極上生徒会_TV09

第9話「好きはとまらない」

休憩時間にカード賭博 (と書くと犯罪だな を楽しんでいる極楽生徒会の皆様。
そこへ木刀を持って乱入してきたのは「君塚優子」。なにやら「飛田小百合」と因縁がありそうです。
すわ乱闘かと思いきや、決着は後日へ持ち越し。
こうなると気になるのは二人の事情。「小百合」の幼なじみ「角元れいん」も様子がおかしい。

さて、語られるは辛い真実。「君塚」は「蘭堂りの」に言い去ります。「小百合は父の敵・・・」と。
そして、「会長:神宮司奏」は自分がスカウトしたときの「小百合」と「れいん」を思い起こします。
「大会当日、飛田さんは直前になって棄権をしたの。今でも憶えているわ・・・角元さん寄り添うように泣いていたあの姿を。
あの時の飛田さんはまるで脆いガラスのように、今にも壊れてしまいそうに感じた・・・」
そして、その時と重なるように寄り添いあう「小百合」と「れいん」。

極上寮ではルームメイトの「小百合」と「れいん」。
自らの心情を示すかのような暗い部屋でうずくまっている「小百合」。そんな「小百合」に「れいん」は話しかけます。
「あれは事故だった・・・間が悪くて・・・不可抗力で・・・どうしようもなかった」
フラッシュバックする事故現場。倒れた男、手から離れた竹刀、水たまりのような血・・・。

「人の過去を調べるのは本意ではない。しかし・・・」会長の命を受け「小百合」の過去を調べる隠密部。
「桂聖奈」が尋ねた先は、「飛田活生道場」。
そこで母親から語られる飛田の歴史。殺人剣であった「飛田活殺流」。
時代の流れとともに消えていくはずだったその剣が、「小百合」の血には流れている。
あの事件が皮肉にも、その才能を、その血を、示すこととなった。
「君塚」の父の両腕を再起不能にした殺人剣。その事件が「小百合」から剣を奪った、封印させたのだ。

剣を捨てるために、新しい理想の学園を創るために、「極上生徒会」へやってきた「小百合」と「れいん」。
しかし、「小百合」は剣を捨てることができなかった。「奏」は言う。「捨てられないのは当然よ。そう、好きだから

物事が見えすぎる「小百合」から「めがね」を外してあげた「れいん」。
しかし、「小百合」の性格が、その決心が、「れいん」に同じ手で「めがね」を返させる。
「見つめなよ・・・ありのままを、真っ直ぐに」

「極上生徒会」の立ち会いで行われる「小百合」と「君塚」の試合。
「敵討ち」という「君塚」、「勝負」とする「小百合」。
二人の激しい太刀筋が、試合を実戦へと変える。そして、竹刀が飛んだ・・・。

戦いに負けた「君塚」は父へと結果を報告する。
「確かめたかったの。飛田小百合が剣士かどうか・・・辛くても苦しくても戦い続ける人かどうか・・・
ええ、もちろん、彼女は剣士だったわ

全てを吹っ切った「小百合」。彼女の目は、真っ直ぐに見つめ続けることでしょう。

ちょっと作画の乱れも気になりましたが、殺陣のシーンは良く動いていました。
緩急をつけると言いますか、普段がスローペースなだけに、印象深かったです。
それにしても「飛田小百合」役の「川澄綾子」は幅が広いですねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV08

第8話「さらば!極上生徒会」

最終回にふさわしいタイトルです( 違。
それはさておき、オープニングから飛ばしています。
誰かの妄想かと思えば、実際に「神宮司奏」と「蘭堂りの」は「ああ」なんですね。
それは「和泉香」も悔しさに夜も眠れないことでしょう。うんうん。

そんな我が世の春を謳歌していた「りの」に「定例テスト」が訪れます。
「定例テスト」・・・中間テストとか、期末テストとかいう「あれ」ですね。懐かしい。
で、そのテストで赤点を取ると「極上生徒会」を辞めなければいけないという。
イコール「極上寮に住む資格を失う」&「学費などの免除もなくなる」

