おおきく振りかぶって #25

#25「ひとつ勝って」

 -冬-「三星中学」
 「お前、本当に高等部行かないのかよ?」
 ぼたん雪舞い散る、鉛色の空の下、まだ幼い顔をした「三橋」は彼の言葉にゆっくりと頷きました。
 「・・・うん」
 「埼玉でも野球やるんだろ?・・・止めんなよ、絶対野球部入れよ!・・・お前が今までやってきたのは違うんだよ・・・今止めちゃダメだからっ!!」
 その言葉に、涙をボロボロに流す「三橋」がそこには居ました。
・・・
 『修ちゃんは、先輩に混じって投げたんでしょう?・・・自分が投げて良いのかって、思わなかった?』

 -夏-「西浦高校野球部」
 「三橋」は試合の翌日、学校に来ませんでした。ちょっと様子を見に行こうとする「阿部」。
 球技大会に汗を流す同級生達を見ながらも、「阿部」の頭の中は「三橋」のことばかり。
 『あいつ・・・俺にはメールも返しやしない。ひょっとして・・・俺、嫌われているのか?』

 -同時刻-「三橋家」
 彼はベッドの上で唸っていました。そして・・・悶えていました。「阿部」からのメールに。
 「どどどどどどどうしよう・・・さっきのメールもまだ返していないのに・・・。マウンドを降りなかったことだ。代われって言われたのに・・・。今度のメールには何て?」
 『昼にオレと花井も行く』
 主将を引き連れて叱りに来ると考えてますます悶える「三橋」。そこへ彼等がやって来ました。

 「カレー・・・いっぱいあるよ」
 ふらふらと「阿部」達を案内する「三橋」。その様子を注意深く見守る「阿部」。3kgも体重が減ったと聞いた彼は、ま・す・ま・す「三橋」を注目していました。
 『食欲は・・・あるようだな』
 「昨日、反省会で話したんだけど・・・三橋はなんでうちが勝てたと思っている?」
 その言葉に、思わずカレーをこぼしそうになる「三橋」。
 『・・・俺は4点取られた。試合中、阿部くんに凄い怒られた。投げられなくなっても、マウンドを降りなかった。・・・俺はこのチームで、本当のエースになろうと思った。思ったのに・・・全然、変わっていない
 うつむく「三橋」を、「阿部」は何かを読み取るように、じっと睨み続けていました。

 はぁ~っ。終わってしまいましたねぇ~「おおきく振りかぶって」。
 全ての野球アニメを見てきたわけではありませんが、「ドカベン」とも「タッチ」とも違う、「ひとつの野球アニメ」。
 そう、何か、本当によいものを見せて貰った気がします。
 まだ甲子園予選。それも初戦に勝利しただけですが、「西浦高校野球部」のきっと明るい前途を祈って。

 ありがとうございましたっ! (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (4)

おおきく振りかぶって #24

#24「決着」

 「今のこの点差・・・試合前に予想していた奴はいるか?」
 9回表。ついに、ついに「西浦高校」は2点を奪取。「桐青高校」を5-4と逆転します。
 「あと1回ある。まずは1点入れるぞ!」
 相手を見下していた、相手を舐めていたことを認め、全力で1点を取りに来る「桐青高校」。
 打順も良く、トップバッター「真柴」からの攻撃は、意外なことにバントからスタートしました。

 『阿部くんは知らない。・・・僕の真っ直ぐがどれだけ打たれてきたのか・・・』 サイン通りに投げる。その約束通り、首を振らずに「阿部」へと投球する「三橋」。しかし、ボールを受けるキャッチャー「阿部」は、その球で「三橋」の気持ちを読み取ります。
 『三橋は中学時代に真っ直ぐを打たれまくった。真っ直ぐの良さをいくら説明しても、体験で学んだ怖さを言葉でぬぐうのは難しい。桐青に真っ直ぐメインの組み立てで勝って、あいつに真っ直ぐの威力を認めさせてやる!

