまらないと思う人も多いはず。
 でもたまには、こんな作品も良いですよ。
 健康食ばかり食べていては、人生の楽しみ全ての理解は出来ない
 ・・・私はそう思います。

 総合点    :24

★RD 潜脳調査室

 ストーリー  :5
 81歳の主人公「波留真理(森功至)」が
 15歳の少女「蒼井ミナモ(沖佳苗)」と結ばれる話。
 ・・・と書くと色々な意味で誤解されそうです。(^^;)。
 一部「攻殻機動隊」と重なった世界観で、
 海底にも似た深層意識に潜り、事件、事故を解決する
 「波留」さんが格好良いという、珍しい「お爺ちゃん萌え」アニメ。
 ・・・これも間違っているかなぁ。
 何にせよ、様々な物語を見せて戴きました。

 キャラクター性:4
 やはり主人公の「波留」が凄い。
 「森功至」さんもTVアニメの主人公は久しぶりなのでは?
 そして、ぽっちゃりヒロイン「ミナモ」がまた愛らしい。
 彼女の動きを見ているだけで、幸せになれます。

 画      :4
 繊細なキャラクターを見事に動かしている様は
 「贅沢」の一言に尽きます。
 繊細だからこそ、動かしていてもデッサン力、演出力が問われる本作。
 一部の作画の乱れはありましたが、堂々の「4点」です。

 演出     :4
 難しい話が多いように思いますが、意外と単純なのは物語の本筋。
 環境アニメにもなり得る美しい風景、ダイブの描写、
 キャラクターの動きが楽しめますので、
 よくわからなかったあなたは、再度DVD等で視聴してみて下さい。

 音楽     :5
 物語のスケール感を支えきった音楽。
 主題歌、エンディング曲共に世界観にあっており、
 見る人をぐいぐいと引き込んでゆきます。

 総合的な評価 :5
 電脳化電脳化による人と人の繋がりがより深くなった時代に、
 何故か多発する深層意識の問題。
 まだ電脳化をしておらず、「言葉」というコミュニケーションしか持たない
 「ミナモ」がどうして誰よりも早く回答に辿り着くのか・・・。
 最終回までしっかりと視聴すれば、答えは自ずと見えてきます。

 深夜アニメでしたが、ゴールデンタイムに放送しても
 充分に評価される作品だと私は感じました。
 「皆さんも宝物を見つけて下さい」

 どうでも良いですが、タイトルを見ていると
 「秘密」と間違えそうになりますよね。「潜脳調査室」って。(^^;)。

 総合点    :27

ベストキャラクター賞
 「ジェレミア・ゴットバルト」
(コードギアス 反逆のルルーシュR2)
 主人公でもなければ、ライバルでもなく、敵役でもない彼。
 しかし、あの格好良さ、インパクトは最高です。
 単なるネタキャラだった前作から、大いに飛翔した彼を称えて、
 ベストキャラクター賞を贈りたいと思います。

ベストOP賞
 「トライアングラー」

 (作曲:菅野よう子、歌:坂本真綾、マクロスFRONTIER )
 初めて見た時、背中に電気が流れました。
 音楽、作画、演出・・・名作の予感を、ここで感じました。

ベストED賞
 「わが﨟たし悪の華」

 (歌:ALI PROJECT、コードギアス 反逆のルルーシュR2)
 マクロスFRONTIER、またコードギアスの前半ED・・・と悩んだのですが、
 CLAMPの1枚絵と曲のコラボレーション(総合演出)をとって、
 コードギアス後半のEDをベストEDとして選出しました。

ベスト声優賞(男性)
 「福山潤」(ルルーシュ役:コードギアス 反逆のルルーシュR2)。
 あのテンション、あのセリフ量、あの迫力。
 難しい役を1年間(前作とあわせて)、実に見事に演じきりました。
 間違いなく、彼の代表作のひとつとなりましたね。

ベスト声優賞(女性)
 「遠藤綾」(シェリル・ノーム:マクロスFRONTIER、
  アンジェリーク役:ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age-)
 上記にあるように、「アンジェリーク」込みで「遠藤綾」さんを選出。
 まったくテンションの違う役を、同時期に見事に演じられていました。
 「ゆかな」「小清水亜美」等も考えましたが、
 彼女の方が1ランク上と判断致しました。

以上で、今期の私的評価は終了です。
皆様の感想は如何でしたでしょうか。

|

« <今期(08年9月)終了アニメ私的評価>2/3 | トップページ | 鉄のラインバレル #01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34561/42679829

この記事へのトラックバック一覧です: <今期(08年9月)終了アニメ私的評価>3/3:

« <今期(08年9月)終了アニメ私的評価>2/3 | トップページ | 鉄のラインバレル #01 »