「蘭堂りの」は「バカ」でした。
※凄い顔だ・・・(笑

落ち込む「りの」に頼もしくもない援軍がかけつけます。
「角元れいん」も「シンディ真鍋」も「バカっ娘」でした。

「一度に3人もの退会者を出すわけにはいかない」
かくして、「バカっ娘」たちの特訓がはじまったのです。

角元れいん・・・数学が苦手。勉強やる気なし。
 「極上寮管理人:久川まあち」の手料理を食べるため、
 赤点なしなら一週間おやつ食べ放題のため、頑張る。
シンディ真鍋・・・ハーフなのに英語が苦手。盗んだバイクで逃亡。
 取り押さえ、今度逃げたら退学と通告し、頑張らせる。
蘭堂りの・・・問題外。当初点数が良かったのは「プッチャン」のおかげ。
 極上生徒会のメンバ、ほぼ総動員して一週間勉強漬けに。

特訓から5日が過ぎた。「れいん」「シンディ」に目処はついたものの、「りの」は芳しくはない。
「どうしてあんなにバカなのか」対策会議を設ける生徒会メンバ。

そんななか、「和泉」は「プッチャン」に「りの」が「バカ」な理由を尋ねる。
りのは哀しいことに耐えられないんだ。死んだ母のことを引きずっている。
一人になる寂しさを知ってる。この学園から追い出されて一人になることを恐れている」
それを聞いた「和泉」は「奏」に一つの提案をするのであった。

一人で「極上寮」に帰る「りの」。真っ暗な中、誰にも会わず、一人であることをかみしめる「りの」。
思わず泣きそうになる中、ふいに寮の明かりがついた。
そして、そこには「極上生徒会」のメンバが、パーティの準備をして待っていた。
「りの。あなたは一人じゃないのよ」
「神宮司奏」は「りの」を抱きしめ、そう伝えるのでした。

「定例テスト」が終わりました。「りの」はなんとか赤点を回避することができました。
喜ぶメンバ達。そして、「りの」をみつめる「副会長:銀河久遠」
「蘭堂りの・・・会長のお気に入り・・・もしかして」

謎めいた「副会長:銀河久遠」の台詞はどういった伏線なのか。
ある種「高橋留美子のるーみっくわーるど」な世界は、どうやって閉じていくのでしょうか。
後々、最終回近くになったときに、この台詞を思い出してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV07

第7話「おせっかいが好き」

一部にファンが多い「会計:市川まゆら」。今日は彼女が主役・・・地味な話になりそうだ。
普段は「予算」のことしか頭にない「会計ねーちゃん by プッチャン」がデート!?
いかにも色男なルックスの、相手の男は「栗須四門」
悪魔城にでも行きそうな・・・って、それはベルモント。
およげ!たいやきくん・・・って、それは真人。
「しあわせのかたち by 桜玉吉」を思い出すなぁ・・・。

結局、全員で「市川まゆら」の男関係の調査を開始。
「市川まゆら」には食事からお風呂場まで、1対多のストーキング状態。
「栗須四門」には隠密部が張り付き、逐次報告。
※不純異性交遊になりそうだからとはいえ、この扱い。こんな高校はイヤだぁ・・・。(T_T)

やはり「栗須四門」は「市川まゆら」を不幸にするだけと判断した
「金城奈々穂」以下、極上生徒会の面々は、二人を別れさせる作戦へと突入した。

作戦1:説得
 ・「和泉香」の場合・・・相手をアッパーカットで殴り飛ばし、失敗。
 ・「桂聖奈」の場合・・・サングラスをかけて色男光線を防ぐも、あっさり失敗。
作戦2:色仕掛け
 ・「飛田小百合」の場合・・・人選が間違っている・・・というか、やる気(もしくは才能)の問題で失敗。
 ・「シンディ真鍋」の場合・・・言葉も発せず失敗。「金城奈々穂」、君は人の上に立てるのか?
 ・「角元れいん」の場合・・・お子様に見られて失敗。相手が「ロリ」じゃなくて良かったねぇ。
作戦3:実力行使
 ・「蘭堂りの」の場合・・・質問。涙。説得。その後、皆が合流し、実力行使へ。成功。