 「真っ直ぐ」で怖い相手には、「変化球」はなお怖い。

 それを思い知らせるため、あえて勝負球にシュートを持ってきた「阿部」。喜んで投げる「三橋」でしたが、その球はこの試合初めて・・・狙ったところからボールひとつ分、甘く入ってきました。
 セーフティバント。タイミングは微妙でしたが、判定はセーフ。そして、最大の武器が狂った影響か、グラウンドへうずくまる「三橋」。

 『・・・まさか、ここが限界!?』
 「百枝」監督が思わず飲み込んだ言葉。そして、彼女以上に感じ取ったのか、「阿部」はマウンドに向かって声を張り上げます。
 「ここは三星学園じゃあない!・・・投げられないなら、マウンドを降りろっ!!」

 『投げたい・・・怖い・・・降りたくない・・・・・・ここを誰にも、譲りたく、ない
 交代したくなければ良い投球をするしかない。ランナーに走られてノーアウト2塁。カウントはツーストライクノーボール。 そして、次に「三橋」が投げたのは、・・・「真っ直ぐ」でした。

 ついに「決着」。#14「挑め!」から始まった「桐青高校」編も、ゲームセットを迎えました。
 フロック!? 実力!? 試合を見てきた私たちにはわかります。それは・・・。
 まだ予選。まだ初戦。それでも彼等は手に入れたのです。「勝利」という、何事にも変えることのできない、大きな価値を。

 「一年生だけでこの強さなら、本気で狙っていった方が良いですよ、甲子園。・・・これ、マネージャー達が折ってくれた千羽鶴なんですけど、貰ってくれますか?・・・頑張ってください。応援しています」
 そして敗者の「桐青高校」も手に入れました。こちらもまた、何事にも変えることのできない「敗北」を。

 「勝利」からしか得ることの出来ないものもあれば、「敗北」から学ぶこともある。
 今は両校の健闘を、ただ拍手で贈ってあげたいと思います。・・・お疲れ様。そして、ありがとう。(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おおきく振りかぶって #23

#23「ゲンミツに」

 先制点を取ったのは「西浦高校」
  西浦 1 - 0 桐青
 追加点は根性のスクイズ
  西浦 2 - 0 桐青
 しかし、「桐青高校」怒濤の反撃
  西浦 2 - 3 桐青
 負けず、「西浦高校」執念の同点打。
  西浦 3 - 3 桐青
 突き放す「桐青高校」
  西浦 3 - 4 桐青
 そして・・・。

 「9回の表、西浦高校の攻撃は・・・9番、キャッチャー阿部くん。背番号2」
 雨天の中「狙いうち」で攻勢を支援する応援団。「阿部」の集中力は研ぎ澄まされていきます。
 『絶対・・・出るっ』
 ぬかるむ足場の中、速球を中心に投げ込む「高瀬」。「河合」のリードもあり「阿部」を2-1と追い込みます。
 『見せ球は普通のストレート。決め球は・・・速い球なのか?
 初球の空振りを見た「河合」は、「阿部」の予想通り速球を選択。あとはタイミングを合わせるだけだが、力みからか「阿部」は早めのスイング始動。なんとかボールは捉えますが、打球はきわどい方向へ。
 「切れるなぁっ!」チームメイトの声が、三塁線への打球へと届きます。
 好捕、好守、懸命の走者。審判のコールは・・・。
 「セェエェェーフッ」

 まさに間一髪。1点を追いかける「西浦高校」に取って、貴重な同点ランナーが塁へと出ました。

 『一塁コーチは四番打者か・・・一球目から走ってくるな』
 唯一、「高瀬」のモーションを盗める男「田島」。「河合」はここでクイックモーションを要求。しかし「百枝」監督の作戦は、単独スチールではありませんでした。
 「セーフティバント!? いや、プッシュだ!
 チーム随一の駿足を誇る「泉」。突っ込んでくる「高瀬」の脇を抜け、プッシュバントは見事に成功。これでノーダウン1、2塁です。

 「2番、セカンド栄口くん。背番号4」
 流れは「西浦高校」。しかし、「桐青高校」はフロックで勝てる相手ではありません。
 盗塁を読み切った「河合」による見せ場。速球&強肩は「百枝」監督に送りバントを選択させます。が・・・。
 『栄口くんでも厳しいような速球なんて・・・9回だっていうのに随分余力があるじゃないの。それでもゲッツーを喰らうよりもバント失敗の方が痛くない。それに・・・』
 「百枝」監督の読みは、「高瀬にフォーク無し」。果たして!?

 これぞ「四番」。これぞ「田島」!!(^_^)!!

 すみません。正直、今日に限っては「巣山」と「花井」は引き立て役にしか見えません。
 格好良いとはこういうことだあああぁああぁああっ!!!