予想通りというか、結局「極上生徒会」の勘違い。
「市川まゆら」は友達のために「栗須四門」の素行調査をしていただけだった。
その行為は「お節介」かと「会長:神宮司奏」に訪ねる「市川まゆら」。
「確かにお節介かもしれないけれど、私はそんなお節介が大好きよ」と答える「会長:神宮司奏」
そして、「極上生徒会」のメンバも、みな、お節介なのでした。

表面的にはいい話かもしれないが・・・怖いなぁ。
このメンバは判断基準が「会長:神宮司奏」なんですよね。
彼女が喜ぶことが良いことで、悲しむのが悪いこと・・・。
絶大なカリスマを持つ「会長:神宮司奏」の判断に全てをゆだね、自らは思考停止に陥る。
うーん、怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV06

第6話「大恐怖!プッチャンの呪い」

影の主役(いや、表かも)「プッチャン」が主役のお話です。

前回作りすぎたカレーを昼食にしている生徒会。10日目のカレー・・・既に野菜など形もないのでは。
まあ、ケーキがお昼よりは栄養価が良さそうです。

プッチャンによるあだ名一覧
 ・市川まゆら・・・「会計ねーちゃん」そのままです。
 ・角元れいん・・・「お子様先輩」幼児体型だからでしょうか。
 ・飛田小百合・・・「デカ乳メガネ」着やせするタイプ?夏に期待か。

突如巻き上がる「プッチャン」による悪口問題。
まあ、確かに腹話術で話しているのであれば、「蘭堂りの」のダークサイドが話していることに。というわけで「プッチャン」没収。

「りの」を慰める友達「桜梅歩」に「りの」は「プッチャン」との思い出を語り始めるのでした。
母親が亡くなったとき、そばにいて助けてくれた「プッチャン」。
「プッチャン」の大切さを再認識し、更生させて取り戻そうとする「りの」。
しかし、既に「プッチャン」の姿は牢屋にはありませんでした。

この恨み晴らさでおくべきか

一騎当千の遊撃隊「角元れいん」「飛田小百合」「和泉香」が次々と襲われます。
※落雷に怯える副会長「金城奈々穂」萌え~。

なんとか捕らえた「プッチャン」をつけていたのは・・・「シンディ真鍋」でした。彼女が犯人だったのか・・・。
しかし、「プッチャン」は次々と宿主を変えながら、自分の言葉で話していきます。
「蘭堂りの」の説得、会長「神宮司奏」の仲裁もむなしく、最後のターゲット「金城奈々穂」をしとめた「プッチャン」。

本気で起こった「金城奈々穂」は雷雨の中「プッチャン」を投げ捨てます。
雷に打たれ、落ちていき、モノローグが別れのフラグを立てる
そして、ついに「プッチャン」はその口を閉じます。

「プッチャン」は「蘭堂りの」の自立を促すためにわざと損な役割を演じていたのか。
走馬燈のように蘇る「プッチャン」との想い出。
泣き崩れる「蘭堂りの」の姿を見て、「神宮司奏」は「プッチャン」に死んだふりは止めなさいと言います。ピンという効果音のあと、当たり前のように目を覚ましおちゃらける「プッチャン」

その夜、本当は死んでいたという「プッチャン」と語る「神宮司奏」
「あんたが支えればいい」という「プッチャン」の言葉に「神宮司奏」は寂しい笑顔を向けます。
「そういうわけにはいかないの。お願い、りのを支えてあげて」

なんともオカルティックなお話でした。
「プッチャン」は正に生きた人形だったうえに、会長「神宮司奏」までもが怪しく見えてきます。
恐らく2クール26話の放送でしょうから、今後も「プッチャン」関係は一展開あるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV05

第5話「華麗なる対決」

「華麗なる対決」このタイトルで誰もが考えるのが「カレーなる対決」だろう。
まさか、まさか、あの「黒田洋介」がそんな安易な発想をするとは・・・思っていました。(^_^;)
特にこのアニメ、お約束が好きだからなぁ・・・。

あいかわらず虐められている「会計:市川まゆら」です。
あれだけ使っていれば予算も足るまい。というか、予算を気にしているのは「市川まゆら」だけだろうな・・・。

さて、「隠密部」と「遊撃部」、どちらかの来月の予算がないという。
そして、それを解決するために「会長:神宮司奏」が「蘭堂りの」の寝言から導き出した回答!
部の予算を賭けて、「カレー」対決を実施することとなった。

「遊撃部」深紅の行動派「金城奈々穂」チーム
 意外な才能?料理が得意な「和泉香」による自家製カレー。スパイスも自分でブレンド。

「隠密部」静かなる蒼き参謀「銀河久遠」チーム
 意外な歴史を持つのか、記念碑的に残された仮校舎、その調理室。
 そこに秘めるは、料理クラブのカレーライス3姉妹によるカレー。

伝説の樹の下での(爆 、愛の言葉「タージマハール。インドでカレクック」を妄想する「和泉香」。そして、「会計:市川まゆら」の悲鳴が上がる中、様々な演出が巻き起こります。
※ああ、予算が・・・。

食材(ヘリコプターで強奪って・・・)、ルー(めがね、めがね・・・)の争奪に負け、
平々凡々の材料で勝負する「遊撃部」。
最後の最後で「プッチャン」知り合いのインド人「ナマステ (違」が助っ人で現れ、
妖しい呪文で手助けします。

さて、勝負の行方は・・・。「混ぜるのが一番」
争いは何も解決しない。部の予算は仲良く半分ずつ使おうという「蘭堂りの」の意見で決着 (嘘
にしてもクライマックスを「ナマステ」でまとめて良いのか!?「和泉香」可哀相。(T_T)。
がんばれ!「斎藤千和」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV04

第4話「素晴らしく冴えたやり方」

最近、「スカパー!」の「AT-X」で「あずまんが大王」を見返しているのだけれど、
オープニングの最初のところは似ているよね~。
※「よみ」ファンなので、ああ、見えない・・・というところがとくに>最低。

今日の主人公は「和泉香」。戦う妄想娘です。
いや、君と「会長:神宮司奏」は、どうにもならんだろう。
・・・さっそく「蘭堂りの」に同じシチュエーションを奪われているし。(´ー`;)

書記なのだけれど、とりあえず適正を見るために「遊撃部隊」へ配属される「りの」。
最凶のコンビ「りの」「和泉」で学園内に問題は起こっていないか、「見回り」を実施することに。
※「ぷーちゃん」は「りの」の裏の顔なのか、それとも、マジで人格がある人形なのか・・・。

「人形劇部」で事件が発生したとの報告を受け、集まる「りの」「和泉」。
それは部の存亡がかかるほどの「人形惨殺事件」であった・・・。
今、「和泉」の灰色の脳細胞が、難事件の解決へと動き出す・・・。

聞き取り調査、現場検証を進める「りの」「和泉」「プッチャン」。
ただ感情的に部員の反抗を否定する「りの」。それに対し、「プッチャン」は冷静に、恨み・妬みの線から犯人を絞り込んでいく。
そして、「プッチャン」が指し示した容疑者の持ち物から、凶器と思われるハサミが出てくる。

犯人が部員かと思われたとき、「和泉」は自分が持つ会長への想いから、恨みの線ではなく、状況証拠から犯人を「ネコ」と推理するのだった。

事件は解決したかのように思えた・・・。
しかし、この事件には想像もつかないようなエピローグが待っていた。

今回の事件から自分の過去を思い起こす「和泉」。
雪の中、会長の傘に招き入れられた「和泉」は「学園生活を楽しいものにするため」学園にやってきたのだ。
「楽しくなければ意味がない」それが、「和泉」が彼女である理由なのだ。

そう、楽しい学園生活を守るため、「和泉」はあえて学園内以外の存在を犯人にしたてあげたのだ。
真実を犯人にだけ告げ、憧れられる存在の義務をつきつける「和泉」。

「楽しくなければ意味がない」
たとえ、「りの」が「神宮司奏」に気に入られていようと、決して恨みや妬みは持たない。
そう彼女は、「和泉」は大人に・・・なれるはずもなかった。(´ー`)。