 次回「決着」!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おおきく振りかぶって #22

#22「防げ!」

 今回の放送は台風状況を合わせて伝えるL字型放送。この台風は関東地方を直撃し、影響の出た方も多かったですね。
 私の職場では通勤に影響が出た方が多く、半分以上はフレックス出勤となっていました。

 ついに追いついた「西浦高校野球部」。8回表「水谷」の好打により、試合は3対3の同点、振り出しへと戻ります。
 「あと・・・2回・・・」
 点を取った直後の回。決め球のひとつ「まっすぐ」をあえて少なめに投げさせた「阿部」のリード。しかしこの回、彼はこの封印を解いてきます。
 『まっすぐ2球。さすがに2球目は振ってきたか・・・。でも、青木にしちゃあ半端なスイングだったな。なんだか、わざとバットをずらしたような・・・』
 「桐青高校」の4番「青木」。「まっすぐ」で2-1と追い込んだ「阿部」は、最後の決め球もまた「まっすぐ」を選択。そして、結果は・・・見逃しの三振。
 「四球連続ストレート。これは、もう・・・決まりだろ」
 わき上がる「西浦高校」応援団の声援の中、ネクストバッターサークルで勝負を見ていた「桐青高校」の捕手「河合」。
 彼は、「三橋」の「まっすぐ」。その正体に気がつき始めたのです。

 『実際に浮くわけはではなく、予想の軌道に落ちてこないストレート。前チンはカーブ待ちでカットをしようとしたら、捉えることが出来たと言っていたが・・・』

  ・1球目:球種はまっすぐ。見送り・・・ストライク
  ・2球目:球種はまっすぐ。同じ球をカットスイング・・・空振り
  ・3球目:球種はまっすぐ。カーブ打ちのスイング・・・ファール
  ・4球目:球種はカーブ。泳いだが打ち方は変えずにスイング・・・ヒット!

 ストレートを狙っていると判断してカーブへと変更した「阿部」。
 ストレートを狙っていたがカーブに対応できた「河合」。

 読みあいは「阿部」の勝利でしたが、結果的に「河合」はヒット。決勝点となりうる、ランナーとして残ります。
 『あのランナーを帰すわけにはいかない。ダブルプレイを恐れる桐青ならここは送ってくる・・・』
 二度目の読みあい。しかし今度は「桐青高校」監督の作戦に「阿部」は読み負けます。
 予想外のバスターエンドラン。無情にも打球は内野を抜き、1アウト1、2塁の大ピンチ。
 「阿部」は確率からバントと読み、「三橋」にカーブを要求。しかし「桐青高校」監督の要求は・・・

 5回裏からの毎回失点。これが対強豪ということでしょうか・・・。
 しかし8回裏の2点目を防いだシーンは笑えましたね。最近シリアス展開ばかりだったので、ちょっと和ませていただきました。(^_^)。
 さあ8回裏の読みあいでは老かいさに苦汁をなめた「阿部」。9回表は借りを返す大チャンスですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おおきく振りかぶって #21

#21「もう一点」

 降り続く雨、1点差で負けた展開、試合は終盤7回まで終了。運営委員会の出した結論は・・・試合続行。
 8回表、打順は3番「巣山」から。
 『クリーンナップに廻るのは、最後かもしれない・・・』

 ねらい球をストレートへ絞り、内角球を難しい体勢で打ち上げた打球は、バットの根本に当てたポップフライ。しかし、飛んだ位置が幸いし、4番「田島」の前にランナーとして出塁。少しずつ、少しずつ、流れが「西浦高校野球部」へ向いてきたのか・・・?
 静かな構え、自然体でボールを待つ「田島」。ここまでの打席は3打数1安打。しかし、シンカーには三振を喫しています。
  ・初球:盗塁を警戒したストレート。ただし僅かにシュート。
   ・・・レフト線へのファール。
  ・2球目:見せ球。顔の近くへMAXに近いストレート。
   ・・・田島の構えに影響なし。
  ・3球目:内角へのストレート。
   ・・・スライダーを予期していた田島はバックネットへのファール。

 カウントは2ストライク1ボールと追い込まれます。
 4球目、5球目、6球目・・・ストレートでひたすら押してくる桐青高校のエース「高瀬」。
 ことごとくファールで粘る西浦高校野球部の4番「田島」。

 ふたりの、そして試合の勝負の行方は・・・。

 あらためてではありますが、野球は9人対9人で行うスポーツ、なんですよね~。
 普段名前があがるのは、どうしても投手、リードする捕手、そして4番。3名、下手をしたら2名の名前しかあげていません。しかし、彼等はキーマンではあっても、全てではない。それを思い起こさせる、見事なバッティングでした。
 ナイスバッティング!「水谷」!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