なるほど、「和泉香」のキャラクターはこれで立ちました。
しばらくはこうやって、キャラクターごと、グループごとにスポットを当てて、
キャラクターを立たせることに注力するのでしょう。
このアニメは決して「推理物」ではないのですから、推理の善し悪しではなく、
キャラの魅力を引き出す方向で盛り上げていく。
この方向性は正解だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV03

第3話「極上寮でパヤパヤ」

オープニングのナレーターを聞くと「厳窟王」を思い出します。
面白かったなぁ「厳窟王」。
「中田譲治」さん、良い声ですよね。初見は「ブルーシード」だったなぁ・・・。最近では「ギロロ伍長」が有名か。

「プッチャン」はお母さんの形見だったのか・・・軽いキャラクターに見えて重い話だ・・・。
・・・10秒後、口が開いたまま閉じません。え~結局、あれ?

それはそれとて、管理人萌え。(^_^;)

会長の百合話に花咲く若人。「舞-HiME」でも会長は百合だったなぁ・・・。
「マリみて」といい、流行っているのか?

生徒会長「神宮司奏」と書記「蘭堂りの」による「パヤパヤ」疑惑!?
新聞部、写真部、パパラッチ部によるスクープ合戦に備える生徒会。
予算なんてきっと無きがごとしなのだろうなぁ・・・でないと、会計「市川まゆら」が可哀相すぎる。

「神宮司奏」は「蘭堂りの」のお母さんを知っているのか。
まあ、おいおい明かされるのでしょうが、今のところキャラクターの背景がわからないですね。
そこがはっきりしないと、のめり込むまではいかないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV02

第2話「ほとばしる青春」」

「会長:神宮司奏」は含みをもたせた話し方をしていますな。
彼女がペンフレンド=ミスター・ポピット候補か。
ということは男・・・いや、ふたなりかも!(おバカ

「管理人は美幼女」。こ、これは「奥様は魔女」を越えるインパクト!
 ※後半のしゃがみこむ姿に萌え~。ヽ(゚∀゚)ノ

「蘭堂りの」が書記になったことで「平の戦闘員:和泉香」が燃えています。
納得できない人事に、クラスメートからの嫉妬が、嫉妬の光線が!
そして、権力と武力で制圧する生徒会。
ここに、社会の縮図が・・・?

歓迎会では「遊撃部」と「隠密部」の自己紹介。
ただこれだけではまだまだメンバは不明ですね~。

そして初めての男(エッチ 、「岩桜龍平太」の登場。
彼は何をするために来たのだろうか・・・?
とりとめもなく、以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会_TV01

第1話「拝啓、ミスター・ポピット」

右手の人形「プッチャン」がお友達のちょっとヤバげな人「蘭堂りの」が主人公の電波系アニメ。
シリーズ構成は「黒田洋介」(「無限のリヴァイアス」「スクライド」が大ファンです)なので、
期待してみていましたが、1回目は本当にお約束の嵐でした。
※主人公が走れば他のキャラクターにぶつかったり、めがねキャラクターが眼鏡を落とした際、
 のび太が眼鏡を外したときの目でめがねを探したり。

登場人物は性格に特徴がある人が多そうな感じですが、見た目はそれほど際だっておらず、
構成人数も多いため、見慣れるまではキャラの把握に苦労しそうです。
好きな声優陣が多い(「田村ゆかり」「清水香里」「川澄綾子」「川上とも子」)が多いので、
まずは声で判断かな。
※キャラクターの名前が登場時に背景として表示されるのはありがたいです。

あと、登場人物が今のところ全て女性ですよね。何か意味があるのでしょうか。
※「プッチャン」「ミスター・ポピット」は男性扱いかな。

製作にコナミの名前があるということはいずれゲーム化されるのでしょう。
ゲーム+アニメで「黒田洋介」が絡む作品といえば「ゆめりあ」を思い出しますが、
あの作品もお約束アニメでした。

色々と書いてきましたが1話目としてはスムーズな出だしではないでしょうか。
なにかほっとするというか、安心してみられそうなアニメです。
次回以降もチェックチェック。

| | コメント (0) | トラックバック (1)