おおきく振りかぶって #20

#20「逆転」

 対「桐青高校」戦。ついに同点。試合は終盤の7回。
 粘り強い「高瀬」のピッチングに、ヒットは打てても点が取れない「西浦高校野球部」。
 試合の流れは、少しずつですが「桐青高校に傾いていました。
 抜群のコントロール、変わらない球威、「阿部」の好リード。・・・全てがかみ合い、今までは互角に戦えてきた「西浦高校野球部」。しかし、この試合、彼等に経験したことのない展開が訪れます。
 それは8回。1アウト1塁。ポテンヒットを足がかりに、「桐青高校」は2アウトにしても2塁へとランナーを送ります。
 あと1人、この打者さえ抑えれば凌ぐことが出来る。・・・しかし、ついにその時がやってきました。

 野球には色々な点の入り方があります。
 ホームラン、タイムリー、犠牲フライ、スクイズ、押し出し、エラー、パスボール、・・・そして、ワイルドピッチ。

 カーブを打ちそこねたポテンヒット、ぼてぼての内野ゴロ。ふたつのラッキーを確実にものにする「桐青高校」。
 幸運といえばそれまでですが、与えられたチャンスをものにするのは実力の証。さすがは強豪校といったところでしょうか。
 
 このまま終わる、わけはない!・・・と、信じたい。(^^;)。

 「・・・また逆転すっから。厳密に」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

おおきく振りかぶって #19

#19「桐青の実力」

 待望の追加点を、読みあいを制したスクイズで手に入れた「西浦高校」。
 走り回った「三橋」の体力は心配ですが、監督の冴え、選手の集中力共に絶好調を迎えています。
 『アンダー変えようかな、もうチェンジになるかな・・・変えたい・・・かな。どっちでもいいや。俺は投げられれば、何でもいい
 いつもとは、ちょっと違う「三橋」。そして、「桐青高校」も攻め方を変えてきました。
・・・
 一死一塁三塁。下位打線とはいえ「阿部」は侮ることなく「桐青高校」に読み勝ち、変化球狙いの打者に直球で決めてかかりました・・・が。
 カキィーーンッ!
 雨の降り続く中、乾いた打球音は外野の奥へとボールを運びます。打者にとってはゴロを狙ったはずの打ち損じ。しかし、その飛距離は、犠牲フライには十分な当たりとなりました。
 『すげぇ簡単に・・・』
 『・・・点が入っちゃったな』
 まだ勝っている・・・が、相手の攻め方をどう読むか。偶然か、狙われたのか・・・。考えを巡らす「阿部」の視界に入ってきたのは、濡れタオルや氷のうで冷やされ、ベンチで横になっている「三橋」の姿でした。
 『これで夏が終わった・・・』
 真っ青になる「阿部」。しかし、「三橋」の症状は「のぼせたための鼻血」でした。
 「五回が終わったところで良かった。このグラウンド整備は砂を入れるから時間がかかる。その間にのぼせも取れる。・・・彼はまだ投げられるよ
 「西浦高校野球部」の夏は・・・まだ終わらないようです。

 実は、この試合で終わったりして(おい
 冗談はさておき、流石実力校。情報が0の状態から「三橋」相手に既に六回で2点を取るとは・・・。
 試合も振り出しに戻り、終盤戦が全てを制します。こちらの主砲「田島」もヒットを打ち始めたし、あと3回、点を取って勝ちに行くぞーっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (7)

おおきく振りかぶって #17

#17「サードランナー」

 強豪「桐青高校」との戦いも中盤戦。雨が降り始める中、「西浦高校」が1点リードするという予想外の展開を迎えていました。
 「3回裏の3人はあからさまに見てきた・・・」
 ある意味「くせ球」を持つ「三橋」の投球を見極めようとする王者「桐青高校」。その意図を「阿部」、「百枝」監督共に気がついていました。
 「1点ね・・・阿部くんの裁量で1点は向こうにあげて良いから。それで、なんとかリードしてちょうだい。・・・やれる?」
 「はいっ」
 先取点はあくまでフロック。次の1点を実力でもぎ取り、あとは「三橋」が抑えてくれる。監督と捕手の期待に「三橋」は答えることが出来るか・・・。
・・・
 「お前ら・・・でけえの狙いすぎだろっ! かっこつけているんじゃねえぞ、ヒット0だぞ、このタコッ! 身の程を知れよっ・・・次からはゴロだけを打て。基本はピッチャー返しだ。お前らみたいな下手くそは、基本通りやってりゃいいんだよっ!・・・相手は1年坊主だ。ボール振らないだけで自滅するぜ。・・・コーチャーズボックスから見ていて、何か気がついたことはあるか?」
 「桐青高校」監督の何気ないひと言。そこから、次々と信じられない言葉が紡ぎ出されます。
  ・10球中10球ともキャッチャーミットが動かない脅威の制球力。
  ・読まれていた「桐青高校」捕手「河合」のリード
  ・盗まれていた「桐青高校」エース「高瀬」のモーション

 果たして、「西浦高校」は全てを予想していたのか・・・はともかく「桐青高校」の本気が、始まりました。

 「1点をあげても構わない」
 この言葉をどう理解するか、理解できるかで捕手のレベルが決まる。
・・・とまで書いて良いのか。(^^;)。
 我らが「阿部」くんは期待以上の理解を見せてくれました。
 野球はリズム。良いリズムでリードを出せば、良いリズムで投手は投げられ、良いリズムで好守が増える・・・。
 2アウトながら1、3塁のピンチを、逃げ切れるか「西浦高校野球部」。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

おおきく振りかぶって #16

#16「あなどるな」

 まさかまさかのダブルスチール。最後は3塁走者が本塁突入と同時に、1塁走者「三橋」がタッチアウトに見えましたが・・・。
 「せ・・・・・・先取点っ!!」
 かくして待望の先取点は「西浦高校」のスコアボードに刻み込まれました。
 ・・・もっとも「桐青高校」のエース「高瀬」の緊張までも取れちゃいましたが。(^^;)。

 そして、一番気をつけなければならない、点を取った直後の回。気をつけなければならないクリーンナップ。
  ・4番「青木」:見逃し三振
  ・5番「河合」:見逃し三振
  ・6番「本山」:空振り三振

 って、絶好調「三橋」!これは、これは・・・もしかして!?(って、気が早い(^^;))。

 新キャラ、「三橋」のいとこ「三橋瑠里」ちゃん登場!
 演じるのは、「天元突破グレンラガン」の「ヨーコ」役や、「月面兎兵器ミーナ」の「佃美奈」役などでおなじみの「井上麻里奈」さん(可愛いですよ)。画力も相当ある彼女は「ゼーガペイン」でエンディングイラストを描いたこともあったりと、若いのになかなか芸達者です。
 さて、本編。順調すぎるほど順調なスタートを切った我らが「西浦高校野球部」。対戦相手も手を抜いているわけではないですが、サブタイトル「あなどるな」にあるように、無意識のうちにあなどっていたことは否めません。
 先取点をとって波に乗りたいところですが、力を取り戻した対戦投手「高瀬」、オーバーパワー気味の「三橋」、意外なことにチャンスでブレーキな「田島」、ハプニングが起こりやすい雨天・・・と不安要素も見え隠れ。

「田島」、ハプニングが起こりやすい雨天・・・と不安要素も見え隠れ。

 ↓こんなこともありますし・・・。
 【横浜高校がまさかの予選敗退】
 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1009865.html

 しかし、不安要素など吹き飛ばしてこそ勝利の栄冠を手に入れることが出来るのです。
 頑張れ「西浦高校野球部」!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おおきく振りかぶって #15

#15「先取点」

 先制のチャンスを逃してしまった「西浦高校」。
 その裏、「阿部」のリードは「三橋」の能力を上手く引き出します。
 『全力投球とのスピード差は10km/h。これは十分つかえるぜ』
 1番バッターは三球三振。2番バッターはサードフライ。3番バッターはライト「花井」への大きな当たりだが・・・。
 「・・・アウトッ!」
 ボール球を打たせた「阿部」のリード、ダイビングキャッチを見せた「花井」のナイスプレーによって三者凡退。わずか6球で終わらせるというナイスピッチングを「三橋」はやってみせます。
 『俺、アウトを3つ取ったんだ。阿部くんがいれば、田島くんが、花井くんが居れば、俺は・・・桐青からアウトを取れるんだ。・・・力が湧いて来ちゃう。早く投げたいっ! 今日はきっと、今までで最高のピッチングが出来る!

 そして、小雨が降り始める中、ファインプレーを見せた「花井」からの攻撃が始まります。

 すっげぇ~「田島」。あの盗塁時のアクション、サイン。身震い来ちゃいましたよ。(^_^)。
 ダブルプレーでチャンスを潰したかに見えた「西浦高校」。しかし、我らが「三橋」くんがやってくれました。
 野球は点取りゲーム。先取点は何よりも欲しいものですが・・・。で、最後はどっち?ドッチ?どっっちぃぃいい~?!

| | コメント (0) | トラックバック (1)